独走優勝ホークス、今季もっとも凄かったのはここダ!

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 圧倒的な強さでリーグ優勝を遂げたソフトバンク・ホークス。優勝を決めた後も手綱を緩める気配はなく、10月13日現在、2位日本ハムとのゲーム差を17ゲームに広げ、貯金を43まで増やしています。
   攻守にわたり、あらゆる面で隙のない今季のホークスですが、もっとも凄かったと思うのはどの要素ですか?

●「監督・コーチ力」ダ!
●「投手力」ダ!
●「打撃力」ダ!
●「守備力」ダ!
●「走塁力」ダ!
●「その他」ダ!

1-5件を表示 / 全5

すべて| 監督・コーチ力| 投手力| 打撃力| 守備力| 走塁力| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
  • いやぁ、今年のソフトバンクの打撃陣は強い!

    内川の好調っぷりは周知の通り、本田、長谷川、松田と打率ランキングの10位以内に四人もソフトバンクの打者がランキングインしている。サッカーの神様“ペレ”が言う通り、“攻撃は最大の防御”であるとひしひしと感じる。

    しかし、ペナントレースを優勝したからと言って安心していいわけではない。何故かというと11月3日から、“魔のプレーオフ”がはじまるのだ。過去ソフトバンクは6回のCSに出場しているが、全て日本シリーズ出場にあと一歩のところで涙を飲んでいる。ここでも勝利してこそ真の王者だといえよう。

    是非、落合中日との日本シリーズを見てみたいもんダ!



    bomberさん2011/10/14 20:21に投稿

    7
    そう思う!
  • 何と言っても3番内川の活躍が最も印象的です。
    初回を含む序盤に点を取って主導権を握り
    盤石の投手陣がそれを守るという戦い方が
    1年間出来ていたと思います。
    内川以外にも、松田の覚醒や福田・明石などが
    終盤の相次ぐ主力選手の怪我を補いました。

    去年と比べると、投手力は特に大きな変化はありませんでしたが
    この打撃力は大きく変わったと思います

    といさん2011/10/14 20:21に投稿

    3
    そう思う!
  • 永年の理想型がトータルで息付いたという感じですが、ヤハリこれが肝心でしょ。

    夢が好き!!!!!さん2011/10/14 20:13に投稿

    2
    そう思う!
  • 圧倒的だった。
    首位ともなれば各チームエース級の投手を
    並べてくるのに、ことごとく蹴散らしてきた。
    誰かが離脱しても、控えが控えと思えない活躍をする。
    誰もがチャンスメーカーであり、
    誰もがポイントゲッターである。
    不公平感を感じるほど強かった。

    なぜなぜ坊やさん2011/10/18 13:08に投稿

    2
    そう思う!
  • 層が厚い。レギュラーに次ぐ選手たちはレギュラーに匹敵している。

    多摩川マリーンズさん2011/10/18 14:06に投稿

    1
    そう思う!

ページトップ