ザックジャパンの2011年を採点する!

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 ザッケローニ監督就任後初の黒星となった北朝鮮戦をもって、サッカー日本代表は2011年の全日程を終えました。

  1月のアジア杯優勝から始まり、韓国戦での歴史的快勝、そしてW杯3次予選突破――。震災の影響によるコパ・アメリカ辞退もありましたが、全15試合の国際Aマッチを戦い抜いたザックジャパン。
  あなたは、この一年をどう採点しますか?


●優  ●良  ●可  ●不可


<ザックジャパン2011年国際Aマッチ戦績>

1月9日    アジア杯 ヨルダン戦(カタール) 1△1
1月13日   アジア杯 シリア戦(カタール) 2○1
1月17日   アジア杯 サウジアラビア戦(カタール) 5○0
1月21日   アジア杯 カタール戦(カタール) 3○2
1月25日   アジア杯 韓国戦(カタール) 2-2(PK3○0)
1月29日   アジア杯 オーストラリア戦(カタール) 1○0

6月1日    キリン杯 ペルー戦(新潟) 0△0
6月7日    キリン杯 チェコ戦(横浜) 0△0

8月10日   キリンチャレンジ杯 韓国戦(札幌) 3○0

9月2日    ブラジルW杯アジア3次予選 北朝鮮戦(さいたま) 1○0
9月6日    ブラジルW杯アジア3次予選 ウズベキスタン戦(タシケント) 1△1

10月7日  キリンチャレンジ杯 ベトナム戦(神戸) 1○0

10月11日 ブラジルW杯アジア3次予選 タジキスタン戦(大阪) 8○0
11月11日 ブラジルW杯アジア3次予選 タジキスタン戦(ドゥシャンベ) 4○0
11月15日 ブラジルW杯アジア3次予選 北朝鮮戦(平壌) 0●1

1-10件を表示 / 全52

すべて| | | | 不可|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  •  まぁ 最後の北朝鮮戦は御愛嬌ってことで。

    アジアカップ優勝! そしてブラジルワールドカップアジア3次予選突破!

    これ以上の結果はないでしょう。

    細かい所では たとえば遠藤の代役とかサブのメンバーのレベルアップなど

    気になる所はあるけど

    本番までまだまだ時間はある。

    来年のザックジャパンに期待してます!!

    takoさん2011/11/16 22:35に投稿

    17
    そう思う!
  • 最後に文字通り“土”をつけたけど、前監督では個人任せできちんとできていなかった守りの連動性や攻撃時の中盤と前線の入れ替わり等ができて、その結果16戦続けて負けがないチームを作った。W杯に向けての土台作りとしては、今までの代表監督の中ではピカ一でしょう。 あとは、新しい選手たちの発掘とベテランたちとの融合に期待します。

    ストリーマーさん2011/11/16 18:18に投稿

    13
    そう思う!
  • 先日の北朝鮮戦はいただけなかったけど概ね「良」でしょう。
    アジアカップ制覇、若手の積極的起用、新しいシステムのチャレンジ。
    監督のやりたいことのビジョンが選手だけでなく見ているこちら側にも明確に伝わってきます。
    今までの代表監督の中でも郡を抜いていると思います。(今までの代表監督・チームは行き当たりばったりでした、親善試合と公式戦の位置づけなど明らかに先を見据えています)ただ、こうしたチームとしての成長・地力がついてきたことはザック監督の手腕はもちろん、前回W杯の結果からくる自信、もっといえばカメルーン戦での勝利が全ての土台になっていると思います。あの日から日本サッカー界の全てが変わったと思います。
    あとは、直近の課題としては「遠藤後継者問題」でしょう。監督も手を変え品を変えで色々試してはいるみたいですが・・・なんとかコンフェデ杯ぐらいまでには道筋を見つけてほしいものです。
    ガンバレ!

    BOTANさん2011/11/16 19:24に投稿

    12
    そう思う!
  • モチベーションが高い試合で見せてもらえたサッカーは本当に面白かった。
    FWが倒れてFKをもらい、そこからのセットプレー頼みだった今までとは違い、小気味良いパスサッカー、ペナルティエリアの見事な崩しに何度も鳥肌が立った。

    強いて言えば、FWが独力で強引にゴールを奪ってしまうプレーを見たかった。
    あと、噂されてたウルグアイとの親善試合をして欲しかった~

    ホワイトヘッドさん2011/11/16 19:52に投稿

    10
    そう思う!
  • 結果のみを判断するのであれば『優』ですが
    試合内容を見ると薄氷の上を歩くような場面も
    数多く見られたので、今後の期待を込めて『良』に。

    注文を付ける点については、控え選手をはじめとした
    連携なども含めた全体的なレベルアップです。
    北朝鮮戦を見ても明らかなように、レギュラー陣との差は歴然。
    怪我などで召集の制限を受ける可能性は十分有り得る話なので
    層の厚さを増して安定感のある試合運びが欲しいです。
    また、3バックシステムについては未だ試行錯誤が続きますが
    監督自身も言っていたように攻略された時の新たな対策として
    日本にもっと欧州のアイディアを植え付けて欲しいですね。

    どちらにせよ、日本の未来は彼に託されている訳ですから
    外からとやかく言わずに信じて見守っていこうと思っています

    といさん2011/11/16 19:19に投稿

    7
    そう思う!
  • 北朝鮮戦はベストメンバーではなかったがベトナム戦に比べたら良く闘えてたと思う。ただ、力を発揮するにはあまりにも条件が悪過ぎた。流れをあらゆる手段で強引に阻止され、どんな威嚇に対して勝負できる本田選手や長友選手が不在だったのも相手にとっては有利だった。今年は怪我人が続出しアゥエーでの戦いにも苦戦したが、ザッケローニ監督はハーフナーや清武選手や原口選手などの戦力を発掘し成長させながら闘い、選手層は厚くなりつつあるし、チームの結束の良さも伝わってきた。来年は監督や選手やスタッフが安心してアゥエーでの戦いに望めるように、政府サイドも手を差し伸べてほしい。北朝鮮戦に際しても、このような試合環境になる事は予測できたのだから、何らかの対策は打てたはずだ。震災の復興支援活動には選手をはじめサッカー協会もスケジュールをやり繰りして協力してくれているのだから、政府は代表チームを、もっとサポートするべきだ。

    杏林さん2011/11/16 20:10に投稿

    7
    そう思う!
  • 練習風景などみていて思うけど、監督、選手の距離感を含めてチーム内の雰囲気がすごく良さそう。
    こういうことが実は大切!

    桃はるさん2011/11/16 18:50に投稿

    6
    そう思う!
  • まずしっかりと結果を出しているのが第一です。アジアカップ優勝、ワールドカップ3次予選突破、他の親善試合も引き分けはあったが負けなし。最後に土がついてしまいましたが、あれはかなり特殊要因があったので。

    特に評価できるのは、プレースタイルがより攻撃的になって得点能力が上がったこと、それでいて攻撃と守備のバランスがいいこと、さらには清武、ハーフナーら新戦力が台頭してきて、層が厚くなっていることです。

    本田、遠藤といったキーマンが抜けた時の不安はまだ残っていますが、2011年の戦いぶりと戦績には「あっぱれ!」をあげていいでしょう。

    デュークNaveさん2011/11/16 22:39に投稿

    6
    そう思う!
  • 監督就任1年目としては上々の出来だと思います。
    震災があった今年に限っては、内容もそうですが結果として負けていないということが、
    なによりも重要だったように思います。

    ザッケローニには日本人に通ずる精神のようなものが感じられます。
    サッカーだけでなくスポーツに求められているもの、被災者に何が出来るのかを考えれば、結果を残すことが
    何よりの貢献ではないでしょうか。

    TORONCOさん2011/11/16 22:53に投稿

    6
    そう思う!
  • 「良」にしたかったけど、あえて「優」。
    アジア杯制覇とW杯3次予選突破という結果に加え、清武、ハーフナー、原口などの新たな人材発掘という点を見れば、よく仕事をしてくれたという評価に。
    新たな人材発掘の点では、Jリーグの試合をよく見ているということが評価できるし、試合を通しての選手起用に関しても新たな選手を試そうとする意図が見られた。
    あとは、ディフェンスラインの強化+中盤の舵取り役発掘。まぁ、これは選手自体が頑張ってもらわないと困る問題なんだけど、、、

    ガッちゃんさん2011/11/17 11:01に投稿

    5
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ