<結果レポート>W杯で同組になってほしい強豪国は?

<結果レポート>W杯で同組になってほしい強豪国は?

編集部より

 いよいよワールドカップの対戦国決定が近づいてきました。「ベスト4を狙う」という岡田監督には賛否両論あるでしょうが、「ベスト16は狙ってほしい」というのが多くのファンの偽らざる心境ではないでしょうか。

 となると大いに関係してくるのが、グループリーグでどの強豪国(おもに第1シード国)と対戦するか、です。そこでみなさんに、どこと対戦したらよいかをお聞きしたわけですが……。

 1位は、スペイン。ガツンと来ました。どうせダメなんだから、負けるなら最強の相手に、という後ろ向きの意見が多く寄せられました。なかには、グループリーグを突破するなら2位狙いで、うまく2位に滑り込むには最強スペインと同組のほうが勝ち点の計算がしやすい、という戦略を披露してくれた方も。

 2位は、マラドーナ監督のアルゼンチン。付け入るスキのありそうなチームに見えますから、票を集めました。メッシやアグエロがどれだけすごくても、日本が組織的に守れれば勝ち点1は取れるのではないか、という意見ですね。

 3位のイタリアは、ディフェンス重視のチームなので、大量失点せずに済みそう、という理由で票を集めました。日本もディフェンス重視で行けば、うまくすればスコアレス・ドローに持ち込めるかも、という淡い期待は抱かせます。先のコンフェデ杯での印象もあるかもしれません。

マスリラ = illustration
http://www.masulira.com/

 そのほかでは、オランダ、イングランドを挙げる人がいる一方、ドイツは対戦相手としても不人気でした。ドイツには、言いわけできないほどコテンパンに潰されそうな印象があるからでしょうか。

 出場32カ国が決定しましたので、日本にとってのベスト・ワーストの組み合わせを考えておくと楽しいかもしれません。組み合わせ抽選が完了したところで、みなさんの感想を大々的に募集したいと考えています。

ユーザーの声

スペイン 36.5%

  • 「日本はスペインを見本にするべき」ということが話題になっている。ならば実際に戦って日本代表にスペインサッカーを体験してもらって見本にすべきところがどこなのかを見極めてもらいたい。これからの日本サッカーの発展のために対戦してほしい。

    それにグループリーグでは2位まで決勝トーナメントに進めるのでスペインと同組になり2位狙いで決勝トーナメントに進み、決勝トーナメントは一発勝負なので今や世界一といわれるスペインとはベスト4の目標のためにも決勝トーナメントでは後のほうに対戦したい。 【20代・男性】

  • 波乱が最も起きる可能性が高い試合はグループリーグ初戦だと思っている。

    フランスW杯でのグループリーグ初戦のアルゼンチンは最悪だった。

    またグループリーグで当たった相手とは通常決勝に行くまで再戦する事が無いので、グループリーグにはなるべく強いチームと同組になった方が良いと考えます。それと純粋に今後の糧となる為。選手達が真剣勝負の場でスペインと当たる機会はそう無いと思う。それをW杯の舞台でそして、もし"波乱"が起きたらこれは今後の彼等の自信にもなるし、フットボールの人生観が変わるのでは?

    それゆえ初戦は世界最高と言われるスペインとの対戦を見てみたい。 【40代・男性】

  • サッカーのスタイルを手本にすべきと言われることが多いスペインとガチンコで勝負をして、本当のパスサッカーがどういうものかというのを思い知らされて欲しい。

    イタリア、ドイツ、イングランドとは、日本が最高のコンディションであれば良い勝負ができると思う。どこと当たっても前回のような残念な試合だけはして欲しくないね。 【40代・男性】

  • どことあたってもグループリーグ突破は難しいので、現時点での世界一の国、スペインとあたってほしいです。

    その試合で日本サッカーの将来のためにたくさんのことを学んで帰ってきてもらえたらと…… 【30代・男性】

アルゼンチン 17.7%

  • 1998年のフランスW杯グループリーグ全敗の借りを返すため、当時の対戦国のうち今回も出場するアルゼンチンが同じ組になってほしい。

    返り討ちにあう可能性のほうがもっと高いと思うけど…。
    【40代・男性】

  • 上記の国々はいずれも個々の能力では日本代表を遥かに凌いでいます。となれば、個の能力+組織力+監督采配などの総合力で上回るしかありません。

    この中でそんな国はアルゼンチンしかないと思います(マラドーナ監督続投ならですが)。戦術もろくにないようなチーム相手なら日本代表でも何とかなると思いたいです。あとはアルゼンチンがメッシ、アグエロあたりを欠いてくれればなおよしですが…。

    ちょっと日本代表をみくびりすぎでしょうか? 【20代・男性】

  • アルゼンチンはメッシやアグエロ、テベスなどすごいFWが揃っているので、日本がその攻撃に対してどのように守って、攻めるかを見てみたいからです。 【10代・男性】

イタリア 11.4%

  • 勝ち抜くという意味で選ばして頂くとイタリアです。

    対戦の順番次第では無理をして勝ちにこない可能性があるので引き分けの勝ち点を取れるのではないでしょうか?

    第三戦で対戦するのを前提にアフリカか北米/南米のどちらかに勝ち、どちらかに引き分ける。イタリアがこのどちらにも早々に勝って第三戦でイタリアならば無理して勝ちにこないので引き分けて1勝2分で勝ち点5で突破というのがシナリオです。

    関係ないですが、対戦を見たいのがイタリアとイングランドです。カペッロとリッピの駆け引きがどうなるのか? 対戦するとなれば先ずは舌戦から始まると思うしマスコミ(特にイタリアの)も盛り上がるのは必至と思いますね。 【40代・男性】

  • さりげなくやられそうだから。多分0-1で。お互いそんな傷つかない結果でお願いします。

    その他はカメルーンとスイス辺りが同組の希望。勝てる確証はありませんが。ついでに言うと私の優勝候補筆頭はアルゼンチンかブラジル。欧州での大会以外は全てこの2チーム(ウルグアイもあったか)が優勝してますので。 【40代・男性】

イングランド 8.3%

  • 「じゃあシード国と引き分けできるところは?」で純粋に選ぶとここしかない、というのが理由。他は引き分けすらきついのでは。ブラジルがムラっ気を起こせばまた別だが…。

    シード国と引き分け、残り2つを勝ちと引き分けの勝ち点5を取る気でいかないとグループリーグは突破できない。11年前の「1勝1敗1分け」という甘い言葉は聴きたくないですよ! 【30代・男性】

オランダ 7.3%

  • 日本はフィジカルよりもテクニックで勝負してくる国の方が勝ち目がある。

    スペインかオランダだが、スペインの完成されたサッカーには到底勝ち目がない。オランダならば、親善試合で見せたような少しもろい部分がある。 【20代・男性】

その他 7.3%

  • セルビア
    前大会での守りのセルビア・モンテネグロ(本大会では崩壊したが)から、今大会予選は攻めのセルビアに大変身し、フランスを抑えての1位通過。ユーゴスラビア時代の黄金世代とはまた違った、楽しみなチームになっていると思う。

    ユーゴスラビア~セルビア・モンテネグロと何度か日本にも来て親善試合をやっているが、ユーゴファンである私でも知らない若手選手(2軍どころか3軍くらいか?)を送り込んでくる。それでも日本のA代表相手になかなか面白い試合をするので、日本くらいなら若手発掘のちょうどいい相手として送り込んでるのかもしれないが…。

    が、しかしやはりトップチーム同士の試合がいい加減見てみたい。現役時代、名古屋グランパスでのピクシーと、代表に戻ったときのピクシーのプレースタイルの違いを目の当たりにし、感動したのを覚えている。

    W杯であたりでもしない限り、本気のセルビアvs.日本は見れないような気がする。 【20代・男性】

  • 死のグループに入って欲しい
    参加する全ての国が強豪と思う。だから強豪1チームより「死のグループ」に入って予選3試合連続の激戦をして欲しい。死のグループは世界中が注目するので嫌でも選手のモチベーションも更に上がるはず。

    例えば、スペイン or ドイツ、アメリカ、ブラジル、日本!! もしこのグループで予選突破が出来たら勢いもついて決勝トーナメントも面白くなるはず。敗退しても強豪国にあって日本に無いものがより鮮明に詳しく分かるのでは思う。 【30代・男性】

言わせろ!ナンバー トップへ戻る

ページトップ