Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<自己ワースト6位の真相> 浅田真央 「葛藤のトリプルアクセル」 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byTsutomu Kishimoto

posted2012/05/01 06:00

<自己ワースト6位の真相> 浅田真央 「葛藤のトリプルアクセル」<Number Web> photograph by Tsutomu Kishimoto
バンクーバー五輪の後、充たされぬ思いが残った彼女は、
さらに完璧なジャンプを求めて、新たなコーチを迎える。
しかし、アスリートとして“3回転半”にこだわるあまり、
本来の力を出せぬまま、2人は葛藤を繰り返していく――。
自己の極限を目指して戦い続けた、2年間の軌跡を追った。

 トリプルかダブルか――。これほどまでアクセルの回転数に注目が集まったシーズンも無かっただろう。2012年フィギュアスケート世界選手権、浅田真央はその大技に2度挑戦するも失敗。昨季と並ぶ自己ワーストの6位に終わった。浅田はいま何を求めているのか。佐藤信夫コーチ(写真)と歩んだ2年間を振り返ると、彼女の本当のゴールが見えてくる。

 

 '10年のバンクーバー五輪では、ショートとフリーでトリプルアクセルを計3本成功させた。技術的には女子最高峰の演技を見せたが、五輪後、浅田はジャンプの見直しを決意した。

「結果的には跳べていたけれど、形が良くなかったり、リズムが崩れたり、年々乱れていました。正しいジャンプを基礎から習えば、質も上がるし難しいバリエーションができる。まずは全種類のジャンプを入れたいです」

 実際、五輪での浅田は、苦手とされるトリプルサルコウとトリプルルッツ、さらに3回転の連続ジャンプも無い構成だった。トリプルアクセル以外にも、得点源のジャンプを作る。それが五輪後、最初に立てた目標だった。

「正しいジャンプ」を求め、浅田は佐藤信夫コーチの門を叩く。佐藤は基礎指導に定評があり、豊富な経験に基づいて戦略をたてる。一方の浅田はそれまでの4年間、外国人コーチと深い意思疎通を図れず、自分の感覚のみで戦ってきた。戦い方が異なる2人は、葛藤からのスタートになった。

「すごく波があったシーズンでした」(浅田)

 まず昨季に取り組んだのは、技術面での改革だ。ジャンプの修正、そしてより伸びやかなスケーティングの習得を同時に行なった。

「昔はジャンプを感覚で跳んでいたけれど、今はクセを直すために、正しいフォームを意識しながら跳ぶ。でも考えすぎると跳べない」

 ジャンプは乱れ、NHK杯8位、フランス杯5位。それでも試合を追うごとに、「練習での感覚は良くなった」(浅田)、「いまは我慢の時期」(佐藤)と少しずつ進歩し、全日本選手権ではジャンプミスを最小限に抑え2位。しかし、世界選手権は6位に逆戻りした。

「力が出せたり、出せなかったり、すごく波があったシーズンでした」と浅田は振り返る。

 佐藤にとっても挑戦の日々が続いていた。'11年のオフには目標を整理し直した。

「最終的にはスピードのあるジャンプに持っていきたい。そのために軌道やタイミングを直して、良い所までは行くんだけど壊れる、という繰り返し。でもそれは仕方のないことだ」

【次ページ】 ジャンプにおけるスピードの重要性と難しさ。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
浅田真央
佐藤信夫

ページトップ