青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

尾崎流・石川遼と青木流・松山英樹。
新時代のライバル関係に注目!!  

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2011/11/23 08:02

尾崎流・石川遼と青木流・松山英樹。新時代のライバル関係に注目!! <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

三井住友VISA太平洋マスターズでホールインワンを決めた石川と優勝を果たした松山。ホールアウト後は握手でお互いの健闘を称え合い、表彰式でも笑顔で談笑

 開幕前の石川遼の言葉が、すでに結末を暗示していたのかもしれない。

「英樹を見ていると頑張らなきゃなと思うし、特別な存在ですね。自然と燃えてくるものがある」

 これまで石川が誰かを取り立ててライバル視することはなかった。池田勇太や薗田峻輔であっても、ローリー・マキロイやリッキー・ファウラーであっても、松山英樹に対してもそれは同じだった。だからこそ、三井住友VISA太平洋マスターズで石川がストレートにライバル心を表明したのは意外だった。

「会うたびにスイングがすごくダイナミックになってる。どんどんスピードが速くなって、飛距離が出てる。小さくまとめにいってないし、どんどんいい方向にいっているように見える」

 照れることもなく、むしろ頼もしげに語ったライバル心。その期待通りと言うべきか、大会は連覇を狙った石川の代わりに、松山がツアー史上3人目のアマチュア優勝を成し遂げて幕を閉じた。

好対照な石川と松山が受け継ぐ「A」と「O」の血脈。

「今まで遼ひとりでゴルフを盛り上げてきたんで、自分も盛り上げていけたらなと思う。一緒にというか、いい時でも悪い時でもギャラリーを連れて歩けるようなプレーヤーに自分もなりたいと思ってるんで」

 かつての石川と同じ快挙を達成した松山はそんな風に勇ましく勝者の弁を述べたのだった。

 ジュニア時代から競い合ってきた同学年の2人。石川が15歳で優勝した時、プレー面で何より注目を浴びたのは全身を振り絞って放つドライバーショットだった。今回の松山はといえば、ゆったりとしたストロークから打ち出されるパッティングが真っ先に称賛された。それぞれの生命線となっているドライバーとパター。アマチュアでのツアー優勝という同じ頂に上りつめたものの、2人が得意とするクラブは対照的だ。

 ゴルフ界でライバル関係といえば真っ先に「AON」の時代が思い浮かぶが、新時代のライバル関係を築こうという石川と松山のゴルフの原点にも、「A」と「O」は直接的な影響を及ぼしていた。

【次ページ】 幼少時のふたりの心に刻まれた尾崎と青木の偉大さ。

1 2 3 NEXT
石川遼
松山英樹
尾崎将司
青木功

ページトップ