ラグビー日本代表、W杯での戦いをどう評価する?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 ラグビー日本代表のW杯が終わりを告げました。
   '91年第2回大会以来、20年ぶりのW杯勝利を目指したジョン・カーワンHC率いるラグビー日本代表でしたが、フランス、ニュージーランド、トンガに3連敗、最終戦のカナダとは惜しくも引き分け、1次リーグ敗退となりました。

 2019年に日本で開催されるW杯に向けて多くの課題を残すとともに、強豪をあと一歩のところまで追い詰める戦いも見せた日本代表。ニュージーランドW杯での戦いをあなたはどう評価しますか?

●良かった
●どちらかといえば良かった
●どちらかといえば悪かった
●悪かった

1-10件を表示 / 全45

すべて| 良かった| どちらかといえば良かった| どちらかといえば悪かった| 悪かった|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • サッカーが過去に世界とまともに戦えない時代に、日本人にはサッカーが向かない競技だとの言葉も出たが、今は一切そういった論調も出なくなった。ではラグビーはどうか?本当に日本人に向いた競技なのか?サッカーがW杯の度に、後退をしながらも、着実に前進するのに対し、ラグビーはW杯の度に確実に世界との距離を広げられているようだ。酷い言い方をして本当に選手には申し訳ないが、日本チームにはW杯出場チームとしてのプライドが無いのか?トンガチームを見て欲しい、W杯以外の試合では日本に勝っていない、しかしW杯になれば別のチームの様になり、日本を圧倒する。日本人が持つ特性を生かしたチームを作り上げて欲しい。統率力、器用さ、スピード、パワーが足らないのなら他国と違うスタイルのチームを作ればいいのだから。

    こうちゃんさん2011/09/27 23:19に投稿

    19
    そう思う!
  •  単純に結果だけからいえば「悪かった」。2勝の目標を達成できなかったことは大きい。
     19年W杯開催は決定事項。次回の15年W杯が19年向けてどれだけ国民のラグビー熱をあげられるかの最後のチャンス。今回の未勝利という結果はその意味で非常に残念。
     まずこの20年間でジンバブエ戦以降の勝利がないことは大きすぎる。外国人(帰化含む)が1/3を占める体制で、ある意味過去最強のジャパンだったかもしれない。が、結果最後の最後に勝利を逃すことになってしまった。せめて目標の2勝に届かなくても、最終戦のチャンスを活かせなかったのは痛すぎる。
     あと8年。時間はあるようで短い。19年の日本開催が今の状態で盛り上がるのか。正直不安が大きい。その意味で今回の戦いは悪かったといわざるを得ない。
     残りの期間、ぜひともラグビー熱が盛り上がる結果を出すことを期待したい。

    たったこさん2011/09/27 21:00に投稿

    17
    そう思う!
  • メンバー選考をみても、相手とのリアクションをみても、勝つ為の布陣、勝つ為の練習だった筈。
    それでも勝てないのはそれなりの理由がある。フィジカルの差とかいうのはもう聞き飽きたフレーズ。
    フィジカルの差ならサッカーのなでしこジャパンの方が大きかった!
    もっと真剣に、ジュニアの時代からきちんと育成を考えないとこのままずるずるとアジアの代表というだけの存在になってしまうと思います。各地のジュニア達の育成に本腰をいれて、8年後にきっちりと結果を残すべく体制を入れ替えましょう。

    ストリーマーさん2011/09/27 22:44に投稿

    15
    そう思う!
  • カーワンは歴代最高のHCだったと思う。だが準備に4年をかけて1勝も出来なかった結果に擁護の余地はない。NZ戦はベストメンバーで臨むべきだった。格下が手を抜くとは、戦う姿勢を疑われても仕方ない。それだけに、絶対勝利が必要だったトンガ戦の負け方の悪さには呆然とした。相手を見下していたと非難されても仕方なく、裏切られた思いだ。カナダ戦は、選手の必死の姿勢は伝わって来た。彼らは全力を出したのだろう。それだけに、最後の最後で勝ち切れなかった部分に「心底」失望した。4年前と違い、このドローは負けに等しい。マン・オブ・ザ・マッチに3試合で日本から選ばれたことを日本の成長の根拠としている選手もいる様だが、生粋の日本人は誰一人選ばれていない。今後新しい指導者がチームを作り直す時、この事実は重くのしかかるはず。残念だが、誰が引き継いでも建て直しは容易ではないだろう。宿沢氏が健在だったら、と思うのは私だけか?

    hardtackle6さん2011/09/27 22:22に投稿

    14
    そう思う!
  • とにかく残念です。
    技術面での客観的評価はさておき、感情的に受け入れらません。

    フランスにあわやと思わせたこと、4年前やっと引き分けに持ち込んだカナダに終始リードを奪っていたことなど、前回から進歩したという評価はできるかもしれません。

    しかし、次々回のW杯地元開催に加え、震災復興後のJAPANの未来に繋がるを結果を(勝手ながら)期待していたものとしては、カナダ戦は勝って欲しかった。

    (素人目には)日本ラグビー関係者は、強化に真摯に取り組んでいたという印象です。
    カーワンHC以下然るべき手をすべて打って、それでも勝てなかった。
    その事実に愕然とします。

    ラグビー人気の低迷に繋がらないと良いのですが。。。

    もっとごーさん2011/09/28 11:54に投稿

    14
    そう思う!
  • 1分け3敗は今の実力。
    色々批判はあるが選手は日本代表資格のある人間の中で優れた選手である事は間違いないのだから、
    彼らが勝とうと頑張って戦った事は評価すべき。(文句がある人は自分でプレーしてみれば良いでしょう)
    有名な元選手を連れて来て任せれば大丈夫、駄目なら首のすげ替えをすれば良い、と言う協会幹部、
    外国人選手を連れて来て資格を取らせて結果を出そうとした元有名選手、彼らの責任は重いと思います。
    下手に1勝してこれで良かったと中途半端に納得するより良かった。

    昔の日本代表の方が世界に近かった。負けてもスリリングなラグビーで世界をアッと言わせた事も何度もあった。
    まずは誇れる日本代表を。子供たちが将来ラグビー日本代表になりたいと思える日本代表を。
    小手先を使って目先だけの結果を求めず日本人の特性を生かしたラグビーを追い求める。
    こんなビジョンを持った指導者が出てこないか?

    りゅうさん2011/09/28 10:10に投稿

    12
    そう思う!
  • 第一回から見ていて釜石時代も見ています。ウイングに足の速い選手を置き、トライを狙う戦法がこれまでの日本のラグビーでしたが、世界相手に通用する試合は、ワールドカップでは見たことがありません。展開ラグビーが通用しないと言うよりは、実力が追いついていないからだと思います。今回は外国人が多かったのですが、すべてが遅く目新しくありませんでした。
    基本的なことができていません。モール・ラック・スクラムでマイボールの時に相手のプレッシャーを受けてしまうのに相手ボールの時にはただ見ているだけで、ポーズだけのプレッシャーで相手ボールを取ろうとする意志が見えません。オフサイドのルールを知らないのでは?ノックオンのオンパレード・キックの名手とちやほやされる人のミスキックなど。毎回同じラグビーを見ているので、飽きてしまいました。マコーミックがいたときの東芝のホイッスルアンドゴーの連続ラグビーが一番好きでした。

    中日新聞読者さん2011/09/27 21:28に投稿

    11
    そう思う!
  • 100点満点で-50点。
    外国人中心のチーム構成、そしてオールブラックスに対し二軍で挑むといった、応援する気を削ぐ戦略を取っておいて、結果は惨敗。
    試合内容もイージーミスが多く、肉体的にも技術的にも精神的にも、何も良い所がなかった。
    ラグビー人気凋落にトドメをさしてしまったかもしれない。

    LOCAさん2011/09/27 22:10に投稿

    10
    そう思う!
  • 目標の2勝を達成し、オールブラックスにベストメンバーで挑んでくれていれば言う事ない大会で「良かった」でした、全敗でもオールブラックス戦にベストメンバーで望んでくれれば「どちらかといえば良かった」だったと思う、それぐらい今大会のオールブラックス戦というのは意味合いが大きい相手だったと思います、オールブラックス戦のジャパンのメンバーを見た時、JKのコメントを聞いたとき・・・失望しました。

    「残り2戦で2勝」「残り2戦が勝負」って言うのはラグビーのコアなファンだけの発想で、一般の方々はビッグスコアで負けた瞬間に興味は失せますし、残り2戦が勝負!!!と息巻いても何のコッチャってとこだと思います。

    厳しいようですが今回の大会は『悪かった』ではすまない、最悪を上回る『悪かった』だと思います。

    TERUさん2011/09/28 13:52に投稿

    10
    そう思う!
  • 正直なところ、カナダとトンガに勝っていても感動はなかったと思う。
    初戦の仏戦での後半途中までのジャパンは凄かった。
    ひょっとしたら、という夢を見させてくれた。
    これなら次のNZ戦はどこまでやれるのかな、という期待があったのに、
    あのスタメン・・・
    お互い震災で傷ついた国同士、NZは開催国、ジャパンは監督がNZ人で
    選手もNZ出身が多数。
    特別な試合になるはずだったのに、失望しました。

    トンガやカナダとはこれからもW杯以外で対戦するだろうけど、
    本気の仏やNZとはこんな舞台でしか戦えないのだから、
    もっと力の差を見ておきたかった。

    NZ戦での大差敗戦で、選手も一旦気持ちが切れたような気がした。
    格上にベストメンバーで気迫を持って臨まないジャパンに、
    こちらの気持ちがついていけなかった。

    らうどるっぷさん2011/09/28 17:25に投稿

    9
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ