スポーツはカタチから入る方なんですBACK NUMBER

美女ガー&山ガール絶賛。「パークランニング」にこの春からチャレンジ! 

text by

奥山泰広&高成浩

奥山泰広&高成浩Yasuhiro Okuyama & Seikoh Coe(POW-DER)

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2012/02/17 12:30

美女ガー&山ガール絶賛。「パークランニング」にこの春からチャレンジ!<Number Web> photograph by Nanae Suzuki
  巷に溢れる赤裸々なブツ欲を、“スポーツ”を通して紹介していくこの企画。「ご意見番」として登場するのは、ファッション&モノ業界で長年活躍する“ダンディ”奥山泰広氏と、その相棒の“ワイルド”高成浩氏。

  さて第3回目は、ナチュラリスト&ランナーを自称する人たちの間で人気沸騰中の「パークランニング」と、その用途にピッタリの「サロモン」のクロスランニング・シューズを紹介。自然の中を走ると、身体も心もハイになるらしい!?

奥山   いやぁ、相変わらずのランニングブーム! 6回目を迎えた東京マラソンの応募者総数は、なんと28万2824人ですって。8月1日に募集を開始した翌日には、3万5500人の定員に達したそうですよ。

   うん、それでも前年に比べると1万1645人減とのこと。大会主催者のコメントには「震災によるレジャー自粛傾向の影響」とあったけど、俺としてはランニングブームは落ち着きつつあると分析するね。

奥山   ブームが廃れていると?

   いや、そういうことじゃない。ランニングが一過性のブームから、確固たるスポーツへと移行しているんだと思う。走り慣れた人は倍率が高い東京マラソンを避けて、他のマラソンイベントに出場している筈。ここ最近、各地でさまざまなスポーツイベントが開催されているからね。

奥山   なるほど。中級~上級ランナーはレベルやアクセスを考慮して、自分に適したイベントを賢く選んでいるわけですね。

   そのとおり。逆に、お祭り的な雰囲気が強い東京マラソンは、初心者がこぞって走っているよ。

奥山   また~ぁ、言いきっちゃって! そりゃあテレビ中継を見ていると、仮装したランナーとかがいっぱい走っていますけどね。

   制限時間を見れば一目瞭然さ。東京マラソンは7時間だぜ。で、大半のランナーは6時間半から7時間ギリギリでゴールしているじゃん。ということは、平均速度6km/hだ。それって早歩きのスピードじゃん。「完走しました!」って浮かれているけど、そりゃあ“完歩”だろが!?

奥山   まぁまぁ、そうヒートアップしないでくださいよ。

   いや……ゴホン、えへん……怒ってなんかいないよ。むしろランニングスポーツの底辺が広がっているという事実に、拍手を贈りたいくらいだね。

舗装路から身近な自然の中へ――。ジョギング以上トレラン以下。

奥山   なんか、今さら僕が東京マラソンに出たら、高さんの怒りを買っちゃいそうだなぁ。他に面白いランニングイベントってあります?

   パークランニングって知ってる?

奥山   いや、聞いたことないですね。

   サロモンって知ってる?

奥山   もちろん知ってますよ。スキー用品ブランドの老舗ですね……懐かしいなぁ。スキー“バブル”時代からのトップブランドですよ。僕はスキーもスノボも持ってますよ。それが何か?

   そのサロモンが1992年からトレッキング&アウトドアシューズの開発・販売を開始し、現在の日本ではスキーよりもトレイルランニングに力を入れているんだよ。で、去年から「もっと気軽にマウンテンスポーツを楽しもう」という主旨から、まったく新しいスポーツを提案。それがパークランニングさ。

奥山   具体的にはどんなスポーツなんですか?

   まぁ、言ってみれば、街中を走るシティランニングと、自然の中を走るトレイルランニングの中間だね。樹々や土の匂いを感じながら自然の中を走るのって、とても気持ちいいだろ? 

奥山   埃や排気ガスがいっぱいの都会を走るのって、実はランナーは常々気にしていたんですよ。その点、フィトンチッドやオゾンたっぷりの自然の中なら、身体にはサイコー。だからOLとかの間でトレランは、密かに人気上昇中なんですよね。でも、わざわざ電車やクルマで山の中まで行くのは、面倒臭いなぁ。

   ところが、オフィス街や住宅街の中にある公園、河川敷など、都会にも意外と気持ちのいいフィールドがあるんだよ。そういうコースを見つけて走る、まったく新しいスタイルのランニングなんだ。OLランナーや山ガールが、早くも体験し始めているみたいだぜ。

奥山   いいですね~。僕もやろうっと。

【次ページ】 パークランニングには専用シューズが必要なのはナゼ?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ

ページトップ