球道雑記BACK NUMBER

すでに二桁勝利の新生・寺原隼人。
関係者が洩らした“変身”の秘密とは? 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/08/30 10:31

すでに二桁勝利の新生・寺原隼人。関係者が洩らした“変身”の秘密とは?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

入団1年目(2002年)からの勝ち星は、6勝、7勝、0勝、0勝、3勝(ダイエー&ソフトバンク)。2007年に横浜へ移ってからは、12勝、3勝、2勝、4勝。今季オリックスへ移籍してから8月29日までの成績は10勝7敗、防御率2.70

 力みがない、軽く投げている。

 スコアボードに点滅したスピードガンの表示を見て埼玉西武の先頭打者、栗山巧の目が一瞬、点になった。

「あれ? 寺原のボールってこんなだっけ?」

 スピードガンの球速は148キロを計測していたが、自身が知る寺原のボールとはどこか違っていた。

「ポイントがもっと前かと思ったら、思っていたよりはボールが来てなかった」

 その打席、栗山はその誤差を修正してレフト前にヒットを放っているが、彼の目にはオリックス・寺原隼人が今季二桁勝利をあげている理由が、このときなんとなく感じ取れたという。

オリックスのコーチが驚いた“コントロールの良い寺原隼人”。

 その理由とは何か?

 現在、オリックスでバッテリーコーチを務める山田勝彦は言う。

「自分が見た寺原のイメージというのはいわゆる“ぶち投げ系”とでもいうのかな、高校野球をしていた頃の寺原のイメージしかなかったわけですよ。投げてみなければ分からないというね」

 しかし、実際にバッテリーコーチとして彼の配球を指導するようになると、その考えは一変した。

「まず第一印象がこんなにもコントロールが良いピッチャーなんだって思いましたね。これは以前の印象と全く違っていましたね」

 山田の反応は無理もない。

 ホークス時代の寺原は'03年に7勝をあげているが、92回で47の四球を出しているほどけっして制球の良いピッチャーではなかった。

 それが今季はここまで123回1/3を投げて27四球。54回で24四球の昨年と比較してもまるで別人のような制球力だ。

 今季、5回をもたずに降板したのも5月17日の阪神戦の一度だけである。5月23日の巨人戦から7月8日の埼玉西武戦までは自身初の7連勝を飾るなど前半戦のオリックス先発陣を支えた。

 安定感抜群の今季の寺原から、かつてのイメージは払拭した方が良いだろう。

【次ページ】 「球速だけだったら'06年の方が速かった」(栗山)

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
寺原隼人
オリックス・バファローズ
栗山巧
山田勝彦

ページトップ