ラグビー日本代表に外国出身選手10人、どう思う?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 9月9日のラグビーW杯開幕を前に、日本代表メンバー30人が発表されました。
今回の代表の特徴は何より、外国出身選手(日本国籍取得5選手を含む)が過去最多の10人ということでしょう。

   ヘッドコーチのジョン・カーワン氏は「IRB(国際ラグビー機構)のルールにも則っている。日本協会の強化が進み、今後はより多くの日本人が代表で活躍することを期待するが、いまはランクを上げるために彼らの力を借りる段階」と話していますが、ラグビーファンの間では賛否両論が起こっています。

   日本代表はこれまで、過去6大会に出場し1勝18敗1分の戦績。
   悲願の“2勝以上”という目標に向かってまい進するカーワン・ジャパンのメンバー選考、あなたはどう思いますか?

●勝つためには当然だ
●10人はさすがに多すぎる
●純粋に日本人だけで戦ってほしい

1-10件を表示 / 全40

すべて| 勝つためには当然| さすがに多すぎる| 日本人だけで戦ってほしい|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 勝つため云々以前に、ラグビーという競技には「国籍」や「出身地」よりも「所属している協会」を優先する文化がある。
    質問と選択肢の設定自体がラグビーというスポーツを理解しているとは思えず、スポーツの専門誌としての見識を疑う。

    くまごろうさん2011/08/26 20:42に投稿

    26
    そう思う!
  • 高校野球の越境入学と同様、これにも違和感が否めません。「このメンバーで勝っても『日本が勝った』と言えるのか?」「それで『日本が強くなった』と言えるのか?」という疑問が拭えないからです。

    外国人選手たちのプレーや練習への取り組み姿勢が日本人選手たちにいい影響を与え、日本人選手たちのレベルも上がるという効果はもちろんあるでしょうけど、コンタクトプレーの多いラグビーでは、やはり彼ら外国人選手たちの戦力的な貢献度は絶大です。

    私は高校野球もラグビーも大好きですし、来るワールドカップももちろん応援しますが、この違和感は私個人の生理的・感覚的なものなので、心の底から素直に肯定することはどうしてもできませんね。

    デュークNaveさん2011/08/26 19:28に投稿

    25
    そう思う!
  • 日本ラグビーは、ワールドカップで勝たないとまったく世間に注目されないわけですから、現時点の日本人選手のレベルでは、ワールドカップに勝つためには要所は外国人を起用する必要があると思います。日本人だけでどこまでやれるかを見るのもいいですが、カーワンは勝つために雇われているわけですから、当面、外国人が多いのもしょうがないと思います。今回のワールドカップで2、3勝すれば、ラグビー人気も高まり、世界的な日本人ラグビー選手ももっと出ててきて外国人にそれ程頼らなくてもいい時代がくるかもしれません。ちなみに10人中、コリニアシ、リーチ、バツベイはほとんど日本で育った選手だし、トンプソン、ウェブ、ライアンも日本国籍を取得しています。彼らは見た目は外国人ですが、日本のために一生懸命プレーしているので、とりあえず今回は皆で応援するべきだと思います。

    ラグビーボールさん2011/08/26 19:49に投稿

    24
    そう思う!
  •  ルール上許されている以上、監督として勝つ人選をするのは当然。そして選手選考は監督の専権事項。その意味では、今回の人選はベストだと思う。
     が、それを理解しても1/3は多い。ワールドカップの成功には、国民の応援(支持)が不可欠。その時もベストメンバーがこれくらい多かった場合(強くなって日本人が多ければいいが)、応援の熱がどれだけ盛り上がるか。今回のW杯で勝っても(2勝以上しても)、スポーツ紙以外も含めてどれだけ取り上げられるだろうか。
     勝つために外国籍のメンバー増ではなく、それを乗り越えた日本人の闘いをみせてほしい。
     サッカーのW杯と単純に比較はできないが、W杯の成功と勝利の喜びを国民として共有するためには、共感しやすい状況は必要だと思う。長期的な強化のベースとして国民の支援は必要では。その意味では今回、外国籍(帰化した選手も含む)の選手は多いと思う。
     
     

    たったこさん2011/08/26 22:15に投稿

    22
    そう思う!
  • プロリーグに外国人(出身)選手が何人いても構わないが、ワールドカップやテストマッチは国の威信をかけて戦うもの。弱くても自国(出身)選手で戦うのが本筋だと思います。そんな事を言えばオールブラックスだってサモアやクック出身者が居るわけだし、日本だけの問題では無くラグビーボード全体の問題になってくるので事は簡単ではないが、サッカーの様にならないものか?これではどんどんサッカーに引き離されて行くようで悲しい。。。
    外国(出身)選手を入れて当面の取り繕いをすれば現監督や執行部にとっては良いかもしれないが、ファンは離れて行きますよ。今、勝つのが重要か、将来を見据えて日本人選手を育てて行くのか?
    ラグビー界に長期的なビジョンを持ったリーダーが現れる事を祈っています。外国出身選手に非は無いが、今のJAPANを応援しても力が入らないのです。。。

    りゅうさん2011/08/27 08:27に投稿

    22
    そう思う!
  • 外国人選手に対するネガティブな感情は全く無いですが、ラグビー日本代表に対して、男女サッカーのワールドカップや野球のWBC、その他のスポーツのオリンピックなどで日本チーム、日本人選手が勝った時に感じる日本人としての誇らしさを同じように感じられるかというと・・・。

    日本ラグビーのレベルアップに外国人の力が必要なのは理解しますが、ワールドカップは国の代表選手達の戦いですから、そこは日本人である事にこだわって欲しい気持ちが強いです。

    勝ったらやっぱりうれしいけど感動はしないかな。

    JKKさん2011/08/26 22:34に投稿

    18
    そう思う!
  • ラグビーに詳しくないが、
    そこまで多くの外国出身選手の
    チカラを借りてまでして、
    W杯で勝利するのはいかがなものか……。

    せめて1~3人までだけしか出れませんとか、
    そういう規定を作ってほしい。

    bomberさん2011/08/26 19:15に投稿

    17
    そう思う!
  • こういうスタイルがあってもいいのかなと思う。
    別にサッカーやオリンピックのような盛り上がり方でなくてもいいと思うし、ラグビーにはラグビーの盛り上がり方があるんだろう。
    良くも悪くもGL突破なんてことになら、3分の1外国人だろうと国民の関心も挽くのでは。
    それが日本ラグビー界が一番望んでることでしょう。
    ただ、これが3分の2外国人になろうとNZ・フランスの組を突破するのは難しい気はするんですが…

    サッカーの話で申し訳ないが、フランスやブラジルがW杯EUROで無類の強さで優勝した際、アフリカ系を筆頭に他民族国家がサッカー界をリードしてと強烈に思った。
    でも現在はイタリア、スペインと前者の両国より保守的な国がタイトルを取り続けてる現実。
    結局、日本人だろうが外国人だろうが裾野の広がりと育成システムの充実が決定的な課題だと思う。
    そして、その国独自のスタイルを発展させることではないでしょうか。

    シチさん2011/08/26 23:33に投稿

    17
    そう思う!
  • 正直なところ、流石に多いと思う一方で、勝つためには使えるルールは使って当然とも思うし、でも、出来る事なら日本人だけで戦って欲しいんですよね。本当は選択肢の3つとも選びたい。
    ただ、やはり10人は多い。実情は知りませんが、ピッチの中でのコミュニケーションが日本語で無いような状況なのであれば、「果たして真の日本代表か?」という疑問は浮かぶし、ラグビーをよく知らない方々にも思い入れの持ちにくさは残ってしまうと思う。
    自身ラグビー経験者で所属協会主義でルール的には問題が無いことは重々承知だが、やはりもう少し何とかならないモノかと思う。
    「トップリーグもレベルが上がった」とは言われるが、FW3列、CTBといったキープレイヤーは外国人頼みのチームが多く、向上の要因は彼らの力によるところが大きい。彼らが定位置確保できなくなった時が初めて日本のラグビーがインターナショナルに近づいたという事なのだろう。

    Schunさん2011/08/27 14:40に投稿

    16
    そう思う!
  • ただ、それでも勝てないことの方がよっぽど問題でしょう。
    要するに、母国で代表になれない選手が「日本なら代表になれる」と来日して、実際に日本人選手より能力が高いので代表入りしている…それだけです。
    …でも、W杯を含めて国際試合に出ても二軍は一軍には勝てない。

    …結局のところ、この人選は日本のラグビーが世界と比べて「発展途上国」だということを証明しているだけと思います。

    ゴーレムさん2011/08/26 20:09に投稿

    16
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ