Number on NumberBACK NUMBER

去りゆく世界の背中。
~落日の日本男子マラソン~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2011/11/08 06:01

去りゆく世界の背中。~落日の日本男子マラソン~<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

9月25日のベルリン・マラソン、2時間3分38秒の世界新記録での優勝を喜ぶパトリック・マカウ(ケニア)。2008年の同マラソンでハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が樹立していた2時間3分59秒を21秒も上回った

 日本ではあまり大きく報道されなかったが、9月25日のベルリンマラソンで、注目すべき世界記録が出た。26歳のパトリック・マカウ(ケニア)が、従来の記録を21秒更新する2時間3分38秒をマークしたのである。

 従来の記録は、トラックの王者からマラソンに転向した「皇帝」ハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)が'08年に出した2時間3分59秒。これはゲブレシラシエが35歳の時に出した人類初の2時間3分台の記録で、20代で1万mの世界記録を何度も更新した円熟のランナーによるこの大記録は、そう簡単には破られないのではないか、と思われた。

 ところが、まだマラソン経験の浅いマカウが、この記録を21秒も短縮したのである。男子マラソンの記録の限界がどのあたりにあるのか、さまざまな予測はあるが、少なくともゲブレシラシエの記録が限界ではなかったことが、今回ではっきりしたのである。

ハーフマラソン日本1位と同じペースでフルマラソンを走るマカウ。

 マカウが出した2時間3分38秒は、どれくらいすごいタイムなのか。まず5kmごとのスプリットタイムを見ると、すべての区間で14分20秒~14分59秒と15分を切っている。1km平均で約2分56秒のペース、100m平均17秒6(時速約20.5km)のペースで、フルマラソンを走り切った計算になる。

 中間地点のタイムは61分44秒だった。ハーフマラソンで昨年の日本ランク1位が大西智也(旭化成)の61分31秒だから、マカウはほぼ、ハーフマラソン日本ランク1位と同じペースで、フルマラソンを走ったことになる。

●男子マラソン・世界記録の変更
間隔 記録 更新幅 選手名(国) 大会
'67   2時間9分36秒   クレイトン(豪) 福岡
2年 63秒
'69 2時間8分33秒 クレイトン(豪) アントワープ
12年 15秒
'81 2時間8分18秒 ドキャステラ(豪) 福岡
3年 13秒
'84 2時間8分5秒 ジョーンズ(英) シカゴ
1年 53秒
'85 2時間7分12秒 ロペス(ポルトガル) ロッテルダム
3年 22秒
'88 2時間6分50秒 デンシモ(エチオピア) ロッテルダム
10年 45秒
'98 2時間6分5秒 ダコスタ(ブラジル) ベルリン
1年 23秒
'99 2時間5分42秒 ハヌーシ(モロッコ) シカゴ
3年 4秒
'02 2時間5分38秒 ハヌーシ(米) ロンドン
1年 43秒
'03 2時間4分55秒 テルガト(ケニア) ベルリン
4年 29秒
'07 2時間4分26秒 ゲブレシラシエ(エチオピア) ベルリン
1年 27秒
'08 2時間3分59秒 ゲブレシラシエ(エチオピア) ベルリン
3年 21秒
'11 2時間3分38秒 マカウ(ケニア) ベルリン
 
※2時間10分を切って以降の記録

 別表は、男子マラソンの世界記録の変遷を、記録が出た時間的な間隔、および更新幅に注目してまとめたものだ。興味深いのは、男子マラソンには過去に、世界記録が10年以上更新されない停滞期があったものの、記録レベルの上がった近年になって、更新のペースが上がっているという事実だ。

【次ページ】 なぜ近年、記録更新のペースが上がっているのか?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
パトリック・マカウ
RUN特集
ベルリンマラソン

ページトップ