SCORE CARDBACK NUMBER

中邑真輔悲願の夏制覇で
匂い高まる“危険な関係”。
~9・19、棚橋弘至と再激突へ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/09/12 06:00

中邑真輔悲願の夏制覇で匂い高まる“危険な関係”。~9・19、棚橋弘至と再激突へ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

 ファンは、本格派のプロレスに飢えていた。特別な年の、特別な優勝だった。

 8月14日、両国国技館で行なわれた新日本の“真夏の祭典”G1クライマックス最終戦。新世代の旗手、中邑真輔が2歳下の後輩、内藤哲也を20分19秒、必殺技ボマイェで沈め、悲願の初優勝を飾った。8度目の出場でようやく夏を制した中邑は、「この9年、近道も寄り道もすべてしたつもり!」と、歓喜のビクトリーフラッグを振りかざした。

 福岡国際センターで幕を開けた今年のG1は、史上最多の20選手が出場し、全10試合で争われた。最後は例年の両国2連戦ではなく、ファイナル興行のみ両国開催。節電の中、会場は超満員の札止めに(主催者発表の観客は1万1500人)。照明を落としたほの暗さが観る者をより興奮させ、優勝決定戦は異常なほどの盛り上がりを見せた。近来なかったG1風景だった。

中邑のテーマは、宿敵・棚橋弘至を蹴落とすこと。

 筆者は戦前、中邑をVレースの本命に挙げていたが(ちなみに対抗は永田裕志)、むしろ遅すぎた初優勝である。

 元青山学院大学レスリング部主将で、'02年8月デビュー。翌年12月、史上最年少の若さ(23歳9カ月)でIWGPヘビー級王座を獲得。デビュー当初は総合格闘技にも手を染め、多彩なヒザ攻撃を武器に、危ないファイトスタイルを確立したスピード野郎だ。

 3歳3カ月年上の宿敵・棚橋弘至を蹴落とすことをテーマに、ブレない精神力を身につけてきた中邑は、優勝達成直後、G1勝利者トロフィーを前に「かかってきなさい」と、王者・棚橋に宣戦布告。9月19日、神戸ワールド記念ホールでのIWGPヘビー級タイトル戦が決まった。今年5月、棚橋に挑戦して敗れており、リベンジを懸けた4カ月後の再王座奪取戦となる。

 中邑と棚橋のライバル関係は、あの「過激な時代」、藤波辰巳vs.長州力の危険な関係の匂いを感じさせる。年内2度目の激突は、いわば「平成の名勝負数え唄」第2章。来春1月4日、東京ドームを睨んだ神経戦がすでに始まっている。

 2人のエース争いが観客動員につながる「劇薬」になれば、しめたもの。プロレス復興の導火線になることを、誰もが願っているはずだ。

■関連コラム ► 山本昌に勇気をもらい、棚橋弘至の逆襲が始まる。~IWGPヘビー級王座奪回へ~
► 「平成名勝負数え唄」の予感漂う中邑vs.棚橋戦。(09/11/06)

関連キーワード
中邑真輔
棚橋弘至
IWGP

ページトップ