<結果レポート>新チャンピオン亀田興毅を認めるか?

<結果レポート>新チャンピオン亀田興毅を認めるか?

編集部より

 WBCを上回る高視聴率を叩き出した、ボクシングの内藤大助vs.亀田興毅戦。結果を受けて議論が百出しましたので、このお題を掲げました。

 投票結果は、ご覧のとおりで、「勝ったんだから、認めるのは当然だろう!」という強気のコメントをたくさん頂戴しました。このお題の設定自体を厳しく指弾するコメントも、いくつか書き込まれていました。

マスリラ = illustration
http://www.masulira.com/

 支持派のコメントのなかには、若いチャンピオンの可能性に懸けたいという声も。これから亀田興毅選手がどういった防衛戦を見せていくのか、楽しみにしたいですね。

 一方、数では下回りましたが、「認めない」派のコメントは、どれも丁寧に論じられたものばかりでした。読みながら、なるほどと思わされる冷静なコメントが多く、支持派の熱さとは対照的でした。

ユーザーの声

世界チャンピオンとして認めたいと思う 57.0%

  • 試合内容は亀田がスピードで圧倒、内藤には見切れないパンチを都度ヒットさせ、パンチをもらわないポジショニングや出入りも的確で文句のない判定勝ちだったと思います。内藤からタイトルを奪ったという事が立派だし、そもそもタイトルマッチに勝った方がチャンピオン、認めるのが当たり前です。

    しかし亀田の場合はポンサクレックとの統一戦にけりをつけ、その後も強豪との対戦を続けなければ支持は得られないと思うので、パッキャオのようになりたいと言った自分自身の言葉を裏切らず、本物のファイター・ボクサーであることを、ふさわしくないという意見に対して証明していってほしい。

    僕は亀田ファンではないけれどボクサーとしてはピカイチだと思ってるので、亀田が世間に認められた時の日本ボクシング界がどうなるか、ボクシングファンとして楽しみです。 【30代・男性】

  • 認めないという方の意味が解りません。言動がチャンピオンらしくない?ならモハメド・アリ、マイク・タイソン、シュガー・レイ・レナード等の天才ボクサーも認めないのでしょうか?歴史に名を刻む名チャンピオン達と比べれば亀田クンの発言などカワイイものです。

    ボクシングとは己の体だけを武器に1対1で戦う格闘技の中で、世界で最も競技人口が多い格闘技です。世界で競技人口が200人もいないであろうK-1ヘビー級などと一緒に考えられたら困ります。

    亀田クンだけじゃなく、すべてのボクサーは逃げ出したい恐怖と闘いながら鍛練に鍛練を重ねリングに上がります。少しでも鍛練を怠れば如実に結果に表れます。亀田クンが鍛練を怠っているとも恐怖から逃げているとも思えません。

    世界にはボクシングの世界チャンピオンが1人もいない国など、いくらでも有ります。チャンピオンが居れば、皆、英雄です。日本人として日本人同士のボクシング世界タイトルマッチが行われた事を、もう少し幸せだと感じたいものです。 【30代・男性】

  • 試合開始前は王者になっても認めていなかったと思います。
    でも試合が終わり、これから何回も防衛するチャンピオンになれると感じました。

    相手選手へのリスペクトもしっかりしていたし、試合前での舌戦のパフォーマンスなど、盛り上げる為の駆け引きが素晴らしかった!

    やはりああいう所から精神面での闘いは既に始まってたと思うし、実力よりもそういう面でも亀田選手のが上回ってたと思います。

    相手に合わせるボクシングスタイルも素晴らしかった。手数は少なかったように見えたが、的確に内藤選手にパンチを与えていて、KOこそなかったものの挑戦者なのにチャンピオンのようにも見えました。

    今後の亀田選手には人間面でも更に成長してもらって、日本が世界に誇る闘犬になってもらいたいと思います。 【20代・?】

  • チャンピオンとして認めるかどうかについては、結果を出したのだから当然認めるべきだ。

    一方で「尊敬する」「好き」かどうかはファン次第だろう。少なくともあの言動は日本人の民族的価値観と明らかに相反するのは事実だ。

    ただし「尊敬される」「好かれる」チャンピオンもいれば、「嫌われる」「憎まれる」チャンピオンがいてもいいのではないか。 【30代・男性】

  • まだふさわしくは無い。亀田がポンサクレックのみならず、ドネアやアルセといったビッグネームを完膚無きにまでに叩きのめすというような、センセーショナルなことをやってのけた時はチャンピオンにふさわしい偉大なボクサーだと尊敬できる。

    しかし、内藤に消極的な戦い方で勝ったからって、こりゃすごい!なんて今はまだ到底思えません。だが、内藤を倒したチャンピオンには違いないのでその事実だけは認めたい。 【30代・男性】

  • 質問する意義を見出せない。弟と違って反則した訳じゃないし、きちんとしたボクシングでタイトルを取った。どこが悪いの?
    【30代・男性】

  • 試合を観た人は明らかにどちらが強いかわかっているだろう。

    亀田は戦前の舌戦で内藤を挑発するなかでも、ボクシングを喧嘩ではなくスポーツと位置付けて戦っていた。だからこそポイントを意識しながらフルラウンド戦ったのだと思う。作戦勝ちとしかいいようがない。

    そして、時折繰り出される左ストレート。内藤の盛り上げるという気持ちは伝わったがそれだけでは勝てない。左を制する者が世界を制す。その通りの試合だった。 【30代・男性】

世界チャンピオンとしては、ふさわしくないと思う 29.1%

  • まったくふさわしくない。

    内藤選手が打って出たから試合が面白くなったわけで、亀田が打って出ていたら勝てる相手では無い。それをわかっているから、自分の実力をわかっているからアウトボクシングに徹したわけで、相手が同じタイプのボクサーだったら恐ろしく退屈な試合になっていた。

    プロがお金を取ってする試合ではない。パッキャオの名前を出すこと自体が恥ずかしいこと。まったく次元が違う。 【30代・男性】

  • 今回は「判定に疑惑ありだが、亀田にうまくやられた」感じだと思う。

    構造は複雑ですが、整理すると、

    1) 亀田は怖くて中に入れず、消極的なアウトボクシングだったのが、結果ポイントを稼いだ。
    2) 亀田は故意と偶然を巧みに使い分けたバッティングで内藤の鼻を折り、パンチで腫れさせ、有効打に見せた。
    3) その稼いだポイント自体、どう見ても互角の序盤からなぜか大差がついていた。

    1) と 2) だけなら海外のずる賢い選手の常套手段で、内藤もここは覚悟していたはず。僅差の判定で面白い試合になっていたと思うが、3) は何か大きな力が働き、台無しにしたのでは? と思わざるをえない。

    今まで常に引退を進めていた奥さんが言い放った「このまま終われない」という言葉が全てを語っていると思う。私も、子供達に『武士道や正義について』を教えたいので、何とかもう一度戦って欲しいと願っている。 【40代・男性】

  • 亀田興毅選手はビッグマウスの割に、ボクシングが面白くない。

    謙虚であれば面白くないボクシングでも構わないが、ビッグマウスであれば面白いボクシングをして欲しい。また、亀田興毅選手には謙虚さがない(ように感じる)し、可愛げもない。

    チャンピオンとは強いだけでなく、強さゆえに人々からリスペクトされるべき存在。相手をリスペクトしない人間は、人からはリスペクトされない。

    ただ、救われるのは、内藤選手が現役を続行すると報道されていることについてのコメントで、
    「あの年ですごいですよ。いつまでも現役で。おれがあの年なら100%やってないわ。それで世界でやってるからね。すごいと思いますね」と言ったこと。

    もう少し謙虚さがあれば、チャンピオンとして認めることができる。
    【30代・男性】

どちらともいえない 13.9%

  • 正直複雑ですね……。アスリートとしての実力は文句無しに認めますが、彼を認めるとボクシングの価値が損なわれる気がするので。

    世界タイトルに価値があるのは、そこに至る道程が困難極まるからでしょう。過程を省略し勝てる相手だけを選んで、金と政治力で勝つまで挑戦する……それが当たり前になるならボクシングの魅力は半減する気がします。

    普通に日本タイトル取って正当な道のりを歩んでくれば応援したんですが、勿体無いですね。
    【30代・男性】

  • もはや「世界チャンピオン」という称号自体が有名無実化しており、「世界チャンピオン」=「世界で一番強い」という図式が成り立っていないので、認める認めないというより、そういう「呼び名」が付いただけのことだと思います。

    そもそも冷静に見てあのタイトルマッチが、ボクシングとして面白かったかというと疑問符が付きます。

    特に亀田選手に限って言えば、若さもアグレッシブな姿勢もチャレンジングスピリットも、ましてや強さも感じませんでした。

    また、リング外とリング上のキャラクターというか振る舞いにあまりにもギャップがありすぎて、「エンターテインメント」という観点からみても非常にお粗末だったと言わざるを得ません。

    本人というより周辺の大人の責任でしょうが、キャラ設定が甘すぎて、チャンピオンとしてどうこう以前にプロとしてアウトだなと思いました。 【40代・男性】

言わせろ!ナンバー トップへ戻る

ページトップ