プロ野球偏愛月報BACK NUMBER

五輪を乗っ取ったプロの中途半端さに怒り心頭。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

posted2004/01/28 00:00

五輪を乗っ取ったプロの中途半端さに怒り心頭。<Number Web>

 今、プロ野球界はアテネ五輪代表メンバーを選ぶ際の「1球団2選手」の枠をめぐって紛糾している。昨年11月のオーナー会議では「1球団2選手」で決定しているが、その後、長嶋茂雄・五輪監督が「2人枠」の撤廃を要望してから、「それはいい」「それはダメ」と、議論百出の様相を呈した。今年1月21日に行なわれた日本代表編成委員会では、長嶋氏が「基本的には2名の枠という決定事項に従う」と表明、決着を見そうだが、「代表24人、1球団2選手以内」で選べば、ドリームチームの編成は100パーセント無理。

 また、新たな意見として、「投手1人、野手1人」の均等選出を望む声が沸き上がり、ドリームチームの夢はますます遠ざかりつつある。ちなみに、「1球団=2選手&投手1人、野手1人」で構成したらどういうチームになるのか、シミュレーションしてみた。


◇阪  神
◇中  日
◇巨  人
◇ヤクルト
◇広  島
◇横  浜
<投手>
井川 慶
岩瀬 仁紀
上原 浩治
石井 弘寿
黒田 博樹
佐々木主浩
<野手>
今岡 誠
福留 孝介
高橋 由伸
宮本 慎也
木村 拓也
相川 亮二

◇ダイエー
◇西  武
◇近  鉄
◇ロ ッ テ
◇日本ハム
◇オリックス
<投手>
<和田 毅
松坂 大輔
岩隈 久志
小林 雅英
金村 暁
山口 和男
<野手>
城島 健司
和田 一浩
中村 紀洋
小坂 誠
小笠原道大
谷 佳知
<レギュラー>
(捕)城島 健司④
(一)小笠原道大⑥
(二)今岡  誠②
(三)中村 紀洋⑤
(遊)宮本 慎也⑨
(左)谷  佳知⑦
(中)高橋 由伸③
(右)福留 孝介①
(指)和田 一浩⑧
(○内数字は打順)
<控え野手>
相川 亮二
木村 拓也
小坂  誠
<先 発>
上原 浩治
松坂 大輔
井川  慶
和田  毅
黒田 博樹
岩隈 久志
金村  暁
<中継ぎ>
岩瀬 仁紀
石井 弘寿
山口 和男
<抑 え>
佐々木主浩
小林 雅英

捕手・城島の控え・相川は苦しい選択である。阿部慎之助(巨人)=高橋由、谷繁元信(中日)=福留、矢野輝弘(阪神)=今岡、古田(ヤクルト)=宮本という具合に、有力捕手は同チーム内に外せないメンバーがいるため、選出することができなかった。野手不足の横浜、ロッテ、広島のいずれかから選ぶしかないことになり、相川を選んだのだが、相川の実力が石原慶幸(広島)や里崎智也(ロッテ)より上だとは思っていない。木村、小坂を選んだほうが全日本にとっては有益、と思っただけの話である。

 宮本の控え・小坂も苦しい選択。二岡智宏(巨人)、井端弘和(中日)は捕手と同じ状況で選出するのが難しい。三塁手もヒザに不安のある中村より、岩村明憲(ヤクルト)、川崎宗則(ダイエー)のほうが適任だと思うが、宮本、城島がいるから無理。長嶋監督はこういうシミュレーションをした上で、「1球団2選手」の枠を取り払いたかったのだろうが、落合博満・中日新監督などの反対が予想以上に強く、理想は頓挫した格好。

 こういう経緯を見ているうちに腹立たしくなった。プロはアマチュアの選手(主に社会人選手)からオリンピックを取り上げた経緯を忘れたのだろうか。アマの成績が悪かったわけではない。

 ’84年ロス五輪=金メダル、’88年ソウル五輪=銀メダル、’92年バルセロナ五輪=銅メダル、’96年アトランタ五輪=銀メダル

 そして、前回のシドニー五輪(’00年)ではプロが8人入り、実質的に社会人選手から五輪を奪い取った格好にも関わらず、初のメダルなしの4位に終わっている。僕が社会人の選手なら責任者のところに怒鳴り込んでいる。「どうせ乗っ取るなら、最強メンバーを作って金メダルを取れ!」そう叫んでいるはずである。

 自分たちの犯した罪を一瞬も振り返らず、目先の小さな利益だけに汲々とする。そういう態度を恥とも思わず、さらに小さな利益を得ようと「投手1 人、野手1人」というセコイ要求を繰り出す。五輪はプロだけの問題ではない。それを目的に技術を磨き、モチベーションを高めてきた社会人の歴史も内包されているのである。それを顧みず、ひたすら自分だけの欲を高め、保身を図る。

「1球団2選手」の枠はもう撤回できないだろう。優勝するかどうかは時の運次第だが、中途半端なメンバーを選出し、五輪を軽んじた態度は球史に刻み込まれてしまった。

ページトップ