SCORE CARDBACK NUMBER

「職人芸」が冴えわたる
気骨のアラフォー3人組。
~永田、鈴木、秋山のプロレス魂~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/10/12 06:00

「職人芸」が冴えわたる気骨のアラフォー3人組。~永田、鈴木、秋山のプロレス魂~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 永田裕志(新日本)、鈴木みのる(パンクラス)、秋山準(ノア)の「アラフォー・トリオ」が今年、やたらと元気だ。

 43歳の永田は4月、全日本のチャンピオン・カーニバルに初めて乗り込み、アウェーのリングで見事に優勝。その勢いを駆って3冠ヘビー級王者・諏訪魔に挑戦、敗れはしたものの、派手なバックドロップ合戦を繰り広げ、「さすが、達人」の存在感を見せてくれた。

 永田と同い年の鈴木みのるは6月19日、両国国技館の試合を最後に全日本と離別すると、「新日本を侵略する」と宣言し、8月のG1クライマックスに殴り込み。終盤までV戦線に絡み、「口撃」の手も緩めずに、6勝3敗(12得点)の好成績を収めた。

 そして、2人より1歳年下で、自らを「おっさん」と称する秋山は、4月のチャンピオン・カーニバルには11年ぶりの参戦。みのるに不覚の1敗を喫して惜しくも決勝進出は果たせなかったが、「アラフォー・トリオ」の中で、最も大きな声援を浴びていた。「久しぶりで楽しかった」とのコメントは、決して負け惜しみではなかった。

諏訪魔vs.秋山準は、大学レスリング部出身者同士の本格派対決に!

 秋山は、8月6日には本拠地ディファ有明でGHCヘビー級王者・潮崎豪に挑戦したが、変型リバースDDTを食らって33分6秒に痛恨の逆転負け。ベルト奪回ならずも、潮崎の下唇を切るニーパット攻撃は、「ノア旗揚げ記念日」興行を朱に染める、えげつないものだった。「秋山恐るべし」を、観客に改めて強く印象づける一戦だった。

 秋山のこうした実績と人気を高く評価しているのが、他ならぬ全日本だ。3冠王者・諏訪魔が、秋山を挑戦者に指名。10月23日、両国国技館で両者が対決するタイトルマッチ開催が決まった。

 諏訪魔は中央大、秋山は専修大の、ともにレスリング部出身。諏訪魔には直接の関わりはないが、秋山はジャンボ鶴田の背中を見て育った選手だ。本格派同士のシングル初対決に、今年のベストバウトを狙える激闘が期待される。

 永田、みのる、秋山。この3者の共通点は、お客さんを飽きさせない「職人芸」を持っていることだ。ケガが怖いが、秋以降の戦いも盛り上げてほしい、気骨の3人組である。

■関連コラム ► K-1戦士がプロレスのマットに続々! 格闘技界に起っている“逆転現象”。
► 全日本・武藤社長辞任で感じた「残念なこと」。~スーパー・ヘイト暴行事件の余波~

関連キーワード
永田裕志
鈴木みのる
秋山準
諏訪魔
潮崎豪
全日本プロレス

ページトップ