野球クロスロードBACK NUMBER

パ・リーグ新人王争いの本命!?
楽天・塩見貴洋の2つの武器とは。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/08/10 12:05

パ・リーグ新人王争いの本命!?楽天・塩見貴洋の2つの武器とは。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「澤村(巨人)、斎藤……成績に人気。絶対に負けたくないですね」と、新人王争いに並々ならぬ熱意を見せている塩見貴洋

「相手ピッチャーは特に意識していません。日本ハム打線をどうやって抑えていくか、ということだけ考えています」

 8月8日の斎藤佑樹との今季2度目のルーキー対決を目前に控え、楽天の塩見貴洋は淡々と答えた。

 だが、結果は6回途中4失点でKO。敗因は、中田翔に痛打された2球だった。

 1球目は初回、カウント3-1から外角高めに浮いたフォークを左中間スタンドに運ばれ2点を献上。2球目は5回、1-0から2球続けて内角へ速球を投じたことが仇となり、2点タイムリーとなる二塁打を許した。

 フォークと内角の速球というこの2球こそ、塩見の武器である。ルーキーの性質からいえば、自信のあるボールを打たれれば気落ちし、己を見失いがちになる。

 だが彼は違う。

 ゲーム後こそ、「修正できず、ずるずるといってしまった」と自らの投球を悔やみ、自戒していたものの、相手に叩かれ、敗北感を味わいながらも着実に成長していくのが塩見という投手なのだ。

プロのマウンドでついに掴んだ、2つの武器とは?

 フォークと内角の速球が塩見の生命線になるきっかけとなった試合がある。6月3日、交流戦での巨人戦だ。

 低めのフォークを効果的に使い、打者に印象付けることによって速球で空振りを奪うことができた。その一方で、6回にラミレスに勝ち越し弾を打たれたように、内角の速球は少しでもコースが甘くなると長打に繋がる、という怖さも同時に痛感した。

 7月に入ると、巨人戦で得た教訓がマウンドで生かされるようになる。

 11日の日本ハム戦で斎藤に投げ勝ち2勝目を挙げると、前半戦最後の登板となった16日のオリックス戦ではさらに投球が安定する。

 とりわけ、フォークが冴えわたった。

【次ページ】 本塁打王争いを独走する中村剛也を4打数無安打に!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
塩見貴洋
東北楽天ゴールデンイーグルス
伊志嶺翔大
千葉ロッテマリーンズ
牧田和久
埼玉西武ライオンズ

ページトップ