SCORE CARDBACK NUMBER

年末恒例、'11年シーズン
ベストアワード発表。
~今宮純が選ぶF1トピックス~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/12/10 08:00

年末恒例、'11年シーズンベストアワード発表。~今宮純が選ぶF1トピックス~<Number Web> photograph by Getty Images

今宮氏が“永久保存版”と絶賛したイタリアGP。ティフォシを熱狂させるアロンソ(フェラーリ・写真右端)のスタートダッシュで始まったレースは、結局、ベッテル(レッドブル・写真右から二人目)の優勝で終わった

 年に一度観られるグランプリを楽しみたい――。全19戦の取材で今年はそうしたファンの期待を強く感じた。政情不安、天変地異、経済危機とネガティブなニュースが渦巻いたが、それでもグランプリは観客を惹きつける新たなパワーで応えた。新導入のDRSはオーバーテイクを激増させ、KERSとともにスポーツ性を強調。新タイヤのピレリはピットストップ戦略を大きく変えた。

 変化に富んだ'11年、24歳のS・ベッテルが最速・最強・最高の走りでV2を達成、11勝を挙げた。N・マンセルを超える年間15回のPP新記録を樹立し、17戦表彰台はM・シューマッハーとタイ記録である。“3番目のマシン”フェラーリを駆るF・アロンソは自身の総合得点を昨年より伸ばしたが、無念のランキング4位。後半、急速に戦力アップしたマクラーレンで“変身”を遂げたJ・バトンは、攻撃性をもってチームメイトのL・ハミルトンを抑えた。復帰2年目のシューマッハーも、後半にはN・ロズベルグよりも上位入賞率を上げていった。モナコGPで自己ベスト5位を果たした小林可夢偉は終盤、劣勢のザウバーで奮闘。チームランキング7位で締めくくりエースの任務を遂行した。H・コバライネンは2年目の新興ロータスでウイリアムズに肉薄。チームを鼓舞する善戦を重ねた。

5人の王者がトップ5に揃ってゴールしたイタリアGPは“永久保存版”。

 絶対的スピードと高い信頼性を備えたレッドブルRB7・ルノーは、エンジン排気流を応用する“ブローンディフューザー”でダウンフォースを高め、あらゆるコースで最速の地位を保持した。ピットストップ最速タイムは中国GPでメルセデスGPが記録した2.82秒。圧巻のオーバーテイクはイタリアGPの5周目、クルバ・グランデでのベッテル対アロンソ。片輪を芝に落としながらのバトルは互いに名手だからこそできた。スタートに懸けるアロンソは、母国スペインGPの1位ダッシュで大観衆を総立ちにさせた。新人レギュラー4人のなかでは最高6位入賞のP・ディレスタが際立った。

 コンペティティブなレースが多かった今季、僕は5人の王者がトップ5に揃ってゴールしたイタリアGPを“永久保存版”としたい。事前に問題があったものの、初開催インドGPはまずまずの成功。およそ10万人の観客が生のF1の迫力に茫然としていたのが印象的だった。

■関連コラム ► コース評価の高かった初開催のインドGP。~ブッダサーキットの完成度~
► 5人の王者が競う贅沢なバトル発生! ベッテルが生んだモンツァ新伝説。

関連キーワード
セバスチャン・ベッテル
フェルナンド・アロンソ
マーク・ウェバー
レッドブル
フェラーリ

ページトップ