欧州CLなどでプレミア勢、続々敗退。偶然か、必然か?

集計グラフを閉じる

 今季、欧州を舞台にする国際大会で、プレミアリーグ勢の苦戦が目立っています。
  過去5年で4回、プレミア勢が決勝に進出しているチャンピオンズリーグ(CL)では、国内で優勝争いを繰り広げるマンU、マンCが共にグループリーグ敗退。両チームはヨーロッパリーグ(EL)に回ったものの、どちらも早々に姿を消しました。
  他のクラブを見ても、アーセナルはCLベスト16で敗退し、ベスト8に残ったのはチェルシーのみという惨状です。

  このプレミア勢の苦戦は単なる偶然なのでしょうか。それとも、一部で囁かれるプレミア衰退を表す必然なのでしょうか。あなたはどちらだと思いますか?

●偶然
●必然

1-10件を表示 / 全30

すべて| 偶然| 必然|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • リーガは2強です。セリエは崩壊しています。
    プレミアは上位争いが混戦で、アーセナルやチェルシーは来年の出場権も確定ではない状況。
    リーグに力を割いてしまった事が原因では。

    2shitさん2012/03/24 02:53に投稿

    46
    そう思う!
  • 各チームごとに理由は違いますが、充実していた近年と比較するとチームとしての競争力が低かったと思われる。

    ユナイテッドは世代交代、シティはチームの熟成が進んでおらず、アーセナルは主力の流出でケミストリーを失い、チェルシーは過渡期である。

    さらに、世界で最も競争力が高く消耗の激しいプレミアリーグでの戦いを上記の問題を抱えたままでこなしているのだから、他の列強クラブとの戦いで遅れを取るのは、ある程度予想できた。

    しかし、予想以上に早い段階での敗退となったであろうマンチェスターの両雄が来季以降に希望を抱かせる敗退だったのに対して、頑張りを見せたロンドンの赤と青は悲観的な将来しか見えないのが現状。

    来季以降は同じくロンドンを拠点とするトッテナムが首都の名手の座を奪うことに期待している。

    わ、渉です!!さん2012/03/24 11:17に投稿

    19
    そう思う!
  • 偶然

    プレミア勢が弱くなったとは思いません。
    逆にプレミアは、今、最もレベルの高いリーグと思います。
    では、なぜ敗退するのか?
    サッカー界全体がレベルアップしているからだと思います。
    キプロスのAPOELに代表されるように
    下剋上を起すことが難しくなくなっています。
    個人の能力でなく、戦術を駆使すれば
    一発勝負(ホーム&アウェーの2回ありますが・・)で
    勝つことができるようになったのだと思います。
    すなわち、どこのリーグのどのチームでも
    負ける可能性と勝つ可能性の差が少なくなったということです。
    結論として、
    「今回は、たまたまプレミアだった」
    ということではないでしょうか。

    JOEさん2012/03/23 21:44に投稿

    9
    そう思う!
  • カズ・中田の時代にはイタリアは世界一のリーグと言われてましたが、いまは観客もガラガラの弱いリーグになりました。
    昔はドイツが世界一のリーグでしたが数年前まではバイエルンだけの弱いリーグでした。
    スペインは強いリーグだと思われていますが、イタリア・ドイツのようになるかもしれません。
    すべてに言えることは、実力差のあるチームがリーグ内にいて、上位数チームの争いになって強いリーグと言われると、数年後に弱いリーグになると言うことです。
    バルセロナ・レアルの2強時代の前にはアトレチコ・バレンシアなど実力が拮抗していて優勝チームも変わりましたが、ここまで実力差・資金力の差があると、リーグの試合のレベルが落ち、選手強化チーム強化につながりません。
    プレミアもそうで、ここ数年4強と言われ、上位は変わらず、マンチェスターシティは強くなりましたが、リーグ自体のレベルは弱くなりました。

    中日新聞読者さん2012/03/23 21:13に投稿

    8
    そう思う!
  • 違いを作れるプレーヤーが今のプレミアからいなくなってしまった。プラス主力の高齢化と引退など、今は「谷間」の時期なのだと思う。リーガ勢も一時期レアル、バルサの二強が落ち込んでいた時期があり、その時も今のようにリーガ勢が取り上げられていた。FPF本格導入までにシティ、チェルシーの今後の補強やチーム編成次第では再びプレミアが上がってくる可能性はある。アーセナル?マンU?金縮路線なので正直微妙

    みっちーさん2012/03/23 19:53に投稿

    7
    そう思う!
  • 今回のCLでプレミア勢が苦戦しているのは出場チームそれぞれ違う理由があると思います。
    ManU - 核になる選手が若干高齢化し、ちょうど世代交代を進めている時期
    ManC - いい選手は集めてもまだ成熟していない
    Arsnl - 元々資金の豊富でないチームで、いい選手を獲得するよりも、ブレークする選手が流出気味
    Chlsa - 今回CLのプレミア勢の中では一番バランスが取れている(攻撃・守備に核になる選手がいる)

    組み合わせの運不運もあるとは思いますが、なるべくしてなっているというのが率直な印象です。
    プレミアの衰退とは言い切れないと思います。(セリエA、リーガエスパニョル、プレミアリーグと旬のリーグは対外一人でゲームの局面を変えることの出来るスーパースターがどこでプレーしているか、これが一番大きい気がします。今油に乗っているのは、メッシ、Cロナウド、ロッペンあたりでしょうか?

    ぱぱさんさん2012/03/24 01:58に投稿

    6
    そう思う!
  • ここ2.3年置かれてる状況を見ると必然なのかもしれません。

    まずは人的な面。
    イギリスの税制が2010年に変更され現在収入の50%程が課税対象となっております。
    スペインだと約半分の27%。
    プレミアからリーガへの大量流出があったのは主にこのせいです。
    ビックネームが減ってレベルの低下を懸念されている最大の要因となっております。

    次に日程面。
    プレミアはウインターブレイクがなくココまで溜まった疲労を抜けずにいる為体調面が厳しい所があります。
    他リーグはウインターブレイクで疲労を一旦リフレッシュ出来る分プレミア勢より良いのは間違いないでしょう。

    これまではマンパワーで乗り切っていた感がありますが税制でビックネームが減り、そのビックネームが体調面で余裕の出るリーガ・ブンデス等に居るという現実がこの結果を生み出しているのだと思います。

    さん2012/03/28 08:36に投稿

    6
    そう思う!
  • 関係者は違うと言うでしょうが、以前のセリエが没落したように、どこかに奢りがあったのではないでしょうか?
    上位クラブは、漏れなく主力選手の不満が報道されているように、選手が強くなりすぎているのではないでしょうか?

    たけまろさん2012/03/23 22:16に投稿

    5
    そう思う!
  • 今季のプレミア勢のヨーロッパにおける不振にはチーム毎にそれぞれ必然の理由がありますが、1シーズンだけを見て「凋落」と断ずるのはあまりに短絡的かと思います。

    経験不足を露呈したシティが来年こそは躍進し、デ・ヘアが安定感を増しつつあるユナイテッドも中盤センターの補強に成功すれば決勝に近づくことができるでしょう。
    毎年主力の流出に悩まされているアーセナルは往年に比べて競争力が落ちているのは確かですが、近年は決勝トーナメントでタフなドローとなっており、この夏の移籍市場で主力の流出を抑えることができれば、フィナンシャル・フェアプレーという追い風に乗って、一気に巻き返すこともあり得ます。

    まだ勝ち残っているチェルシーも含めた4チームだけでなく、リヴァプールやトッテナムといったチームまでもがヨーロッパでの戦いを主要な目標に据えており、プレミアの競争力はヨーロッパでも随一と言っていいと思います。

    rogerさん2012/03/24 01:53に投稿

    5
    そう思う!
  • 数年前CLを独占したプレミア4チーム、メンバーの国籍を見れば数年で衰退は目に見えてました
    リバプールとアーセナルの先発メンバーが自国選手0~1人が日常的でしたね

    ・リパプールは赤字を抱えアロンソとマスチェラーノの移籍の影響が大きく今も下降しまくってます
    ・ベンゲルは若手発掘者ですがベテラン選手が定着しません
    ・チェルシーはモーリーチルドレンが存在し気に入らない監督では戦意を下げ、ことごとく首に追いやっています
    ・マンUはCR移籍やGK、ベテランDFの引退が重なり核がリセット、そして多額の選手は獲得出来ません

    自分もプレミアリーグを楽しんでますが、近年、自国選手を核化せず、
    忠誠心や愛着に欠け容易にチームを去っていく他国選手が多い中、多額選手も獲得出来ず、
    マンC、トッテナムなどにも選手が分散、突出したチームが無くなったのも原因だと感じています。

    cianinaさん2012/03/31 17:18に投稿

    4
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ