ジーコ・ジャパン ドイツへの道BACK NUMBER

2006年 VSマルタ  

text by

木ノ原句望

木ノ原句望Kumi Kinohara

PROFILE

photograph byKiminori Sawada

posted2006/06/02 00:00

 「これが起こったのが今日でよかった」。

 6月4日、ドイツ・デュッセルドルフで行ったワールドカップ(W杯)開幕前最後となる調整試合で、マルタに1−0で勝ったものの、締まらない内容の試合を終えて、日本代表ジーコ監督はこう振り返った。

 足を痛めた高原・柳沢の2トップに代えて先発起用した玉田が、立ち上がり2分で三都主の左からのクロスにニアポストで合わせて先制。幸先のいいスタートを切って、その後は、攻撃の形やプレスのかけ方、ラインキープの高さなど、本番を控えて確認事項をチェックする展開になるかと思われた。

 だが、そうはならなかった。

 早々の先制点が気の緩みをもたらしたのか、ノンストップの疲れが出たのか。それとも、ドイツ戦の精神的リバウンドか。ミスが多く、チーム全体にどこか緊張感に欠けた展開になってしまった。

 FIFAランク125位とはいえ、昨年9月のW杯欧州予選ではクロアチアと1−1で引き分けたマルタに対して、ボールはキープし、ほとんど敵陣でのプレーが続く。三都主のパスからFW大黒がポストを叩いたり、MF中田英寿の折り返しにMF駒野が攻め上がってシュートを打ったり、玉田―大黒とつないでハーフチャンスを作ったりしたが、数日前のドイツ戦で見せたような、チーム全体がかっちりと歯車が噛み合ったような切れはない。

 逆に、前半終了間際には「試したい」と試合前に話していたカウンター攻撃を相手にしかけられて、日本ゴールが脅かされた。GK川口のセービングとクロスバーのおかげで事なきを得たが。

ページトップ