SCORE CARDBACK NUMBER

王者秋山への挑戦権懸け、
燃える全日本「春の祭典」。
~チャンピオン・カーニバル、開幕へ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/04/21 08:00

昨年10月、三冠ヘビー級選手権で秋山(右)にフロント・ハイキックを食らう諏訪魔。3冠ベルトを奪われた諏訪魔は、カーニバルを制し、雪辱を果たしたい。

昨年10月、三冠ヘビー級選手権で秋山(右)にフロント・ハイキックを食らう諏訪魔。3冠ベルトを奪われた諏訪魔は、カーニバルを制し、雪辱を果たしたい。

 今年、創立40周年を迎える全日本。毎春の恒例シリーズ、「チャンピオン・カーニバル」(C・C)が、例年以上に面白くなりそうだ。

 団体のシンボルである3冠ベルトは、ノアの実力者、秋山準に握られたまま。3月20日の両国国技館大会では、大看板の武藤敬司が、18分21秒、必殺技スターネスダストで斬って落とされた。

 3度目の防衛を果たした秋山は、試合後、アウェーのリングでマイクを握り、こう吼えた。「次はチャンピオン・カーニバルだろう。優勝者が来い!」。居並ぶC・C出場予定メンバーを前にした、事実上の次期挑戦者指名である。これには全日本のスタッフは切歯扼腕。観客席は大いにどよめいた。

 全12戦、出場14選手がA・B2ブロックに分かれ、総当りで行なわれるC・Cは4月21日、後楽園ホールで開幕。山陽路、名古屋、大阪などをサーキットし、優勝決定戦は5月7日、後楽園ホールで開催される。

 筆者のVレース予想は、本命が前3冠王者の諏訪魔か、昨年覇者の新日本・永田裕志。対抗はフリーの曙、要注意が大日本の関本大介だ。昨年は決勝まで進出する大活躍を見せた新鋭・真田聖也にも期待が集まるが、今回は実績十分の強力メンバーが揃ったため、昨年のような快進撃を望むのは酷だろう。

ゼロワンで世界ヘビー級王者となった曙は気合い十分。

 3・20両国で秋山の視線は、エプロンサイドにいた諏訪魔と曙に注がれていた。その曙は3月、ゼロワンの後楽園大会でKAMIKAZEを破り、世界ヘビー級王座を獲得したばかり。昨年のC・Cはテレビの仕事があったために出場しておらず、「今年はやりますよ」と気合いも十分だ。かつて世界タッグ王座のパートナーを務めた太陽ケアを開幕戦で潰せば、初優勝への展望も広がってくる。実は筆者は曙の隠れファン。優勝を決めた曙と秋山の3冠ヘビー級決戦を見てみたい。

 ただ、3年続けて外敵に優勝をさらわれては、団体の面目は丸潰れとなってしまう。全日本は6月末にリニューアルオープンする大田区総合体育館で、プロレスのコケラ落とし興行として、「40周年記念試合」を準備していると聞く。この夏のビッグイベントに向けて勢いをつけるためにも、奮起を促されるシリーズとなるC・C。開幕のゴングが待ち遠しい。

関連コラム

ページトップ