SCORE CARDBACK NUMBER

カブスのGM解任に見る、
低迷球団再建の難しさ。
~メジャー独特の補強策を考える~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/09/07 06:00

カブスのGM解任に見る、低迷球団再建の難しさ。~メジャー独特の補強策を考える~<Number Web> photograph by Getty Images

カブスを再生できず解任されたジム・ヘンドリー。2007年にはGMとして福留獲得に携わった

 公式戦も残り40試合足らずとなった8月19日、カブスのジム・ヘンドリーGMが解任された。2002年から10シーズンにわたり、人気球団の舵取りを務め、その間3度のプレーオフ進出を果たした名物GMの更迭は、メジャー球界に大きな衝撃を与えた。オーナーのトム・リケッツは、理由をこう説明している。「我々はワールドシリーズで勝つために、もっといい組織にしなくてはならない。将来のためにも異なるアイデアが必要だと考えた」

 低迷球団を再建することは、常勝球団を維持することよりも難しいと言われる。豊富な資金力を背景に能力の高い選手を獲得する補強策は、シンプルで分かりやすい。その一方で、高年俸の選手の実力を見極めたうえで放出に踏み切り、将来性豊かな若い選手を獲得するには、極めて高い眼力が必要とされる。球団経営・編成能力が問われるのは、オフ期間の補強以上にシーズン途中のトレードと言っても過言ではない。

低迷打破に必要なのは、「先見の明」にあふれる大胆な改革。

 今季、プレーオフ進出を争うインディアンス、ブルワーズなどは、過去数年の端境期を経て強豪チームに変貌した。クリフ・リー(現フィリーズ)、CC・サバシア(現ヤンキース)らのスター選手を放出する一方で、その際に獲得した若手選手が今や投打の主軸を担うようになった。ア・リーグ中地区で好位置に付けるインディアンスのアクタ監督は「数年前は売り手側だったが、その間に獲得した選手が成長して戦える状態になった」と、チーム戦略の結果であることを否定しない。

 優勝争いから大きく脱落したアスレチックスのボブ・メルビン監督代行は、9月のロースター拡大を前に、早くも来季への再建策を口にする。

「若手にとっては貴重な時期。ある意味で、春季キャンプよりも重要な期間になるはずだ」

 マイナーの有望株を実戦で起用し、来季の基盤を固めるプロセスは、チーム力の底上げに欠かせない。

 カブスの場合、高年俸の福留を放出したものの、来季以降へ向けた劇的な変化は見られず、球団トップの人事刷新に踏み切った。低迷打破に必要なのは、「先見の明」にあふれる大胆な改革。メジャー独特のビジネスライクにも映る補強策の裏にこそ、中長期的なチーム戦略が見え隠れする。

■関連コラム ► 移籍か、残留かで揺れた福留、上原、黒田の決断。~シーズン中トレードを巡って~
► クリフ・リーとフィラデルフィア。~23億円以上を袖にした「決断」~

関連キーワード
ジム・ヘンドリー
シカゴ・カブス
ボブ・メルビン

ページトップ