SCORE CARDBACK NUMBER

レスリング全日本選抜で復帰する
“不遇の天才”。
~ロンドン五輪を目指す坂本日登美~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAkihiro Sugimoto/AFLO SPORT

posted2010/04/28 06:00

レスリング全日本選抜で復帰する“不遇の天才”。~ロンドン五輪を目指す坂本日登美~<Number Web> photograph by Akihiro Sugimoto/AFLO SPORT

最後に優勝した'08年世界選手権で見せた笑顔。引退後、全日本女子チームのコーチをしていた

 5月1日からレスリングの全日本選抜選手権が行なわれる。今夏の世界選手権代表の選考大会だが、ここで一人の選手が2度目の復帰を果たす。女子の坂本日登美である。今年1月、29歳になった。一般的には、知る人ぞ知る、といった立場かもしれない。だがレスリング界では知らぬ者のない存在である。

 '90年代末、坂本が台頭してきたときの衝撃は大きかった。彼女のあまりにも卓越した技術に、「女子レスリングの歴史が変わる」と語る関係者もいたほどだ。

 世界選手権に計6度出場し、27戦全勝ですべて優勝。相手に1ポイントも与えない圧勝で、大会最優秀選手に選ばれたこともある。余談だが、坂本は自衛官である。「功績は大」と女性自衛官初の第1級賞詞を授与されてもいる。

国際試合で64連勝するも五輪に出られなかった理由とは?

 ではなぜ、吉田沙保里や浜口京子のように広く知られていないのか。問題は坂本が51kg級の選手であることだった。オリンピックで実施されない階級なのだ。

 初めて女子が採用されるアテネ五輪で自分の階級が除外になると、坂本は55kg級にあげた。だがそこには吉田がいた。吉田も類まれな選手であり、まして格闘技での4kg差は大きい。吉田に勝てず、アテネ出場は無理だと感じた'03年、坂本は失意のどん底に落ちた。「何のためにレスリングをやっているのか」。すべてを捨て八戸の実家へ戻ると数カ月間、家を出られなかった。体重は70kgを超えた。

 その後周囲の声を支えに再起し、北京五輪代表選考大会では再び55kg級に上げたが、打倒吉田はかなわなかった。結局、'08年10月、世界選手権51kg級で優勝し、国際試合64連勝の記録を残したまま引退した。そこからの復帰である。

最前線に復帰した坂本は48kg級でオリンピックを目指す。

 今度は48kg級でオリンピックを目指す。実は48kg級を避けて無理に階級を上げてきたのは、そこにオリンピックを目指している妹の真喜子がいたからだ。

 今回の復帰にあたり、坂本はこう語った。

「妹をオリンピックに行かせたい気持ちに変わりはありませんが、戦うことになったら全力で戦います」

 坂本の復帰表明後に真喜子は第一線を退いたが、坂本の覚悟の強さが知れる。

 いくつもの困難を乗り越えて戻ってきた屈指のレスラーが、どのような復活への第一歩を印すのか、楽しみだ。

■関連コラム► 世界選手権の不振を糧に、ロンドン五輪全階級制覇を目指す。~女子レスリング弱体化の危機!~ (09/10/28)
► 日本レスリング界に息づく、「八田イズム」とは何か。 (09/07/20)

関連キーワード
坂本日登美
ロンドン五輪
オリンピック
レスリング

ページトップ