独走優勝ホークス、今季もっとも凄かったのはここダ!

21-27件を表示 / 全27

すべて| 監督・コーチ力| 投手力| 打撃力| 守備力| 走塁力| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
2
次のページ »
  • 今年のホークスは全体的に強さを発揮していましたが、その中でも投手力は抜きん出ていましたね。エース・和田に加えて今年はホールトンが絶好調、先発転向が大成功の摂津と先発陣の安定感が抜群。それに加えて金澤・森福の中継ぎ、抑えとしてファルケンボーグと後ろの人材もしっかりと試合を締めていた。
    なによりも杉内・馬原の不調を大場と山田、先に出たファルケンボーグと後から出てきた選手がしっかりとフォロー出来ていたのがこのチームの今年の強さを象徴していると思います。
    これだけ投手陣が安定していれば野手陣ものびのびとプレーできるでしょう。
    『野球は投手から』とはよく聞きますが、今年のソフトバンクはまさにそれを体現したチームでした。

    ろびーさん2011/10/19 01:51に投稿

    1
    そう思う!
  • ホークスが強かったのはやはり監督にある。そもそも戦力が充実していればしている程、選手のプライドや実績が障壁になり選手起用の舵取りが困難になる。実績的にも世間的にも、不調だからといって簡単に下げられないし、ましてやマイナーにも落とせない。またやむを得ず戦列を離れた時に代替できるプレイヤーをいかにピックアップするか、獲得した選手が主力であればある程、その監督の判断は重いものになる。レッドソックスの失速がいい例である。その点、秋山監督は見事だった。抑えの馬原を不調であっさり二軍に落とし、カブレラなどの高年俸選手もスタメンから落とされた。彼らの調子を睨みながら長谷川などの若手を起用し、ベテランと若手のバランスを上手く整えた。開幕時と今とラインナップが全く異なっていることからも理解できるだろう。投手陣も同様である。バランスのとれた秋山監督の選手起用や采配、判断力があってこそ優勝できたと思う。

    虎キチさん2011/10/19 02:29に投稿

    1
    そう思う!
  • 初回。サイテーでも、1点は穫っておく!

    走塁あってこそ、先手先手で試合できるわけですから、
    強いはずですわ。

    Tampopo99さん2011/10/19 08:15に投稿

    1
    そう思う!
  • V9時代の巨人、森監督時代の西武と同じように、豊富な戦力で、当たり前のことをすれば、ペナントレースは勝てると言うことを証明したチームだと思う。(もちろん、主力のケガや不調などはあったが、少なくともパ・リーグの5チームと比較して、総合力は数段上であろう。)

    現時点では、かつての、今年は悲願ののCSを勝ち上がって日本シリーズの出場を果たすと思うが、セ・リーグでCSを勝ち上がってくるチームは、お世辞にも現在のホークスほどの戦力はない。

    現役時代、多くの栄光を味わった秋山監督が、戦力では劣るため智力を駆使してくるであろうセ・リーグのチームとどのように対峙するか楽しみである。

    homotaroさん2011/10/19 14:07に投稿

    1
    そう思う!
  • 一番脅威だったのは新戦力ーダ!!やっぱりダイエーは強いですね。秋山監督も名監督の気配を感じます。そんなホークスですが、今季のポイントとなったのは、新戦力の存在、先ずはセリーグ首位打者の称号を手に博多にやってきた内川の存在。優勝請負人というか一番勝利、優勝に貪欲だったのは内川だろう。そのスピリットがチームを新たなスターダムへと押し上げていった。そしてパリーグでも首位打者を獲得して他球団にとって脅威だっただろう。もう一人の新戦力は中継ぎから先発に転向し15勝を挙げた摂津の成功これも大きかった。総合力において他球団を上回った結果の交流戦優勝、パリーグ全球団からの勝ち越し強いの一言に尽きる。クライマックスシリーズ今年はパリーグはいらないのではないか。そう思ってしまう。

    ジャージで寝るさんさん2011/10/21 00:29に投稿

    0
    そう思う!
  • 総合力と言ってしまえばそれまでなんですが、元々打撃も投手もよかったんです。
    でも今年は去年と比べていろいろ違うんです。
    1.打撃は内川の加入、松田の成長、松中の復調などで勝負強くなった打撃。
    去年までは全く打てない試合、チャンスは多いが点が入らない試合も多く、イライラする試合もあったが今年はそういう試合は少なかった。
    2.先発3番手以降の安定
    DJ、攝津、山田、岩嵜、大隣、大場がよかった。和田、杉内以外でも勝ち星が稼げたのが大きかった。おかげで、巽、陽、小椋、新垣は出番なしでした。
    3.中継ぎの活躍。
    森福、金沢、吉川などが期待以上に頑張った。馬原、ファル不在の時にも不安を一層する投球をしてくれました。
    4.選手層。
    内川、細川、カブの入団+若手の成長で確実に選手層が厚くなった。多村もスタメンが保障されていない状態だし、ホセなんか代打要員だ。

    k-sukeさん2011/10/26 14:48に投稿

    0
    そう思う!
  • バランスが凄すぎ。
    どれも悪くない。それが凄い
    特に言うなら機動力かな

    はやかわさんさん2011/10/27 15:25に投稿

    0
    そう思う!
2
次のページ »

ページトップ