混迷極める巨人のクローザー、あなたなら誰を起用する?

illustration by Masulira
集計グラフを見る

 巨人低迷の原因のひとつと指摘される抑え不在という問題。
  クルーンが去った今季、守護神の固定に悩まされている原辰徳監督は、“日替わり守護神制”を強いられ、ついには、“新守護神”として、開幕先発を務めた東野峻投手を抜擢せざるをえない状況に追い込まれました。
  混迷を極める巨人復活のカギを握るクローザー、あなたなら誰を起用しますか?

●東野峻 ●久保裕也 ●アルバラデホ
●ロメロ ●西村健太朗 ●越智大祐
●山口鉄也 ●ゴンザレス ●澤村拓一
●その他

1-10件を表示 / 全41

すべて| 東野峻| 久保裕也| アルバラデホ| ロメロ| 西村健太朗| 越智大祐| 山口鉄也| ゴンザレス| 澤村拓一| その他|
そう思う!が多い順| 新しい投稿順
« 前のページ
1
  •  強いてあげるなら山口。いずれはクローザーで起用する腹積もりだろうから、腹くくったらどうでしょう。
     セットアッパーからクローザーになるケースは岩瀬や球児もあるし、信頼感が必要なポジションだから。マイケルもいいと思うけど、あんまり見ていないので。
     あと東野を起用したがよくわからない。先発で結果が出ていないが、向きではないんじゃない。きっちり調整させて先発でしょ。タイプ的には澤村もありでしょうが、やはり先発でやってほしい。越智あたりも候補だろうけど、信頼を得るにはもう少しかなぁ。
     新外国人は当たり外れあるし、つれてくる奴当てにならんし。あとは、得意の他球団からの強奪が巨人らしくていいのかも。クルーンもそうだし。
     どちらにしろ、東野のクローザー起用は原采配の不可思議さが改めて浮き彫りになった感じ。上原起用の再来を狙ったのでしょうが、上原はその資質があったからねぇ。

    たったこさん2011/07/14 09:44に投稿

    7
    そう思う!
  • 回答になってませんが、「いません」。いや、断言出来ないほど、判断材料がないというか・・・

    先発・セットアッパー・クローザー、MLBを眺めていれば確かに投手にはそれぞれ適性というものがあって、そこに上下関係や優劣は無いと思いますが、如何せん今の巨人を観ていて、いずれの起用でも適性を発揮出来ているか、どうしても分かりません。先発から崩れ、クローザーまでもたないことも数々。
    そのような状況下で、勝ち星を算段出来る内海や澤村を先発から外すことは、CSまで棒に振りかねないギャンブル。東野の転向話も、先発>クローザーという優劣論の延長線に聞こえ、合点がいかない。後手後手・急場凌ぎの奇策に思えてしまいます。

    高橋・大村・・・投手でなく打者を補強し続けてる辺り、問題を読み違えたのか、根が深いのか。迷断が来期に尾を引かないよう、現投手陣のモチベーションを尊重するほうが優先かもしれません。

    とらかぶとさん2011/07/14 08:29に投稿

    6
    そう思う!
  • メンバー表の中だと山口だと思う
    なぜならばタイプ的に中日の岩瀬タイプだからだ
    鋭く曲がるスライダーに討ち取れるフォーク、右打者に有利なシュートがあるし
    なにより速いストレートを持っている

    ただ自分なら福田もしくは辻内を抑えに起用すべきだと考えている

    福田は大学時代、大魔神2世とよばれるほどの抑え投手だということ
    決め球にはスライダーがあるし球威もある

    辻内も手術のせいで球威は若干落ちたかもしれないがそれでも巨人の中でも有数の球威の持ち主かと

    serebisoeさん2011/07/15 11:43に投稿

    5
    そう思う!
  • 球威を考えると、西村でしょう。
    澤村や東野だと先発の頭数が少なくなるし、久保は去年がキャリアハイでしょう。
    越智に至ってはもう2~3年前の状態に戻るとは思えない。
    ここ何試合か西村が先発で結果を残しているが、適性はクローザーだと思います。
    山口は、中日の森野やヤクルトの青木など、セは左の中心打者が多いのでセットアッパーのほうがいいと思う。

    フィリップさん2011/07/16 22:49に投稿

    5
    そう思う!
  • 澤村投手か久保投手でもイイとは思いますが...球速やら球種やらなんやらというよりも
    とにかく「気持ちの強い投手」じゃないと勤まらない役どころだと思います。
    小山投手など思い切りの良さそうな若手を長い目で見て育ててみるのも一手かと。
    残念ながら現状の投手陣ではちょっと気持ちの強い投手はあまり見当たりません(TT)

    jaiさん2011/07/14 00:37に投稿

    4
    そう思う!
  • 選択肢の中から選ぶとすれば越智ですかね。それも絶好調の時の話ですが。
    個人的にはMICHEALを推します。クローザーとしての素質は日ハム時代の実績で証明済みです。
    確かに、衰えはあるものの、去年のような投球ができれば十分クローザーとしてやっていけると思います。

    MICHEALがクローザーとして成功すれば、MICHEAL本人も役割ができますし、巨人としてもうれしく、一石二鳥になるでしょう。今更ですが、クルーン、豊田を同時に放出したのは失敗でしたね。ロメロもアルバラデホもどこか安定感に欠けてますね。

    マサキさん2011/07/14 00:38に投稿

    4
    そう思う!
  • なんで原監督は山口にしないのか分からない。

    一度先発に転向して調子が悪くなったけど、もう大丈夫。
    セットアッパーでフル回転してたんだから連投もきくし実績も十分です。
    クローザーで固定してしまえば本人も腹をくくると思います。

    その日その日どころか、一人一人投げてみないとわからない外国人はいりません。

    samuraijpnさん2011/07/14 01:21に投稿

    4
    そう思う!
  • 上記の投手達は全員、クローザーとしての可能性は十分にあるとは思います。
    しかし、クロザーに一番大事なことは安心感だと思います。今の候補者の中では山口と澤村でしょう。
    澤村は将来のエース、いえ現在でもそうだといっても過言ではありませんし先発の柱である彼を後ろへは
    やれません。
    山口は球威、制球力、精神力ともに実績があるうえに選手からの信用力もあると思います。

    saimon8さん2011/07/14 11:05に投稿

    4
    そう思う!
  •  彼が炎上した7月1日の試合後にて監督が公言した通りです。
    僕は長いシーズンを通してクローザを任せる投手には相応の準備期間と試用期間が必要だと考えますが、この条件を現在満たす(去年と今年の登板機会から推測して)のは彼、MICHEAL投手とアルバラデホ投手の三人に限られます。ゆえに、彼の代役はこの2投手になると考えましたが、彼らが9回に登板できない理由のひとつはチーム特有の準備・試用期間の短さから判断資料が獲られない点にあると考えます。久保、山口、越智の日替御三方は酷使させた去年の経験から8回以前に登板させたい方針なのではないでしょうか。
    その上で東野投手をブルペン転向させたとしても、上に挙げた御三方の負担を減らす上で必須ですが、最も重要な事はあの重苦しい雰囲気のチームで監督の信頼によりコーチ陣が判断を下した事ではないでしょうか。
    復調したロメロ投手と機嫌の好い原監督は他球団の脅威です。

    五月ユーイチさん2011/07/14 12:14に投稿

    4
    そう思う!
  • 先に言いますが、アンチなのでチクチクいきます。

    入団3年目、育成枠から這い上がってきたとはいえ、27歳の外国人投手の新人王資格を申請したことは、多分な違和感とミエミエの損得勘定に嫌悪感さえ感じました。このことに対し、あくまでも選手自身の名誉のため、と言い張れますか?
    もちろん調子が悪く、抑えられない抑えを使い続けることなどできません。今回の配置転換や上記投手の二軍落ちは理解できます。

    しかし、今後二軍で結果を残し、再度一軍での登板機会が与えられた場合、抑えのポジションを与えますか?アンチが断言するのもおかしいですが、可能性はないでしょう。
    自身の利益のためにルールをねじ曲げたのなら責任を全うするべきでは?

    野球界のルール、ひいてはNPB全体を、軽く、従属的に扱うのは金輪際やめていただきたい。

    ただ、球団ではなく、原監督と選手たちは好きなので、密かに、ほんの少しだけ応援しています。

    ぬぃさん2011/07/14 23:49に投稿

    4
    そう思う!
« 前のページ
1

ページトップ