SCORE CARDBACK NUMBER

女傑を捻じ伏せて異端の
6歳馬が制した宝塚記念。
~アーネストリーGI初勝利の真価~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2011/07/10 08:00

ブエナビスタを1馬身半抑えグラスワンダーとの父子2代制覇を果たしたアーネストリー

ブエナビスタを1馬身半抑えグラスワンダーとの父子2代制覇を果たしたアーネストリー

「ヴィンテージ」とも称されるほど素質に恵まれた馬が分厚い層を成す4歳世代。これからの日本競馬を牽引すべく、第52回宝塚記念(阪神芝2200m、GI)には、16頭のフルゲートのうちの7つを占めてそれぞれが支持を集めていた。それでもファン投票1位に輝いたのは、若い力を実績で振り切った女傑ブエナビスタ(牝5歳、栗東・松田博資厩舎、父スペシャルウィーク)。そこには“エース”ヴィクトワールピサ不在の4歳勢にはまだ負けてほしくないというファンの気持ちが垣間見えていた。

 が、勝者は4歳馬でも女傑でもなかった。「上の世代が弱いから4歳が余計に頼もしく見える」と、半ば見切られてしまっていた6歳馬の、6番人気アーネストリー(牡、栗東・佐々木晶三厩舎、父グラスワンダー)が従来のレコードを一気にコンマ8秒も更新する圧倒的な走りでGI初勝利をもぎ取ったのだ。序盤から緩みのない流れ。ナムラクレセントが躊躇なくハナに行き、2ハロン目から10秒5、10秒8という速いラップで引っ張った。いつものようにスタートを決めたアーネストリーは、ナムラの直後につけた。

「この馬の前向きな気持ちを傷つけることなく逃げ馬の後ろに控えられた」と手綱を取った佐藤哲三騎手は語る。

サンデーサイレンスの血が入っていない異端児が放つ強烈な光。

 しかし展開の利だけで勝てるほどGIが甘いわけがない。ゴール前に待ち受ける急坂のはるか手前、4コーナーを回ったかどうかのところから敢然と先頭に立ち、ブエナビスタ以下の猛襲を完封したその強さはまさに本物だった。「せっかくいい形にしたのだから、最後に瞬発力勝負に持ち込まれたらアホだと思った。でも、後ろを引き付ける必要もありませんでしたね。アーネストリーの競馬に徹したのがよかった」と、佐藤騎手は会心の騎乗を振り返った。

 半年ほどの休養が4回もあるように、「体質が弱いのに、走らせたら全力を尽くすのがアーネストリー。そのたびにガタガタになっていたのに、今回は気持ち悪いほど不安がなかった。ついに本物になったんだよ」と舌も滑らかな佐々木調教師。下馬評を覆したことより、愛馬の本格化を心から喜ぶ笑みがそこにあった。

 この時代にサンデーサイレンスの血が入っていない異端児が、にわかに強烈な光を放ち始めた。

■関連コラム► 佐藤哲とアーネストリーの宝塚記念。2度目の挑戦にみる“あうんの呼吸”。
► メジロ牧場有終の美! 最も記憶に残っている馬はメジロ○○?(言わせろ!ナンバー 結果レポート)

ページトップ