<結果レポート> 日本の柔道は弱くなったのか?

<結果レポート>日本の柔道は弱くなったのか?

編集部より

 この投票を始めた時点では、まだオランダでの世界柔道は始まっていませんでしたが、心配していたとおりの結果が出てしまいました。女子は力強さを見せましたが、男子は金ゼロという悪夢のような成績。「日本の柔道は弱くなったのか?」と、あらためて問いたくなります。

 ひと足早いご意見募集となりましたが、みなさんからの意見はどれも深く、しかも静かな怒りに満ちたものばかり。一部は現在発売中のナンバー736号に掲載いたしました。ここに紹介するのは、載せ切れなかった論考。

柔道とJUDOは違うという意見から、そもそも日本の柔道界の取り組みを根本から疑問視する意見まで、たくさん投稿をいただきました。日本の柔道が弱くては困る! という国民の声を、柔道関係者の方々もしっかり受け止めてもらいたいものです。

ユーザーの声

もう日本の柔道では世界一になれない 30.5%

  • 柔道がこれだけ世界に普及しグローバル化が進めば「柔道は武道だ!」の日本流概念は世界に通用しない。

    多勢に無勢だ。

    現にIJFに日本人理事は一人もいないではないか。今世界で行われているのは「JUDO」であり「柔道」ではない。世の中の動きについていけないのなら、日本柔道は世界からどんどん取り残されるだろう。

    どうしても「柔道は武道だ!」というのなら、IJFを脱退すればいい。
    ただし、日本は世界から孤立する事を覚悟せよ。 【40代・男性】

  • 北京五輪の結果を見ても、世界との距離が縮まっているのは明らか。世界のトレンドになっている「組ませない技術」や「倒す(転がす)技術」への対応が必要でしょう。

    ルール改正という裏技もあるが、やっぱり柔よく剛を制して欲しいものです。ということで、アマレス日本代表との交流練習なんてどうでしょう。乱取だけでお金がとれると思うんですが、柔道連盟さんいかがでしょう? 【20代・男性】

  • 近年日本の柔道は国際大会において、過去ほど結果がでていないという事実が確かにある。もちろんルール改正などにより従来では柔道と呼べないスポーツになってしまったという意見もあるかもしれない。

    しかし、定められたルールに従ってするのがスポーツであり、それに順応していく必要もある。同様の例でスキージャンプがあるが、これもルール改正により日本が不利になった。近年ではそのルールに対応しようとコーチを欧州から呼ぶなどしている。

    もちろん日本の柔道が従来の一本を狙うスタイルを崩さずに世界と対等に戦えるなら問題はない。しかし結果では世界一とは呼べないものになってきている。

    スタイルを変えないことで柔道王国の名を残すか、世界一の称号で柔道王国名を残すか、今はその岐路に立たされている。
    【20代・男性】

日本の柔道は世界一で、何ら問題ない 21.7%

  • 私は今まで日本以外の国の柔道の方が強いと思ったことはありません。

    ただ、他の国は柔道に対する考え方が違うと思います。日本のようにキレイな勝ち方を求めてはいないのではないでしょうか?

    元々、武道ですから、勝たないとしょうがない、意味がないとも思いますが、真っ向勝負を挑む日本の選手の柔道が世界一華麗で強いと思います。他の国のように勝ちだけを求めるようならば、世界の大会から一線を引いてもいいのでは?とさえ思ってしまう事があります。

    力任せやトリック的な技を仕掛けてくる海外の選手を、真っ向勝負で投げ飛ばしてもらいたいと思います。 【40代・男性】

  • 世界一です。

    大きな舞台での、敗戦へのプレッシャーは日本代表選手が世界一感じているのではないでしょうか? 競技のワールドワイド展開(普及度)を考えれば、競技人口の増加も手伝い、なかなか日本人の思うようにいかないこともありますが、町道場の数や、指導者の数と質、なんと言っても畳も含めて考えれば、余裕の世界一でいいじゃないですか。 【40代・男性】

どちらでもない 47.8%

  • 日本の柔道は体格や力で制するよりは、技術で制する柔道だと思います。今まではその技術で1歩先をいっていたものの、最近は他国の選手も技術を磨き、日本選手との差も少なくなってきたと感じます。それに加えて体格や力の差が躊躇になってきた感じもします。

    しかしながら、体格や力だけで勝てる競技ではないと思いますし、まだまだ技術を磨く余地もあると感じますのでこれからの日本選手に期待です。

    スポーツ全体に言えることだと思いますが、1度や2度の不振でその競技を語るのはちょっと違うと思います。最近で言えば五輪で惨敗した後でWBC連覇を果たした野球などの例もあります。例えばその野球で「日本プロ野球>米大リーグ」になったかと言われれば違うと思いますし、常に世界一で有り続けるというのは簡単な事ではないですし、数回の不振でどうこう言うべきものでもないと思います。 【?代・男性】

  • 現在国際社会となり様々なモノが便利となりヒトや情報などを含めて多くのものが海外との交換をすることができるようになった。こういった時代背景は柔道も例外ではないのではないか。

    様々な交換によって今まで遅れていた国が追いついてきただけで日本の柔道が弱くなったわけではないのではないか。 【20代・男性】

言わせろ!ナンバー トップへ戻る

ページトップ