SCORE CARDBACK NUMBER

伊達抜きでフェド杯勝利。
村上監督が貫いた信念。
~理想の女子テニス代表を求めて~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2011/08/06 08:00

伊達抜きでフェド杯勝利。村上監督が貫いた信念。~理想の女子テニス代表を求めて~<Number Web> photograph by Mannys Photography

 フェドカップ日本代表がワールドグループ2部入れ替え戦でアルゼンチンを破り、3年ぶりの同グループ昇格を決めた。アルゼンチンは自己最高26位のヒセラ・ドゥルコが自身の結婚式で代表入りせず、ベストにはほど遠い布陣。一方、日本にはエースの森田あゆみにウィンブルドン3回戦進出の土居美咲もいた。ただ、国別対抗戦では何が起きても不思議ではない。勝利を収めた日本の村上武資監督は「このチャンスを逃したら100%自分の責任。死んでも勝ちたいと思っていた」と胸の内を明かした。

 ナーバスになっていた一つの要因は、チームにクルム伊達公子の姿がなかったことだろう。敗れていたら、なぜ伊達を使わなかったとブーイングが起きたに違いない。それで傷つくのは選手。だから村上は「死んでも勝ちたかった」のだ。

来年、果たして村上監督は伊達を招集するのか?

 今季の開幕前、伊達は「体力的に厳しいので個人戦に専念したい」と村上に伝えていた。2月、伊達抜きの日本はアジア/オセアニア地域予選を突破。この時点で村上は、入れ替え戦も同じメンバーで臨むと決めた。ところが伊達は地域予選は欠場しても入れ替え戦は別と考えていたらしく、全仏での記者会見で「村上監督から何の連絡もない」と不満を漏らした。誤解は解けたが、それでも村上は伊達を招集しなかった。人の話はよく聞くが、村上には意思を曲げない頑固さもある。チームはすでに固まっていた。個人戦を重視したいと言っていた伊達を呼び戻し、地域予選を共に戦った選手を一人外すという選択肢はなかったのだろう。

 メンバー発表の会見では、ウィンブルドンでビーナス・ウィリアムズとあれだけの試合をした伊達をなぜ呼ばないのか、伊達の地元関西での開催であり観客動員にもつながるのに、と迫る記者もいた。しかし村上は「ベストメンバーを選んだ」と、ぶれなかった。結局、日本は完勝し、村上は「お互いが尊敬し合う、素晴らしいチーム。こういうチームが理想」と選手を称えた。

 チーム4人の総合力を重視する村上。「飛び抜けた選手はいなくても、チームとしての力があれば世界で十分戦える」。いくら伊達が世界のカリスマでも、この信念を曲げるつもりはなかったのだ。ワールドグループ2部で戦う来年、果たして村上は伊達を招集するだろうか。

■関連コラム► <ウィンブルドンで得た確信> クルム伊達公子 「貴婦人の激闘」
► 攻撃一本から万能型へ。森田あゆみ、脱皮の兆し。~テニスの天才少女、その後~

関連キーワード
森田あゆみ
土居美咲
村上武資
クルム伊達公子
フェド杯

ページトップ