F1ピットストップBACK NUMBER

さらに進化を遂げていたレッドブル!
スパ初勝利の裏側にあったドラマ。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2011/09/07 10:30

さらに進化を遂げていたレッドブル!スパ初勝利の裏側にあったドラマ。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

ベルギーGPの決勝前日に来季の契約を更新したマーク・ウェバー(右)と、今シーズン開幕前に2014年までの契約を結んでいたセバスチャン・ベッテル。進化し、さらに結束が固くなったチームで、2012年も共に戦うことが決まった

 前日までの雨雲が去り、日曜日のスパ-フランコルシャンは週末を通して初めて完全なドライコンディションとなって、決勝レースのスタートを待っていた。華やかなはずのレースデーの昼下がり、しかし、スパのパドックは異様な緊張感に包まれていた。理由は上位グリッドからスタートするドライバーの多くがフロントタイヤにブリスターを抱えていたからである。

 ブリスターとは、コンパウンドが異常発熱を起こして内部に気泡を作り、表面のゴムが弾け飛んでボロボロの状態になることである。前日の予選は途中から路面が乾き始め、最後のQ3時はドライタイヤを装着してのタイムアタック合戦となった。

 ところが、このアタックで多くのドライバーがブリスターをフロントタイヤに作ってしまった。予選Q3に進んだドライバーは、ベストタイムを刻んだタイヤを装着して、レースをスタートさせなければならない。つまり、ブリスターに見舞われた者は、そのボロボロになったタイヤでレースを開始しなければならない状況で日曜日の朝を迎えていたのである。パドック全体がピリピリしていたのも当然だった。

 その中でも、もっともナーバスな雰囲気に包まれていたのが、ベッテルが今シーズン9回目のポールポジションを獲得していたレッドブル陣営だった。

ベッテル以上に酷い状態だったウェバーのタイヤ。

 ベッテルだけでなく、チームメートのウェバーはさらに酷いブリスターを発生させていたからである。マクラーレンやフェラーリなどもブリスターを発生させていたが、レッドブルほど酷くはなかった。

 その理由を、あるグランプリ関係者は次のように分析する。

「レッドブルはフロントサスペンションに過度な“ネガティブキャンバー”を付けていたからでしょう」

“ネガティブキャンバー”とはマシンを正面から見たときにタイヤの上側が内側に傾くようにサスペンションを調整する方法で、コーナーリング時にフロントタイヤのグリップを増幅させるために施されるセッティングである。高速コーナーが多いスパではどのチームもネガティブキャンバーを強めにしていたが、レッドブルはピレリが推奨する数値を超えたネガティブキャンバーをセッティングしていたのではないかと言うのだ。

【次ページ】 異常事態とみてFIAに特別措置も申請したレッドブル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マーク・ウェバー
セバスチャン・ベッテル
レッドブル
ベルギーGP

ページトップ