青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

石川遼がプレジデンツ杯で掴んだ夢。
リオデジャネイロ五輪の金メダル。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/18 08:00

石川遼がプレジデンツ杯で掴んだ夢。リオデジャネイロ五輪の金メダル。<Number Web> photograph by Getty Images

プレジデンツカップではタイガーとも対戦した石川遼。タイガーには完敗したが、大会トータル3勝2敗で個人としては世界選抜チームでビジェイ・シンに次ぐ2位のポイントを獲得した

 第41代大統領ジョージ・H・W・ブッシュのスピーチに続いて、オバマ現大統領からもビデオメッセージが届けられた。米国選抜の特別アシスタントを務めるマイケル・ジョーダンは不在だったが、代わりにバリー・ボンズが姿を見せて華やかな式典に花を添えた。

 米国選抜と世界選抜の対抗戦となるプレジデンツカップのオープニングセレモニー。その中には、チームそろいのグレースーツにブルーのシャツとネクタイできめた石川遼の姿があった。

 セレモニーは世界選抜メンバーの各国国歌の吹奏と国旗掲揚から始まった。アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、コロンビア、フィジーに続いて日本。

 オーケストラによる君が代が流れると、壇上にいる石川は硬くなる風でもなく、きりりと引き締まったいい男の表情をして空を見上げた。ステージ左右に設けられた場内二基の大型スクリーンにはその顔が大写しになって、サンフランシスコの空に日の丸が上がった。

7年後に24歳の石川にとって金メダルは夢じゃない。

「あれは僕にとってもサプライズだったんです。まさかああいうことをするとは思ってなかった。1人のスポーツ選手として国旗が上がって君が代を聞くというのは、オリンピックの選手みたいだなと思ったし、経験できてよかったと思います」

 米国と欧州の対抗戦であるライダーカップと同じように、プレジデンツカップに賞金はない。ウッズやミケルソンだって無給である。選手に与えられるのは、国を代表して、選ばれしチームの一員として戦うことの名誉と誇りだけなのだ。

 国を背負って戦う試合というのはゴルフでは決して多くはないが、10月9日にデンマーク・コペンハーゲンで開かれたIOC総会ではゴルフが2016年リオ五輪から正式競技として採用されることが決まった。 

 今から7年後。1人のアスリートが盛りを過ぎてしまうのに十分な時間だが、ゴルファーは息が長いことに加えて石川はまだ18歳。リオ五輪の時はまだ24歳と絶好のタイミングで五輪初のゴルフを迎えることができる。

「リョウは金メダル候補」とマスターズ覇者が語る。

 世界選抜の一員としてプレジデンツカップに出場していた'03年マスターズ覇者のマイク・ウィアは「リョウのようなワールドクラスのアスリートが金メダル候補になる。今のジュニアゴルファーたちにチャンスがあるということだよ」と話していた。現在世界最強のウッズも2016年には40歳を迎えていて、今と同じようなペースで試合に出続け、勝ち続けているかは疑問が残る。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  「日本代表として入場行進してみたい」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
石川遼
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ