言わせろ!ナンバー<結果レポート> かおる姫と浅尾美和、応援するのは?

<結果レポート>かおる姫と浅尾美和、応援するのは?

編集部より

ビーチバレーは、浅尾美和選手の登場で一気にメジャーになった印象があります。菅山かおる選手の参戦で、美人アスリート路線に拍車かかったようで、スポーツファンの一部には眉をひそめる人もいたようです。どちらも応援したくないと、この投票そのものに不快感を示すファンもいました。一方で、人気選手が牽引しないと「見せるスポーツ」としては成立しない点を見抜いた、深いコメントもありました。

投票総数は多くなかったですが、女子アスリート、人気スター選手をテーマに、またいずれ議論できると楽しいですね。

ユーザーの声

菅山かおる 41.9%

  • 菅山かおるを応援します。

    浅尾美和は、何年も同じペアでコンビネーションを組んでいるのに万年3位で勝ちきれない弱さがある。その点かおる姫は勝負強さに期待が持て、今後が楽しみに感じられる。 【30代・男性】

  • かおる姫は室内での実績は十分だと思うので、経験を積んでいけば必ず勝てる選手になると思う!

    浅尾美和は、ルックス等の話題先行感が否めない!ルックスや話題で行くのであれば、かおる姫も浦田選手も十分ある!結局最後は勝ってなんぼ! 【30代・男性】

  • かおる姫の新しいコンビですが五輪を目指せる期待感があります。リベロやアタッカーの経験がとても生きると思いました。ビジュアルもいいですね。

    浅尾選手のチーム、今期は良い成果が出ていますが、ただ他のチームがパートナーを変えていることがあると思います。今シーズン終盤に上位にいなければ期待は出来ないでしょう。

    他のチームはロンドンを目指してこの時期に変えたんのでしょうね。 【?代・男性】

  • 30歳を超えてビーチで再起を目指す姿勢には感動します。技術・体力・精神力がタフな世界にもう一度挑戦する大変さ、美しさでバレーはするものではないので、ブランクはあるが、オールラウンド選手で上手かったので慣れれば結果は着いてくると思います。頑張って欲しいです。 【30代・男性】

  • 今年に限っては菅山。

    浅尾は参戦して時間も経っているし未勝利とは言えそれなりの結果も残している以上、相手がいくらバレーボール日本代表経験者と言えどもぽっと出の新人には勝って当然。勝って当然の方を応援しても面白くないという個人的信条により、菅山を応援する。
    【30代・男性】

浅尾美和 19.4%

  • ビーチバレーをここまでの人気競技にしたのは浅尾美和の振りまくアイドルとしての笑顔とアスリートとしてのひたむきなプレーが導いたものであるし、ビーチバレーという競技は『魅せる』ことに対して他のスポーツよりも一層フォーカスされたものであるべき。

    かおる姫はその名前とは裏腹に、非常にアスリート然としていて『魅せる』姿勢が物足りない。 【20代・男性】

  • 日焼けが似合う浅尾美和のほうがカワイイ→応援する
    【30代・男性】

  • 今まで自分が先駆者としてビーチバレー人気を支えてきたというプライドがあるだろう。
    新参者に負けるようでは、今までの事が否定されてしまう。
    ビーチバレーをメジャー競技にした功労者として応援する。
    【40代・男性】

  • バレーボールからの転向ではなく、実業団を経由せずにビーチバレーに取組みし、知名度を高めることに貢献した浅尾に頑張って欲しい。マスコミにはルックスではなく、そうしたことをもっと取りあげて欲しいし、もっと評価されて良い点だと思う。【30代・男性】

どちらともいえない 38.7%

  • ビーチバレーに関しては、毎回内容なんてどうでもいいようなニュースばかりなので興味がもてません。スポーツニュース等でいつも目にするのは、浅尾美和、だけ。今年から菅山かおるも。しかも優勝したというのを今まで一度も聞いたことがないにもかかわらず。優勝した人たちはほんとかわいそう。殆どテレビには映っていないですよね。

    結局、実力よりも容姿重視って姿勢がどうも納得できません。 【30代・男性】

  • 私は女性アスリートを見るうえで、外見から入るのではなく、実力・姿勢に惹かれて選手を見る傾向がある。たとえ容姿が評判になっても、競技自体の力が無いのであれば自分の中では魅力のない選手になる。実力では浅尾選手の方が上回っているが、菅山選手は転向間もない選手。単純に比較するのは酷だ。ただ、共通して言えるのは、世間から「ルックス>アスリート」で見られている事ではないだろうか。「かおる姫、水着封印」だけでニュースになるのだから。(ちなみに、「かおる姫」という愛称は好きではない。)本人も、「ビーチバレー」を見てほしいのではないだろうか?

    私はもともとバレーボールが大好きで、多くの試合を観戦してきた。そうした思い入れもあってか、菅山選手を応援したいという思いも多少はある。しかし、ビーチバレーをより盛り上げてほしいという思いも込めると、どちらを応援するというのは決められない。決着をつけるのはビーチの上で。 【20代・男性】

言わせろ!ナンバー トップへ戻る
言わせろ!ナンバー トップへ戻る

(更新日:2009年6月8日)

ソーシャルブックマークに追加:

  • Yahoo!ブックマークに追加
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlに追加
  • FC2ブックマークに追加
  • newsingに追加
  • イザ!に追加
  • deliciousに追加

Numberオリジナルグッズ作成

934・935

日本代表 運命の一戦。
8月24日発売 目次を見る
最新号表紙

PR

文藝春秋の新刊紹介