<結果レポート> ウオッカvs.ダイワスカーレットどっちが強い?

<結果レポート>ウオッカvs.ダイワスカーレット、どっちが強い?

編集部より

 秋の競馬シーズンが始まりましたが、GI戦線の注目馬は女王ウオッカ。貪欲に走り続けるこの牝馬には、この秋も大いに驚かされそうです。

 しかしウオッカの天下に、「いや、ダイワスカーレットがいたら」と夢を抱くファンも少なくないようです。今回の投票でも、ダイワスカーレット支持がウオッカを上回りました。「最強」の定義にもよりますが、ダイワスカーレットの勝ち方がそれだけ圧倒的だったと言えます。

 ウオッカ支持の方は、データや実績よりも、競走馬としての魅力を強く推されている方が多い印象です。また、年々強くなっていっている馬だ、との声も。

 投票されたコメントの一部は、10月1日発売のナンバー738号「秋競馬名勝負伝説 戦慄の名牝」に掲載いたしました。ここでは、掲載し切れなかったコメントから一部を選んで発表します。

ユーザーの声

ダイワスカーレット 67.1%

  • 強さの平均値ならダイワ、強さの最大値ならウオッカに軍配が上がると思うが、全対戦成績でもGI限定の対戦成績でも上回るダイワの方が弱いという結論には無理があると思う。

    ウオッカの方が好きだけれど。 【30代・男性】

  • ダイワスカーレットにはスカーレットがまだ3歳の時に出走した有馬記念で惚れました。

    それまではミーハーな競馬ファンでしたが、3歳の牝馬があのメンバーの中で、あの荒れた有馬記念の中で連対記録を逃さなかったことに感動しました。

    それからは競馬の大ファンにもなっちゃいました。
    牝馬なんかどうせ弱いだろって思っていた自分の考えが180度変わりました。その年のダービーのVTRを見直すとウオッカにも惚れましたw

    どっちも魅力的過ぎて、どっちの方が強いなんて決めたくないです…。体の強さでは間違いなくウオッカで、これからもすごく期待しています。

    ただ、初めて恋した馬はスカーレットちゃんなので、ここではスカーレットに一票入れさせてもらいます。 【20代・男性】

  • 確実にダイワスカーレット
    ウォッカのような牝馬は過去には何頭かいたが、ダイワスカーレットのような馬は過去にはいない。古馬、牡馬とあれだけ競られても負けない勝負根性は立派の一言。なおかつ連帯率が高すぎる。

    この馬はガチで強い

    そう思いませんか?

    とりあえず連に絡むという競馬ファンには最も大事なことをこの馬は分かっている 【30代・男性】

  • 全く違うタイプの、しかも歴史に残る牝馬が同じ世代に誕生したなんて、なんて不幸でなんて幸せなんだろう…。

    観客を惹きつけるパフォーマンスを魅せるウオッカ、対してコース、距離、難なくこなすミス・パーフェクト、ダイワスカーレット。こんなに個性が違うとどちらが強いかなんて比べられないが、あえて言うならば「ダイワスカーレット」。

    やはりあのレースを選ばない安定感。過去の最強馬と呼ばれる牡馬は3歳のクラシックディスタンスに適正距離があろうとも挑戦し、3冠を成し遂げてきた。ダイワが牡馬であれば、恐らくクラシック全て連対したであろう。対するウオッカは…? 最後の直接対決、天皇賞・秋では2センチの鼻差でウオッカに軍配が上がったが、逆にゴール前で差し返したダイワの勝負根性に震撼した人も多いだろう。

    しかし、ダービーに挑戦し64年ぶりに牝馬優勝を成し遂げたウオッカ、37年振りに牝馬で有馬記念を制したダイワ。両馬とも牝馬最強世代を作ったすごいすごい馬! お互いがあってこそ、あのすばらしいパフォーマンスができたのだと思います。どちらも強い!
    【20代・男性】

ウオッカ 14.6%

  • 共に完璧な状態での対決って1回も無かったように思う。
    4歳暮れの時点ではわずかにダイワかなって気もする。

    でも、明けて5歳になってからのウオッカの成長ぶりには脱帽してしまう。ただ、ダイワは5歳になって未出走での引退となってしまったわけで、5歳になって無敵を誇るウオッカとの比較はあくまでも想像の域を脱しない。

    よって共に走っていたころの対戦成績でダイワってことになるかな? だけど、個人的にはウオッカが好きですね。 【30代・男性】

  • 2歳から5歳まで、GIを走る牝馬ってすごいですよね。

    牝馬じゃなくてもすごいけど、しかも、勝っても負けてもそこにドラマがあるし、何かを持ってる馬、である事は確かな気がします。

    デビュー戦もジュベナイルも一番人気ではなかったしPOG(ペーパーオーナーズゲーム)で人気になった馬でもないし、自分で今の自分作った訳だし、私にはオーラを持った馬のような気がします。強いばかりではなくね。 【50代・女性】

その他 18.3%

  • ヒシアマゾン
    確かにウオッカとダイワスカーレットは強いですが、騎手も超一流。

    しかし、ヒシアマゾンは超一流とは言いがたい騎手で出遅れてジャパンカップ2着や無敵だったナリタブライアンの2着になった有馬記念での走りを見ると、もし、あの頃ですと、岡部さんや柴田政人さんがのっていたらと考えると、この2頭の1馬身先にいるようにお思えてならないです。 
    【30代・男性】

  • エアグルーヴ
    ウオッカとダイワスカーレット、どちらも歴史に残る名牝であることには異論はない。しかし、最強の牝馬となるとエアグルーヴを挙げたい。

    ウオッカにしてもダイワスカーレットにしても牡馬を含めたライバルの質の低さと層の薄さに恵まれたという事実は否定できない。エアグルーヴの戦った相手は、バブルガムフェロー、マーベラスサンデー、サイレンススズカ、シルクジャスティス、メジロブライト、エルコンドルパサー、スペシャルウィーク、グラスワンダー、セイウンスカイ、ピルサドスキーなどなどそうそうたる顔ぶれである。その中で天皇賞・秋を勝ち、ジャパンカップは2着二回、有馬記念・宝塚記念3着は凄まじい成績と言って良い。

    そして何より、怪我をした秋華賞以外では掲示板を外さず、グランプリレースにも三度出走。ファンの期待と声援に応えた続けたその姿勢にこそ『最強』の称号が似合う理由だといえる。
    【20代・男性】

言わせろ!ナンバー トップへ戻る

ページトップ