SCORE CARDBACK NUMBER

27年ぶり悲願のWG復帰。
選手に傾けた監督の愛情。
~男子テニスが世界ベスト16入りへ~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2011/10/05 06:00

27年ぶり悲願のWG復帰。選手に傾けた監督の愛情。~男子テニスが世界ベスト16入りへ~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 16カ国からなるワールドグループ昇格は日本の悲願だった。初参加の1921年に準優勝するなど戦前は世界の強豪国にも数えられた。しかし、現在のWG制が採用された'81年以降、日本が同グループで戦ったのは'81年と'85年の2度だけ。アジア/オセアニアの地域グループを勝ち抜いても、プレーオフ(入れ替え戦)の壁に阻まれ続けた。

 最も世界に近づいたのは'07年のプレーオフ、ルーマニア戦だった。2勝1敗で迎えたシングルス、鈴木貴男は先に2セットを奪い、WG昇格まであと1セットとした。ところがここから3セットを続けて失い、逆転負け。第2試合の添田豪も惜敗し、昇格を逃したのだ。ただ、今思えば、当時の代表はWGで戦うには力不足だった。鈴木は四大大会も経験し、添田も成長していたが、トップ選手の目安である世界ランク100位以内の選手はいなかった。これでは、昇格しても活躍は望めなかっただろう。

日本男子が四大大会本戦に3人出場するのは36年ぶりの快挙。

 竹内映二監督は錦織圭の成長を待ちつつ、チームの底上げを図った。限りある強化予算の中で、選手の遠征に可能な限り代表コーチやトレーナーを帯同させ、遠征を通して選手を鍛えた。そして、まず100位を突破せよと励ました。そうして今年、添田が初めてトップ100入りし、伊藤竜馬も102位まで浮上した。先の全米には錦織と添田、伊藤が出場。日本男子が四大大会本戦に3人出場するのは'75年全豪以来36年ぶりの快挙だった。

 全米閉幕の翌週に行なわれたデ杯インド戦。3人に続く4番手、175位の杉田祐一は監督の抜擢に応え、初戦でインドのエース、65位のソムデブ・デブバルマンを圧倒する。この1勝で流れをつかんだ日本は、4-1の圧勝で27年ぶりのWG復帰を決めた。

「うまくいきすぎなくらい」と笑った竹内監督。杉田の起用はズバリ当たり、最終日には相手エースの負傷欠場にも助けられた。しかし、今のチーム力ならWG昇格は必然であり、また、昇格はこのタイミングしかなかったと思う。20代の選手たちが海外転戦で成長、まさに機は熟していたのである。竹内監督は第2日の試合後、「選手たちをこよなく愛している。信じている」と語った。愛情を注ぎ、手塩にかけた若者たちが、就任7年目の監督を世界へと導いたのだ。

■関連コラム ► 伊達抜きでフェド杯勝利。村上監督が貫いた信念。~理想の女子テニス代表を求めて~
► <20歳のリスタート> 錦織圭 「ふたたび世界の舞台で自分らしく」

関連キーワード
鈴木貴男
添田豪
竹内映二
錦織圭
伊藤竜馬
杉田祐一

ページトップ