NumberEYESBACK NUMBER

世界のW杯代表が躍動する
ラグビー・トップリーグ展望。
~魅力を世界に発信できるか?~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byHiroki Takami(T&t)

posted2011/11/14 06:00

世界のW杯代表が躍動するラグビー・トップリーグ展望。~魅力を世界に発信できるか?~<Number Web> photograph by Hiroki Takami(T&t)

開幕戦デビューを果たしたスミス。円熟のプレーで勝利に貢献した

 大袈裟を承知で言うと、ミニW杯みたいな状態になってきた。

 W杯が終わってわずか1週間足らず。例年よりほぼ2カ月遅れで開幕したトップリーグ(TL)のことだ。

 10月29日、秩父宮ラグビー場での開幕戦には、イングランド代表のジェームス・ハスケルがリコーのNO8として後半途中から出場して勝利に貢献。昨季のプレーオフ決勝再現となったメインゲームでは、サントリーに小野澤宏時、畠山健介ら日本代表が6人、サモアのトゥシ・ピシ、アメリカのトッド・クレバーらも含めれば8人、相手のパナソニックにも堀江翔太、田中史朗ら4人のW杯代表がピッチに立った。

 その上、サントリーに加入したばかりの南アフリカ代表フーリー・デュプレア、ダニー・ロッソウは、次節以降の出場に備えてスタンド観戦。パナソニックにも、同じく南アのジャック・フーリーが追加加入。全員、W杯の全試合に出場したバリバリのスプリングボクスだ。

「日本のトップリーグでは世界一速いラグビーが行なわれています」

 第2節以降は、NZからリコーにマア・ノヌー、サニックスにブラッド・ソーン、NTTドコモにミルズ・ムリアイナという世界一組が襲来。他にもヤマハにジェリー・コリンズ、ホンダにロドニー・ソーイアロというオールブラックス主将経験者、サントリーには豪州代表で110キャップを持つジョージ・スミスがすでに合流済み。TLには今や、世界中のビッグネームが集まるのだ。

「日本のトップリーグでは世界一速いラグビーが行なわれています。W杯よりもスピーディです」

 そう言い切るのは、サントリーのエディー・ジョーンズ監督だ。

「ただ、W杯の日本代表は日本ラグビーの魅力を世界にアピールできなかった。我々はトップリーグで、日本ラグビーの魅力とポテンシャルを発信するのが使命だと思っています」

 その言葉通り、開幕戦のサントリーは休むことを知らない攻撃ラグビーで前半からパナソニックを圧倒。スリリングなトライを重ね、後半9分には28対9と大きくリードした。

 しかし、昨季のTL王者パナソニックも懐は深い。相手ノックオンからWTB北川智規が60mを走りきるなど、一瞬の間に2点差まで肉薄。最後は5点差で敗れたが、地力は互角だと、改めて証明して見せた。

【次ページ】 優勝争いは、サントリー、パナソニック、東芝が軸。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
小野澤宏時
畠山健介
堀江翔太
田中史朗
ジェームス・ハスケル
トゥシ・ピシ
トッド・クレバー
フーリー・デュプレア
ダニー・ロッソウ
ジャック・フーリー
マア・ノヌー
ブラッド・ソーン
ミルズ・ムリアイナ
ジェリー・コリンズ
ロドニー・ソーイアロ
ジョージ・スミス
エディー・ジョーンズ
北川智規

ページトップ