夏の甲子園、最高の名将は?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

  いよいよ甲子園の季節が近づいて来ました!

  球児たちによる熱いドラマが今年も繰り広げられますが、その陰にある監督たちの采配の妙や頭脳戦を楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。

  これまで数々の名将たちが熱戦を演出してきましたが、そのうちのひとり、常総学院の木内幸男監督が、残念ながら今年の夏を最後に勇退することを決意されています。

  そこで皆さんにお聞きします。

  過去の夏の甲子園で「最高の名将」だと思う監督は誰でしょうか。

  個人的な思い入れたっぷりの“マイ名将”でも構いません。
  たくさんのご意見をお待ちしております。

●木内幸男(取手二、常総学院)
●中村順司(PL学園)
●蔦文也(池田)
●尾藤公(箕島)
●高嶋仁(智弁和歌山)
●その他

1-10件を表示 / 全42

すべて| 木内幸男| 中村順司| 蔦文也| 尾藤公| 高嶋仁| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  • 木内監督が強く印象に残っています。特に、桑田・清原のPLを破った取手二時代の試合が。
    「木内マジック」という言葉が生まれたのも印象に強く、その名前・スタイルは甲子園に欠かせないものであったと思います。
    今夏で勇退とのことですが、甲子園の名監督で浮かぶ一人であることには間違いありません。
    勝利数から言うと、中村監督や高嶋監督もいるでしょうし、やまびこ打線を造り上げた蔦監督も印象深いですが、長きにわたり、指導し続け、結果も出しているという意味で、木内監督を推したいです。

    たったこさん2011/07/14 20:34に投稿

    12
    そう思う!
  • やはり、中村監督ではないでしょうか?

    抜群の実績もさることながら、『逆転のPL』『KK』『春夏連覇』など伝説や逸話は数えきれない!!

    また、在任中は毎年プロを輩出していたあたりに名将の中の名将と言わしめる桁外れのパワーを感じます!!

    し、下地です!!さん2011/07/14 23:30に投稿

    11
    そう思う!
  • 地方の県立高校が何度も優勝するなんて、考えられないことです。私立はお金を使って生徒を連れてきて、ナイター設備と寮にお金をかけて野球漬けにすることができます。公立で史上最高の清原桑田のPLを破った木内監督は捨てがたいですが、選手の能力を伸ばすタイプではないので、高校野球の監督としては良くても指導者として物足りないと思います。

    たかしさん2011/07/14 22:20に投稿

    10
    そう思う!
  • 候補に名を連ねている中では、やはり木内監督ではないでしょうか。他の監督さんは、確かに甲子園の勝利数とインパクトは強いですが、その時々に名選手が必ずいたように思います。その点、木内監督は高校も違いますし、チームにも出場する度に”色”があって、監督の手腕で常勝軍団に仕上げていたと思います。当然、「木内マジック」と称される采配もプロ野球の野村監督みたいなイメージですね。名将私の中学の監督は、取手二高出身で私たち中学生を練習見学に連れていってくれました。
    その他で浮かんだのは、横浜の渡辺監督と帝京の前田監督も名将に上がるのではないでしょうか。

    しぶちゃんさん2011/07/14 22:26に投稿

    9
    そう思う!
  • 香田 誉士史
    この人を推したいですね。
    連覇して3年目も決勝で再試合までもつれる程のチームを作ったので。
    田中の力っていう人もいるけど、ピッチャーだけでは勝てないと思います。

    tadashiさん2011/07/15 14:57に投稿

    9
    そう思う!
  • 東北生まれの私にとって、PLをはじめとする関西の強豪校は常に「敵役」でしたが、その中でも特に中村順司監督は「敵ながらあっぱれ!」と認めざるを得ません。

    「逆転のPL」時代から「KK」の黄金期にわたってチームを率いた中村監督。その指導法は、練習場で音楽を流したり、上級生・下級生の区別をつけずに平等にボールに触れさせたりして、選手たちがリラックスして力を出せるように工夫をしていたそうです(KKが1年の夏から5季連続で甲子園に出場できたのも、この選手育成法・起用法に拠るところが大きいと思います)。

    3年で選手が入れ替わる高校野球にあって、コンスタントに強豪チームを甲子園に送り込んできた中村PL。選手個々の能力を見出し十二分に発揮させるその眼力と柔軟な指導力は、「最高の名将」と呼ぶにふさわしいと思います。

    デュークNaveさん2011/07/15 21:41に投稿

    9
    そう思う!
  • 勝利数とかだけだと中村さんか高嶋さんかと思いますが個性と愛すべきキャラクターなら蔦さん尾藤さんでしょうか。
    子供達をあずかる高校野球監督としてはいつも笑顔で楽しそうに戦っていた尾藤公監督が一番輝いていたと思います。

    tfworldさん2011/07/15 16:37に投稿

    7
    そう思う!
  • 甲子園を学校教育の延長ととらえると、プロになった野球選手を多く輩出しているPL学園、なかんずく中村監督を名将として推したいと思います。名前が挙がっている方々は高島監督を除けば同時代の名勝負を繰り広げた方々です。胸を貸していたのは中村監督でしょう。

    クマのプータローさん2011/07/14 21:07に投稿

    6
    そう思う!
  • いまはなき蔦文也さんではないでしょうか。無名の選手をきたえあげ、クラブ活動の延長線上にあるような、青空のした、投げて打って走るという野球の醍醐味をみせてくれ、感動を受けました。無名の公立高校が全国にでてきたという新鮮味と判官びいきもたぶんにありますが

    手許 不如意さん2011/07/19 10:56に投稿

    6
    そう思う!
  • 木内監督と迷ったが、池田が全盛の時代は
    他の高校がかすんで見えたほど強烈だった。

    若い人には信じられないかもしれないけど、
    PL学園など大都市の私学なんか相手に
    ならないくらいの存在感があった。

    地方の高校を全国区に上げた功績も大きい。
    それは、常総の木内監督も同じだが、先駆者と
    して考えればこちらかと。

    kmcstartさん2011/07/22 22:08に投稿

    5
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ