なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

なでしこジャパンが中国に貫禄勝ち。
五輪予選で獲得した新たな武器とは? 

text by

河崎三行

河崎三行Sangyo Kawasaki

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2011/09/12 11:35

なでしこジャパンが中国に貫禄勝ち。五輪予選で獲得した新たな武器とは?<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono

主力選手を温存しつつ、巧みな戦術で中国を破った佐々木則夫監督。「(若手中心の先発だったが)ひとりひとりの特徴は出ていた。個々の力を見極めたいという中で勝てた。及第点ではないか」と試合後に満足気なコメントを残している

 中国はこの五輪予選にあたり、看板FWのハン・ドゥアンとマ・シャオシューを代表復帰させた。新華社通信の記者によれば、昨夏に就任したリ・シャオペン監督は世代交代とモダンなサッカースタイルへの変革を進めてメディア内でその手腕が評価されていたが、決定力不足も指摘されていたという。そこで今予選を前に「各方面」からの「助言」もあり、人気と実績のある二人を加えることにしたらしい。

 だが両者とも足の故障が完全に癒えておらず、トップフォームにはほど遠い状態だった。特にマ・シャオシューはオーストラリア戦とタイ戦に途中出場し、わずかな時間プレーしているのみだ。

 一方のハン・ドゥアンは90分のプレーこそ少ないものの、前節まですべての試合に出場している。

 そして最終節、ハン・ドゥアンは先発メンバーに名を連ねてきた。対する日本のキャプテンを務めたのは宮間である。この二人は'09年、米女子プロサッカーリーグWPSのロサンゼルス・ソルでチームメイトだった。

ひやりとしたシーンもあったが……中国には貫禄勝ち。

 前半は中国が押し込み、日本が時折カウンターを仕掛けるという展開に終始する。だが日本のDF陣は決定的に崩されていないので、失点の不安は感じさせない。

 後半開始から宮間に代わって安藤が入り、また中国も後半5分にハン・ドゥアンが交代。元僚友はともにピッチを後にした。今大会のハン・ドゥアンには、やはり往時のスピードと迫力がなかった。前出の新華社記者によれば

「この大会を最後に代表を引退する可能性が高い」

 のだそうだ。

 後半に入ってからも中国のペースで進んでいたが12分、日本が得たコーナーキックを岩清水が頭で合わせ、クロスバーに当たった跳ね返りを田中が決めて先制する。そして17分に永里優が前線に投入され安藤との2トップになるとボールが格段に落ち着き、日本の時間帯を作れるようになった。

 あとは悠々とポゼッションして逃げ切りか、と思われた後半43分、GK福元のゴールキックを中国DFが頭で跳ね返すと、日本の最終ラインの裏を突く絶好のパスになってしまう。これに反応して抜け出したシュー・ユアンが福元との1対1に持ち込むが、シュートはサイドネットの外。中国の決定力不足を象徴するようなシーンだった。

 終ってみれば、ひやりとさせられた場面はこれぐらい。日本は控え組中心の先発で臨みながら、ほぼベストメンバーの中国に対し、1-0という数字以上の貫禄勝ちを収めた。

【次ページ】 なでしこが持つ弱点は、果たして解消されたのか?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
岩清水梓
ハン・ドゥアン
マ・シャオシュー
リ・シャオペン
宮間あや
安藤梢
田中明日菜
永里優季
なでしこジャパン
女子サッカー
ロンドン五輪

ページトップ