欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

新布陣のバルサがレアルに屈した!
クラシコで2人の監督が考えたこと。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/04/23 11:25

新布陣のバルサがレアルに屈した!クラシコで2人の監督が考えたこと。<Number Web> photograph by Getty Images

決勝点をアシストしたエジルと、ゴールを決めたC・ロナウド。今季これまでのクラシコでは苦杯をなめさせられてきたふたりにとって、値千金の決勝ゴールであった。

 試合終了から1時間が経とうとしていた。カンプノウの地下にある記者会見場にゆっくりと現れたジョゼップ・グアルディオラは、普段と変わらない様子で淡々と語った。

「まずはマドリーを祝福したい。彼らは数週後にはリーグ優勝を決めるだろうから」

 勝ち点差4で迎えた今回のクラシコにバルセロナは敗れ、その差は7に開いた。レアル・マドリーの優勝を事実上決めることになった90分間。その裏にはふたりの指揮官が描いたそれぞれのアプローチが隠されていた。

グアルディオラが採用した、まったく新しい布陣とは?

 グアルディオラが選んだバルサの先発メンバーには、テージョとチアゴの名があった。

 試合前、これは驚きをもって伝えられた。誰もがセスクやペドロ、アレクシスの起用を予想しており、ふたりの若手が先発するとは考えていなかったのである。

 そしてピッチ上の配置も、3日前のチェルシー戦とも、それまでのリーグ戦とも違う、一風変わったものだった。

 グアルディオラは3バックの前にブスケッツとチアゴを並行にならべ、その前にシャビとイニエスタを置いたのである。普段は逆三角形を作るバルサの中盤は、台形のような形になっていた。それは今季初めての配置でもあった。

バルサのアイデンティティともいえる中盤のパスが繋がらない!!

 バルサは前半からボールを支配するものの、そこにはどこかぎこちなさがあった。彼らのアイデンティティともいえる中盤でのパスが、思うように繋がらないのである。

 これまでのクラシコでは、ピッチ中央エリアでの争いでバルサは常に優位に立ち、そこから決定機を組みたてていた。クラシコの勝利は、いわば中盤の勝利でもあったわけだ。

 しかしこの日は選手の隙間にボールを通し、パスを繋いでかわしていくバルサらしさはまったく見られない。

 試合が動いたのは前半17分だった。

 ディマリアの右CK。ペペが落としたボールをバルデスがはじいたシーンで、プジョルが珍しくクリアを躊躇する。後方にいたケディラが回り込むように倒れながら押し込み、マドリーが先制する。

 ボールの目測を誤ったバルデス。アドリアーノ対ペペという競り合いのミスマッチ。そしてプジョルらしくない判断ミス――。攻撃だけでなく、守備面においてもしっくりこない何かがあった。

【次ページ】 「采配ミス? もしかしたらそうなのかもしれない」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
レアル・マドリー
ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼ・モウリーニョ
サミ・ケディラ
クリスティアーノ・ロナウド
シャビ・アロンソ
メスト・エジル
セルヒオ・ラモス
リオネル・メッシ
アンドレス・イニエスタ
シャビ
クラシコ

ページトップ