Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<4年間の集大成> 安藤美姫 「揺れ動く感情の間で」 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu/JMPA

posted2010/03/10 10:30

満足感と悔しさ――。5位で演技を終えた彼女から相容れることのない、ふたつの思いが垣間見えた。それはトリノの挫折を乗り越えた成長の証でもあった。

 ふたつの感情の間で、揺れ動いているようだった。

 笑顔ではあった。でもどこか、自分の感情を、自分自身で持て余しているかのようだった。

 2度目のオリンピックに、安藤美姫はいくつもの願いを込めていた。

 今シーズンになってまだ一度も披露することのできていない、心から納得のいく演技をしたい。

 日本代表として自分を選んで間違いなかった、と言ってもらえるような演技をしたい。

 その延長に、メダルを思い描いていた。

 すべては、4年前のトリノ五輪の苦い思いが前提となっていた。大きな注目を集める中で15位に終わったあの日だ。自身でも納得がいかなかったのはむろんのことだが、非難を浴びせられ、潮が引くように去っていった人々に愕然とし、苦しんだ。

 這い上がれたのは、温かく励ましてくれたファンの存在だった。だからこの舞台で感謝したい、トリノの二の舞にならないように、4年分の成長を示したい。

 固く誓って臨んだのが、バンクーバー五輪であり、集大成の演技を見せる場であるはずだった。

「1人でも多くの人に自分のスケートを覚えてもらって、心のメモリーに残してもらえたら、そう思います」

 試合を前に安藤はあらためて、信念を言葉にした。

笑みの消えた硬い表情でスコアを見つめた。

 最終滑走者として迎えたショートプログラム。決意は、冒頭に表れていた。

「(安藤の3回転+3回転に対して)厳しく回転不足を取るような判定は、難しい演技に挑む選手を罰し、競技の未来のためにならない」と、以前モロゾフ・コーチは語っていた

「絶対に取り入れて、成功させたい」

 常に口にし続けてきた3回転+3回転の連続ジャンプに、ついにチャレンジしたのだ。回転不足と判定されたが、そのまま崩れはしなかった。ミスなく滑り終えると、安藤は、キス&クライでコーチのニコライ・モロゾフとスコアを待つ。ようやく、かすかに笑みがこぼれる。得点は、64.76で4位。表情がすっと硬くなった。思ったほど伸びなかった。

「オリンピックは、なんだかんだ、やっぱり(ほかの大会と)違う試合なので。どういう点数が出るかっていう予想はまったくなかったです」

 安藤は、ジャッジからの評価を淡々と受け止めた。

「点数とか順位にこだわらずに、フリーも自分らしさを忘れずに。本当にもう最後だと思ってがんばりたいです」

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 磨きをかけてきた表現力が指先の仕草に込められていた。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ