黄金世代、夢の行方BACK NUMBER

小笠原代表復帰を見つめた播戸竜二。
“猛烈な危機感”でC大阪にかける。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byKenta Yokoyama/PHOTO KISHIMOTO

posted2010/03/19 10:30

小笠原代表復帰を見つめた播戸竜二。“猛烈な危機感”でC大阪にかける。<Number Web> photograph by Kenta Yokoyama/PHOTO KISHIMOTO

 2月11日、東アジア選手権の香港戦、播戸竜二は、久しぶりに日本代表の試合に釘づけになった。画面の向こうには、ナイジェリア・ワールドユース準優勝の“戦友”が出場していた。

「満男が出ていたからね。だって、同世代やし、昨年、あれだけ結果を出して、MVPにも選ばれたわけやんか。で、今回、代表入ったんで、岡田さんがどんな感じで起用するんやろ。満男は、どんなプレーするんやろって、すごく気になった」

 小笠原の動きを食い入るように見ていたが、時間を追うごとにどこか窮屈そうにプレーしているように見えてきた。鹿島にいる時は、もっと自分のやりたいようにプレーし、それが彼の良さを際立たせていた。だが、テレビに映る“30歳の新人”はコンセプトに縛られ、やらないといけないことをやろうと苦心し、本来の良さが消えてしまっていた。

播戸が見た代表の小笠原には、怖さが無くなっていた。

「うーん、楽しそうにやれてはいなかったなぁ。ほんまは、鹿島でやっているようにできたらええんやけど、代表に入ったばっかりやし、その中で自分を出すのは難しいんやろなぁと思ったね。ちょっともったいないよ。満男には、今の代表にないもんとかも求められていると思ったからさ」

 播戸は、もどかしい思いを伝えたくて小笠原に電話をした。すると、電話番号が変更されており、繋がらなかった。

「ふざけんなって思ったけど(笑)」

 だが、小笠原の力なら、この先も生き残れると思っていた。なぜなら、播戸は、ガンバ時代、再三、小笠原に痛い目に合わされ、その底力を知っているからだ。特に、昨年、Jリーグ第33節、頂上決戦となった鹿島戦では、小笠原の活躍で1-5という屈辱を味わされた。30歳になってもチームのエースとして質の高いプレーしている姿に、播戸は同世代として畏敬すら感じたのである。それだけに、小笠原の日本代表復帰は、自分のことのように嬉しかった。停滞気味だった日本代表に、新しい風を吹かせてくれるのではないかと期待した。しかし、テレビの画面に映る姿は、あの時の脅威の満男ではなかった。

【次ページ】 「満男だけじゃなく、俺もセレッソで活躍して……」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
播戸竜二
小笠原満男
セレッソ大阪
南アフリカW杯
サッカーW杯

ページトップ