言わせろ!ナンバー<結果レポート>対戦国決定! 日本代表、南アW杯での目標は?

<結果レポート>対戦国決定!日本代表、南アW杯での目標は?

編集部より

 今年はワールドカップ・イヤー。対戦国が決まって、ようやく本大会での日本代表の戦いかたを真剣に論じられるようになりました。組み合わせが決まって、みなさんがどう感じられたかをお尋ねしたくて、あえて「日本代表の南アW杯でのノルマは?」というお題を再び掲げました。

 結果はご覧のとおりですが、ポジティブな意見が予想していたより少なくありませんでした。ノルマ=(イコール)目標ではありませんが、やはりみなさん、日本代表にはこうあってほしいという希望を書き込まれていました。

マスリラ = illustration
http://www.masulira.com/

 印象的だったのは、「その他」に多く書き込まれていた、「日本らしい戦いぶりを見せること」というノルマ。
勝ち点うんぬんよりも、大事なのは中身だというわけですね。前回大会で日本らしい戦いができなかったことを、問題視しているかたがたくさんいらっしゃいました。

ユーザーの声

とにかく1勝 41.3%

  • 前回ドイツ大会の組み合わせより厳しいグループになった。
    オランダ・デンマーク・カメルーンはいずれもFIFAランキングが日本より上。簡単に勝てる相手ではない。

    岡田監督は「ベスト4を目指す」などと言うが、どれだけ世界の失笑を買っているか全くわかっていない。大風呂敷を聞いてるこっちが恥ずかしくなる。「身の程知らず」と世界から馬鹿にされるのが関の山。

    とにかく1勝を。3戦全敗で世界の笑い物になるのだけは止めてもらいたい。 【40代・男性】

  • 日本は、完全に舐められてるでしょ!
    レアルマドリード所属の代表選手の合同記者会見でファンデルファールトが日本戦についてコメントしている最中に周りの選手が失笑していましたよ、久々にハラが立ったわ!

    しかしながら、だからこそ、そんなやつらを倒したときの喜びは計り知れない。オランダもデンマークもカメルーンも、そして彼らのファン達も我々のことを舐めて舐めて、舐めまくってほしいですね! 是非とも我が侍ブルーは、そんなやつらを一網打尽にすべく「スコーン!」かましたってほしいですわ!

    ということで、「とにかくまず1勝」です、1勝2敗ではもちろんありません、「一戦必勝」のための「とにかくまず1勝」です。

    予選突破のためには、どのチームに勝って、どのチームには引き分けて、最悪このチームには負けても良い、などと日本代表は言えるレベルでしょうか? 僕は星勘定できるレベルでないと思う、全チーム格上か同格だ!

    WBCで優勝した原監督でさえ、「目標は優勝だが、先のことは考えず、一戦一戦を大事に戦っていく」とおっしゃていた、正にそういう心中でいたからこそ、途中多少の躓きがあったとしても、最後まで心折れず、目的を達成できたのだと思います。人事を尽くして天命を待つ、あれこれ考えず、監督、選手には目の前の「一戦」に集中してほしいです、又、周りの我々もそういう雰囲気を作っていった方が良いでしょう。

    その結果、監督が目指すベスト4になるのか、全敗するのかわからないですが、気持ちだけは選手もファンも、相手方に負けたくない! 3つ全部勝ちに行くつもりで行きましょう! 【30代・男性】

  • 自国開催を除けば1勝が出来てないので1勝を目指すべき! 岡田監督のベスト4という目標はモチベーションを挙げる為に言ったメッセージだと私は捉えています。

    現状の日本代表の実力なら、初戦カメルーン、最終戦デンマークなら勝つ可能性は大いにあるのでは!? オランダ戦は引き分け覚悟で!

    そうすれば結果的に予選通過の可能性も見えてくるはず。
    頑張れ日本代表! 【30代・男性】

決勝トーナメント進出 14.7%

  • 日本も4大会連続出場なので、アジアの代表としてアジア枠の確保のためとにかく決勝トーナメント進出を目指してほしいが、正直、岡田監督の采配を見る限り無策で勝ち点1をとるのが精一杯ではないかと考える。

    目標ベスト4と掲げているが、机上の空論で現実を見ていないと思う。 【30代・男性】

  • 岡田監督が掲げる「ベスト4進出」は、意気込みとしては評価したいのですが、現実を見据えた確実な目標が今は必要だと思います。

    その意味においても、一次リーグ突破の決勝トーナメント進出が、今の日本代表に確実に果たしてもらいたい目標(結果)であると思います。 【40代・男性】

  • 前回大会よりも厳しい組合わせなので(これが普通で前回が運がよかったのだと思うが)、現実問題としてはまずは1勝が妥当なところ。

    しかし自国開催というアドバンテージがあったとはいえ、すでに決勝トーナメント進出を果たしたことのある日本がそんな小さな目標でいい訳がない。決勝トーナメント進出を目標にすべき。

    もちろん選手はより高い目標にチャレンジしてもらいたい。
    【40代・男性】

前回大会(勝ち点1)以上 10.7%

  • ベスト4という目標は非常にナンセンスだと思う。現在の強化は日本サッカーの長期的な強化に繋がっているのだろうか。

    日韓大会では決勝トーナメントに進出しているが、ホームアドバンテージと組み分けを考えれば、参考記録と捉えるべき。前回は初めて本物と戦ったワールドカップであったが、勝ち点1に終わった。

    (一概に比較は難しいが)前回よりも戦力が劣る中で掲げるべき目標ではない。今後の日本サッカーの指標となるような戦術で、目の前の1試合1試合を積み重ねていくことが、将来の強化に繋がると思う。

    長期的な目標としてのベスト4であれば賛成であるが、今の日本の強化は付け焼き刃に感じてしまう。今大会が終わればまたリセットされてしまうのではないか。

    “日本サッカーはこれだ”というものが創り出せたら、決勝トーナメントにいかなくとも成功だと思う。

    ワールドカップで真剣な強豪と対戦する日本戦を沢山みたいが、まずは前回大会よりも勝ち点を重ね、かつ将来にも繋がる日本サッカーを示してもらいたい。 【30代・男性】

ベスト8以上 5.3%

  • '98年フランス 勝ち点0、'02年日韓 ベスト16、'06年ドイツ 勝ち点1、
    普通に考えたら決勝トーナメント進出だから、あえてベスト8以上としました。

    '02年の日韓大会は、世論、トルシエ、サポーター、私も(笑)ベスト16が目標であったと思う。それゆえ、グループリーグ突破後、明らかに「満足した雰囲気」が日本全土に蔓延していた。

    特に解説で憤慨していたのが今の岡田監督であった。

    ただ、私が個人的に願うのは勝ち負けで無く、とにもかくにも、選手達が全力を出し、見る者に感動を与えるしびれる試合をして欲しいと祈ります。

    '97年ジョホルバールでの試合は今思い出しても、涙が出てくる。選手達は明らかに持てる力の全てを出していた。そしてそれは我々サポーターにも伝わってきた。

    '02年のイタリア戦の韓国代表も人種の枠を越えて、持てる力の全てをぶつけ合い、歴史とか言語とかが吹っ飛んでいった。

    感動を与える試合を! それに「成績」という数字が付いてきたら最高なのでは? 【40代・男性】

その他 28.0%

  • カメルーンには直接対決で負けたことがないとはいえ、対戦する3カ国は全て日本より世界ランクで上位です。

    勝ち負けにこだわると厳しいかもしれませんが、しかし、独自のものでなくていい、他国のスタイルを取り入れた形でも良いから「岡田ジャパンとはこういうチームなのだ」ということを世界中に示してほしいと思います。 【10代・男性】

  • むろん指揮官のいうベスト4です。

    ノルマと目標は別のものであり、その意味でベスト4を目標に掲げることは間違っていないでしょう。たかってくるメディアをいなし選手を鼓舞するという付随要素を考えても岡田監督の手腕が浮かび上がってきます。

    そもそも岡田監督は日本トップクラスの指揮官であり、その岡田JAPANの敗退は単に指揮官の腕というよりも日本の指導者・選手・スタッフ・メディア・サポーターすべての面で成熟していなかったという事実を表すに過ぎません。

    四の五のいわずに彼に希望を託し、いかなる結果も受け入れ、それを包括的に受け止めて今後の肥やしとしていくことこそが重要なはずです。たかが後進国の日本が戦犯を血眼になって探し、自らの抱える根本的な未熟さを覆い隠してしまうのでは、永遠に欧州や南米かぶれの「サッカー」を知らない国という現状を打破できません。 【10代・男性】

  • 目標は優勝。

    オシム前監督の影響なのかわからないが、日本には代表チームについてはとにかく批判的に見るのが「サッカー通」という風潮があるような気がしてならない。それはおかしいと思う。

    現実と目標は別物。「目標は優勝」と述べた私自身もこれがあまりにも非現実的な目標であることくらい理解しているつもり。しかし私は非現実的であっても高い目標に向かって本気で努力する日本代表の姿を見たい。そういう努力をしてくれるなら結果は全敗でも応援してよかったと思える。どうせ応援しているだけで試合には出ないのだから。

    日本代表に求めるものは人それぞれ。だから非現実的な見方をする人がいてもいいと思う。だから「ベスト4」と言い続ける岡田監督はそれだけで私は尊敬できるし、こういう無謀な目標を立てる人を批判するオシム前監督には反感を感じる。 【20代・男性】

言わせろ!ナンバー トップへ戻る
言わせろ!ナンバー トップへ戻る


Numberオリジナルグッズ作成

937

最強は俺たちだ。
~秋競馬GI頂上決戦~
10月12日発売 目次を見る
最新号表紙

サッカー日本代表コラム

一覧へ
サッカーU-17W杯で最大の山場が!最強イングランドに日本は勝てるか?
[“ユース教授”のサッカージャーナル]
サッカーU-17W杯で最大の山場が! 最強イングランドに日本は勝てるか?

2017年10月17日

PR

文藝春秋の新刊紹介