Web Original
故郷である宮崎県日南市の懐かしい団地にて。25年ぶりにわざわざ訪ねたおり、記念に撮影したワンカット
photograph by Satoshi Hikita
自転車ツーキニストのTOKYOルート24

北区赤羽で昭和の哀愁に萌える。
団地から、日本の未来が見えてきた。

疋田智 = 文

text by Satoshi Hikita

photograph by Satoshi Hikita

 いやーいいね、赤羽。

 駅で降りて折りたたみ自転車「BD-1」を組み立てると、駅前の女子高生密度が高い(何でだ?)。みんなヘンに目の縁が黒くて睫毛が長いぞ。一方、オバちゃん密度も高い。女子高生と対照的に佇まいが庶民的というか“昭和のアカバネーゼ”という風情。

お年寄りにはちょっとキツイ大坂。やたらと老人が多いこの辺り。団地住民の高齢化を感じさせる街の風景でした

 駅前のパチンコ屋、ラーメン屋密度が高く、期待に少しも違わず「お客人、どうです、これぞ赤羽っぽい赤羽でしょうが」と街全体で訴えかけている。味わいが深すぎる。

 その赤羽駅西口を背にして、右方向に行くと、いきなり急坂が登場するわけだ。コンクリート普請で、滑り止めの丸い穴が穿たれている。

「大坂」っていうんだね。

 丸い穴が示す通り、かなり急な坂で、周りを見るとみんな自転車を押している。そこをなにわのど根性で登るのだ。って、それは大阪。ここは大坂。へんが土だ。

 付近に小さな坂すなわち「小坂」があるため“大坂・小坂”でここは大坂になったのだそうだ。

 その大坂(距離は大したことない)を登りきる。

(写真上)ほとんど生まれ故郷の団地と同じ作りの赤羽台団地。(写真下)幼き日の筆者と友人たち。さて、どの子供が私でしょうか? 当然ですが、まだフサフサです

 と、丘の上に出現するのは、ちょっと慄然とするほど懐かしい、昭和ワンダーランドだ。

 赤羽台団地という名の、アパート群。いわゆる「団地」である。鉄筋コンクリート5階建てのアパートが整然と並ぶ「昭和の団地」。

 同じ形のベランダが並び、そこに洗濯物が干され、上り下りはエレベーターでなく階段。階段の入り口にはステンレス製の郵便受けが並び、町内会の掲示板がある。波形の屋根が特徴的な(なぜいつも波形なんだろう)自転車置き場、芝生、生け垣……。

 こうした風景、私ヒキタに言わせると、なんだか涙が出そうに懐かしいよ。

 なぜなら、少年時代の私は、まさにこういう団地に住んでいたからだ。宮崎県日南市(もちろんチョー田舎です)唯一の高層アパート群。高層とはいっても、わずか4階なんだけど。

 ま、本当のことを言うと「団地」というより「社宅」だったんだけど、構図は同じだ。特にアパートの造りがまったく同じ。あの頃、昭和30年、40年代に全国的にばんばか造られた伝統的なスタイルである。

竣工から約40年経った大規模団地は、今どういう環境なのか?

 ここ赤羽台団地は昭和37年に竣工したという。

 東京23区では最も古い大規模団地とされる。全部で55棟から構成されていて、合計3373戸が住めるのだそうだ。

 こうした古い団地に特徴的なのは、街路樹が気持ちよく生い茂っていることだ。今から半世紀も前には、おそらく若木であったろうケヤキやサクラなどが、堂々たる古木になっている。それらの木々に抱かれた住宅地。きわめて“良い言い方”をすると。

 で、こうした団地によくあるように1階は商店街になっている。どこからかAMラジオの音が流れている。大沢悠里の明るくも渋い声が「ペナントレース、中日がまたも足踏みです」などと告げている。どこか物憂げな昼下がりによく似合ってる。

<次ページへ続く> 

【次ページ】 シャッター通りとなった赤羽台団地の1階。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • deliciousに追加
ライフスタイル トップへ ナンバーウェブトップへ

自転車ツーキニストのTOKYOルート24 バックナンバー

ランニング特集 『Number Do』 第2号発売中! 見つけよう私の健康ノウハウ「カラダStylen for MEN」
言わせろ!ナンバー最新の投稿
2014年プロ野球ドラフト会議、最も的確な補強ができた球団はどこ?
西武

まず大前提として1位の抽選をはずした4チームは一番欲しかった選手を獲れなかったので成功ということはあり得ません。(特に阪神  …すべて読む

うめさん
2014/10/26 01:36
に投稿
高橋大輔、引退! あなたの最もお気に入りのプログラムは?
Eye

全てがかっこいい。作曲者も振付師もオールジャパン。曲も振り付けも表現する高橋選手もすべてパーフェクト。何回見ても素晴らしい  …すべて読む

pieさん
2014/10/25 19:00
に投稿
言わせろ!ナンバーについてお題をもっと見る
  • 岡田彰布氏、メルマガ絶賛配信中!
最新号表紙
863
10月16日発売
レジェンドが語る 愛と憎しみのクラシコ。