Jリーグ歴代外国人監督、あの人をもう一度見たい!

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 柏レイソルを昇格1年目でJ1優勝に導いたのはブラジル人のネルシーニョ監督でした。
  これまでも、数々の外国人監督が日本サッカーの歴史を彩ってきました。
  かつて、Jリーグで指揮をとった外国人監督のなかで、もう一度、その姿をJの舞台で見たいのは誰ですか?

●アルディレス  (清水、横浜FM、東京V)
●オジェック  (浦和)
●オシム  (市原・千葉、日本代表)
●オフト  (磐田、京都、浦和、日本代表)
●シャムスカ  (大分)
●セレーゾ  (鹿島)
●バクスター  (広島、神戸)
●ブッフバルト  (浦和)
●レオン  (清水、V川崎、神戸)
●その他

※累計で3シーズン以上の任期があり、何らかのタイトルを獲得した監督を優先的に選択肢としています。なお、今シーズンいっぱいでの退任が決まっているオリヴェイラ(鹿島)、クルピ(C大阪)、ペトロビッチ(広島)らは現役監督と考えました。

1-10件を表示 / 全39

すべて| アルディレス| オジェック| オシム| オフト| シャムスカ| セレーゾ| バクスター| ブッフバルト| レオン| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 純粋に見たいのはヴェンゲル。だが、現実的にもう一度という視点でいうとシャムスカ。

    攻撃的な戦い、若手の積極的な起用と非常に魅力的だった。Namberでも取り上げていたと思うが、知的な戦略家だった監督だと思う。地方クラブの大分を一躍注目度の高いものにした意味でも価値あり。
    もう一度采配をふるってほしい監督の一人としてあげたい。

    たったこさん2011/12/09 20:47に投稿

    13
    そう思う!
  • 志向するサッカー、語録、個性。背景にある激動かつ悲しき人生。どれをとっても印象深く、突出している。10年ぐらいは現役の監督として日本で指揮してほしかった。とはいえ、病に倒れたことを考えると、日本サッカーのご意見版的な立場で居てくれるだけでありがたい。今後も率直で哲学的、しかし温かみのあるご意見を頂戴したい。

    茨城団塊ジュニアさん2011/12/09 23:45に投稿

    13
    そう思う!
  • ベンゲル
    当時、弱小だったグランパスを立て直した手腕はさすが。
    天皇杯を手にした時は、泣きそうになった。
    話は変わるが、
    Jリーグ創世記にグランパス、レッズ、ガンバは、
    最下位をどこがとるかわからないぐらい低レベルでした。
    それぞれ、良き監督にめぐり合い
    現在はJリーグを代表する強豪チームへ成長しました。
    選手も大事ですが、それを活かす監督はもっと重要だと思います。
    ベンゲルさん、戻ってきておくれ!!
    good-byeアーセナル

    JOEさん2011/12/09 20:52に投稿

    11
    そう思う!
  • ヴェンゲル。
    常に日本代表に待望されている。
    それだけ、名古屋グランパスを率いていた時のサッカーは輝いていた。
    あれから時間が経ち、ワールドカップの常連になり、海外に出てゆく選手も増えるなど、
    急激に日本サッカー界のレベルは上昇した。
    だからこそ、レベルの上がった日本のチームを率いた時、
    ヴェンゲルがどのようなサッカーを提案し、魅せてくれるのか見てみたい。

    ogaさん2011/12/09 20:08に投稿

    10
    そう思う!
  • アーセン・ベンゲル!! なんで選択肢に無いの??

    たくみっくすさん2011/12/09 20:13に投稿

    10
    そう思う!
  • カルロス・レシャック氏。
    横浜フリューゲルス以外はバルセロナでしか指揮をとっていないし、02年以降監督からは遠ざかっているが、ザッケローニ監督が今取り組んでいる3-4-3に意欲的な取り組みを見せていた。99年当時は守備がうまくいかなかったが、代表とリンクする戦術を採用する監督という意味でも、もう一度Jリーグで指揮をとってほしい。

    モータムさん2011/12/09 20:29に投稿

    8
    そう思う!
  • ブッフバルトに浦和の再建を託してほしい。

    彼が指揮した2004年~2006年は、浦和にとって勝ち癖が付いてきた3年間だった。
    ACL王者となる2007年はオジェックが指揮したが、その土台は紛れもなくブッフバルト時代の功績だと思う。

    いつか、ブッフバルト体制でレッズサポーターと共にアジアを席巻し、再度「ACL奪還→クラブワールドカップ3位以上」になることを望みたい!

    トリプルさん2011/12/09 23:38に投稿

    6
    そう思う!
  • オシムの考え方、練習の仕方は、とても新鮮でした。いま、またその進化形を見てみたいです!

    カトリーヌさん2011/12/09 20:12に投稿

    5
    そう思う!
  • ベンゲル、オシムが多数派のようで、私も思いますので少数意見を。
    オジーの「クリーンでオフサイドトラップしかけない、時間稼ぎしない」という姿勢も好きだし、チーム解散の危機にいの一番に契約してエスパルスを存続させたことは忘れない。
    そして、ユースにいた17歳市川、ヴェルディでわずか15歳の森本を抜擢した若手の思い切った抜擢も日本人監督ではできない采配だと思う。

    ひいさん2011/12/10 17:45に投稿

    5
    そう思う!
  • 健康上の問題でほぼ不可能という事は分かっているが、見たいということではやはりオシム監督。
    よく日本人選手の特長として、「スピード」「アジリティ」を挙げる外国人のコメントを見る事が多いが、世界のトップレベルに個の能力として通用するスピードを持った一流選手はまだいないと思う。個人的に日本人選手が世界のトップレベルに引けを取らないパフォーマンスを披露するには、日本人において水準以上の身体能力に加え、「技術」と「考える力」が重要であると考える。そして日本人選手の特長を理解し、特に「考える力」をジェフに植え付けたのがオシム。彼が作ったチームは本当に魅力的であり、就任期間はジェフを常に上位争いできるチームにした実績は素晴らしかった。
    平均年齢が若いチームを指揮し、日本の若手選手に考える力を植え付けてほしい。

    manjiさん2011/12/10 23:29に投稿

    5
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ