スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

長丁場と土壇場のドラマ。
~MLBの今季最終戦で大波乱!!~ 

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/10/07 13:05

長丁場と土壇場のドラマ。~MLBの今季最終戦で大波乱!!~<Number Web> photograph by Getty Images

ワイルドカードでのプレーオフ進出はほぼ確実視されていたブレーヴスだったが……

 2011年3月、私はボストンとサンフランシスコのワールドシリーズを予想していた。

 予想はまったく外れた。両者はともにプレーオフに駒を進めることができなかった。

 8月にはまずジャイアンツが危うくなった。

 レギュラーシーズンの最終日にはレッドソックスが消え、レイズが浮上した。

 プレーオフに出られなかったのは、ジャイアンツやレッドソックスだけではない。ナ・リーグのワイルドカード・レースで独走状態だったブレーヴスも、最後の最後でカーディナルスに追い抜かれた。9月28日、162試合目に起こった大波乱だ。

 これはまちがいなく球史に残る。ディヴィジョンシリーズまでが長引いている現状だが、レギュラーシーズン最終日に起こった事件の顛末は、あらためて書きとめておく必要がありそうだ。

両リーグの上位2チームが最終戦でまったく同じ成績に!?

 ご承知のとおり、ことの起こりは数字が並んだことだ。

 ア・リーグでは、レッドソックスとレイズが90勝71敗で並んだ。ナ・リーグでは、ブレーヴスとカーディナルスが89勝72敗でこれまたぴたりと並んだ。

 どちらも9月28日のゲームが始まる直前の話だ。

 28日の夜、レッドソックスは、ボルティモアでオリオールズと戦った。レイズは、本拠地のセントピーターズバーグでヤンキースとの戦いにのぞんだ。

 一方、ブレーヴスはホームのアトランタにフィリーズを迎えた。カーディナルスはヒューストンに乗り込んでアストロズと戦った。

 すんなり勝ったのは、カーディナルスだけだった。8対0。シーズン終盤で23勝8敗の勢いが最後までつづいたようだ。あとはブレーヴスの結果待ち。もしブレーヴスも勝てば、タイブレイカーが控えている。

【次ページ】 9回1死までリードしていたはずなのに……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
セントルイス・カージナルス
ボストン・レッドソックス
タンパベイ・レイズ
ニューヨーク・ヤンキース
デトロイト・タイガース
ミルウォーキー・ブルワーズ
テキサス・レンジャーズ
フィラデルフィア・フィリーズ
アリゾナ・ダイヤモンドバックス

ページトップ