SCORE CARDBACK NUMBER

労使間の板挟みに遭う
名コミッショナーの苦悩。
~スターンは混乱を収められるか?~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/11/27 08:00

1984年の就任以降、NBAの経営状況を大きく好転させたスターンの剛腕で危機脱却なるか

1984年の就任以降、NBAの経営状況を大きく好転させたスターンの剛腕で危機脱却なるか

 NBAロックアウト137日目の11月14日、NBA選手会はオーナー案を却下し、“最終兵器”である自主解散の道を進む決意をした。選手会が解散すればロックアウトは不法となり、オーナーと選手間の対立は交渉から法廷での争いに移行する。裁判の混乱を避けたいオーナー側から譲歩を引き出せるかもしれないというのが選手側の目論見なのだが、さらなる混沌へと突入することで、'11-'12シーズンは開幕しないままに終焉となる可能性も高くなった。

 オーナー側を代表するコミッショナーのデビッド・スターンは、選手会の判断を聞いた直後にテレビ出演し、「選手たちは誤った方向へと導かれている。合意が近かったのに、すべて吹き飛ばすことを選んでしまった」と厳しい表情で語った。

 スターンが「選手たちを誤った方向に導いた」と名指しで批判したのは、選手会役員のビリー・ハンターと弁護士のジェフリー・ケスラーだ。この2日前には代理人を激しく批判してもいた。選手たちを直接批判することを避け、周囲の人間に責任を負わせるのはスターンらしい巧妙な手口だ。

かげりが見え始めたスターンのリーダーシップ。

 というのも、いつになるかはわからないが、リーグが再開する時、NBAにとって一番大事な売り物は選手たちなのだ。たとえ労使争議中とはいえ、選手を責め立て評判を落とすことは、長い目で見てリーグのためにならない。そんな計算が言葉の裏に見え隠れする。名コミッショナーと称賛される所以だ。

 しかし、その一方で今回の労使争議では、スターンのリーダーシップにかげりが見え始めたのも確かだ。引退して久しいチャールズ・バークレーなどは、スターンを「世界一の名コミッショナー」と手放しで称賛するが、最近の若手選手たちの中にはスターンを単なる強権コミッショナーと疎んじる者も多い。

 コントロールできていないのは選手たちだけではない。選手側が受け入れるはずのない強気の要求を押し通そうとするスターンを見ていると、一部のタカ派オーナーたちをコントロールしきれていないように見える。

 シーズン全休となれば、スターンの名声にも大きな傷を残すことになる。そうならないためにも、今NBAに必要なのは、混乱を収め、交渉をまとめるスターンのリーダーシップではないだろうか。

■関連コラム ► NBA復帰を切望する浪人中の大物2人。~L・ブラウンとA・アイバーソン~
► ロックアウト継続に伴い、欧州に向かうスターたち。~NBA開幕延期で喜ぶのは?~

ページトップ