プレミアリーグの時間BACK NUMBER

昨季CLベスト8の高揚感も雲散霧消。
主力残留も先行き不安なトッテナム。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2011/09/16 10:30

昨季CLベスト8の高揚感も雲散霧消。主力残留も先行き不安なトッテナム。<Number Web> photograph by AFLO

プレミア第3節、マンCをホームに迎えたトッテナム。プレミア屈指の戦術家・レドナップ監督(最前列・中央左)にも1-5と大敗するチームを救う術はなかった

 トッテナムが、昨季のCL準々決勝でレアル・マドリーをホームに迎えたのは、つい4月のこと。準決勝進出はならなかったが、グループステージではインテル、16強ではACミランを下して8強入りを果たしたチームを前に、ファンは『聖者の行進』ならぬ『スパーズの行進』を高らかに歌い上げた。

 だが、それから5カ月足らずでホワイト・ハート・レーンの空気は一変した。高揚感は消え、停滞感どころか後退の危機感さえ漂っている。

 8月28日、トッテナムの関係者とファンは、ホームでのリーグ初戦となったマンチェスターC戦(1-5)で、厳しい現実を目の当たりにした。敗戦のショックは、前週のマンチェスターU戦(0-3)を上回っていたに違いない。プレミアリーグ連覇を狙うマンUはまだしも、昨季までCL出場枠を競い合ったマンCとも戦力差が歴然だったからだ。昨季5位のトッテナムは、前線にセルヒオ・アグエロとサミル・ナスリを加えた昨季3位の攻撃に翻弄された。

モドリッチの移籍は消滅したが手薄な戦力は相変わらず。

 トッテナムのプレーメイカーはルカ・モドリッチだが、攻撃のキーマンが「心ここに在らず」の状態では、主導権を握れなくても仕方がない。チェルシーからの誘いに、自らも移籍を志願していたMFは、試合前に出場辞退を嘆願していた。ハリー・レドナップ監督は、マンU戦では自身の裁量でモドリッチを遠征メンバーから外したが、ホームでのマンC戦では先発を強いた。しかし、結果は欠場も同然の存在感の薄さだった。

 モドリッチが、後半20分すぎに伏目がちにピッチを去ると、ほどなくしてチームからは、前線の要人であるラファエル・ファンデルファールトも、ハムストリングの裂傷で消えた。ギャレス・ベイルの突破力のみが頼りとなった攻撃は、守備のオプションも豊富なマンCに難なく封じられている。

 最終的にモドリッチのチェルシー入りは実現しなかった。レドナップは、「4000万ポンド(約50億円)と言えば相当な移籍金だが、売られなくて良かった」とコメントしたが、その数日前には「ルカの売却益を補強に当てた方が賢明かもしれない」ともこぼしており、心中は複雑だっただろう。

【次ページ】 主力の去就に振りまわされて後手にまわった選手補強。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
トッテナム
ルカ・モドリッチ
ハリー・レドナップ
ブラッド・フリーデル
スコット・パーカー
エマニュエル・アデバヨール

ページトップ