日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

元日本代表・奥大介が語るW杯予選、
「勝ち抜くための3つのポイント」。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/08/29 10:30

元日本代表・奥大介が語るW杯予選、「勝ち抜くための3つのポイント」。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

アジアカップ優勝や日韓戦の大勝など、ザックジャパンとなってから負け無しの日本代表。着々とチームの基盤は固まっているように見えるのだが……

 ブラジルW杯に向けたザックジャパンの戦いが、9月2日のアジア地区3次予選、北朝鮮戦(埼玉スタジアム)で幕を開ける。初戦の4日後にはアウェーでウズベキスタンと対戦するスケジュールとなっており、スタート時から重要な局面を迎えることになる。

 歴代の日本代表が苦しんできたW杯予選。先の韓国代表との対戦で3-0と快勝して勢いに乗るザックジャパンに、落とし穴はないのか。

 元日本代表MFで現在、多摩大学目黒高校のサッカー部監督を務める奥大介氏に、「W杯予選を勝ち抜くための3つのポイント」を聞いた。

~その1~ 異常な緊張感の中で戦う初戦の難しさ。

【 奥大介 (おくだいすけ) 】
1976年兵庫県生まれ。'94年ジュビロ磐田入団。後に横浜F・マリノス、横浜FC。'98年に代表デビュー、以降'04年まで活躍。'07年現役引退し、現在は多摩高校サッカー部監督など後進を指導する

 奥が現役だった時代、W杯予選で強烈な印象として心に残っているのが、2004年2月18日に埼玉スタジアムで行なわれたオマーン戦だという。直前までジーコジャパンの一員としてメンバーに入っていたが、奥は18人の登録メンバーから漏れてオマーン戦でベンチ入りすることはかなわなかった。

 スコアレスのまま後半ロスタイムに突入し、途中出場の久保竜彦が決勝ゴールを挙げて何とか勝ち点3を奪い取るという苦しい内容だった。

「アジア地区1次予選(今の3次予選)の一発目の試合だったので、この試合を見てまず実感したのは、W杯予選になるとまるで雰囲気が違ったということ。オマーン戦の前にマレーシア、イラクと親善試合をやりましたけど、予選本番の雰囲気をシミュレーションすることまではやっぱり難しいものです。

 予選の初戦となったあのオマーン戦はピーンと何か緊張感が張り詰めたような感じでした。僕はメンバーに入れませんでしたけど、みんな日本を背負っている思いが強かったと思うし、プレッシャーもかなりあったと思う。ホームということで、なおさらその思いを強くしていた感じもありました。

 間違いなく、あの独特な雰囲気のなかで戦う初戦の難しさというのはあった。今回の3次予選もカギは初戦にあると、僕は思っています」

【次ページ】 ~その2~ グループ最大の敵:チョン・テセ擁する北朝鮮。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
香川真司
岡崎慎司
ブラジルW杯
アジア予選

ページトップ