スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

MLBポストシーズン分析とCSの欠点。
中日とソフトバンクは大丈夫か? 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/10/16 06:00

MLBポストシーズン分析とCSの欠点。中日とソフトバンクは大丈夫か?<Number Web> photograph by Getty Images

ナショナル・リーグ地区シリーズ第5戦。ワイルドカードで進出していたカージナルスが1-0でフィリーズに勝利し地区優勝を決めた。先発はフィリーズがハラデー、カージナルスはカーペンターだった。完封勝利が決まった瞬間、咆哮するカーペンターの下に集まったナインたち

 メジャーリーグのポストシーズンが進行中だが、リーグ・チャンピオンシップ・シリーズに駒を進めた4チームを見ると、つくづく「9月の戦い方が重要なのだな」と思う。

 今季、ポストシーズンに駒を進めた全8チームの9月の勝敗を見ていただきたい。

●9月の勝敗表
アメリカン・リーグ   ナショナル・リーグ
ヤンキース 16勝12敗   フィリーズ 16勝14敗
レイズ 17勝10敗   ブリュワーズ 15勝10敗
タイガース 20勝6敗   カージナルス 18勝8敗
レンジャーズ 19勝6敗   ダイヤモンドバックス 16勝9敗
 

 これを見ると一目瞭然。

 本命視する声も多かったヤンキース、フィリーズは9月の成績が悪く、その流れを引きずってしまったのか、結局ディビジョンシリーズで敗れてしまっている。

 特にフィリーズは、今季のメジャーリーグでただひとつの100勝以上をあげた球団だった。ロイ・ハラデー、クリフ・リー、コール・ハメルズ、ロイ・オズワルトと先発の「4枚看板」をそろえており、短期決戦でも死角なしと見ていたが、9月に入って失速。3度のダブルヘッダーなどスケジュールに苦しんだ面もあり、下降気味のままポストシーズンに突入したのが悔やまれる。

ポストシーズンで復活するだろう……と思いきや。

 一方、アメリカン・リーグのヤンキースは、ライバルのレッドソックスが勝手に沈んでいってくれたおかげで、ギアを上げる必要がないままアッサリと地区優勝してしまったのが仇になってしまった印象がある。

 個人的に、両チームはポストシーズンに入れば立て直してくるだろう――そう思っていたのだが、それほどメジャーは甘くない、ということだ。

 反対に9月になって好調だったのはアメリカン・リーグではタイガースとレンジャーズ。

 ともに7割半ばの勝率をほこり、リーグ・チャンピオンシップ・シリーズでも激闘を繰り広げた。両軍とも打撃が好調で、しかも先発投手陣が安定していたのが高い勝率に結びついた。

【次ページ】 ナショナル・リーグで起こった番狂わせ!!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
テキサス・レンジャーズ
デトロイト・タイガース
セントルイス・カージナルス
ミルウォーキー・ブルワーズ
中日ドラゴンズ
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ