詳説日本野球研究BACK NUMBER

迷いの中で最下位に苦しむ東北楽天。
勝つために取るべき打開策と荒療治。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2011/07/02 08:00

迷いの中で最下位に苦しむ東北楽天。勝つために取るべき打開策と荒療治。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

6月25日には2打数2安打、2盗塁を記録した楽天・内村賢介。小兵ながらも俊足を生かしたしぶとい打撃でレギュラー定着を狙う

 楽天が苦戦している。パ・リーグ6球団の月別成績を紹介しよう。

  4月 5月 6月
ソフトバンク 8勝 6敗 18勝 4敗 10勝 6敗 36勝16敗
日本ハム 10勝 5敗 13勝 8敗 11勝 5敗 34勝18敗
オリックス 5勝11敗 10勝12敗 11勝 3敗 26勝26敗
西武 4勝10敗 13勝 7敗 6勝 9敗 23勝26敗
ロッテ 9勝 7敗 6勝11敗 7勝 9敗 22勝27敗
楽天 9勝 6敗 7勝14敗 6勝 9敗 22勝29敗
※成績は6月26日現在

 4月は東日本大震災の被害を受けた球団、という「災い」を「勢い」に転化して勝ち越した。実際、4月の楽天には勢いがあった。

 4月2日に行われた12球団による慈善試合、日本ハム対楽天戦では試合前、選手会長の嶋基宏が次のようなスピーチをして、ファンの喝采を浴びた。

「(前略)地震が起きてから眠れない夜を過ごしましたが、選手皆で『自分たちに何ができるか』『自分たちは何をすべきか』を議論し、考え抜きました。今、スポーツの域を超えた野球の真価が問われています、見せましょう野球の底力を、見せましょう野球選手の底力を、見せましょう野球ファンの底力を(後略)」

 開幕試合のロッテ戦を6対4で勝ったとき、星野仙一監督は涙を流して喜んだ。勝利投手になった岩隈久志も、「東北で頑張っている皆さんとつかんだ勝利だと思います」と目をうるませた。

 そういう選手とファンの熱気は下位に低迷する現在も続いていて、嶋はオールスターファン投票の最終中間発表で捕手部門の1位になっていたほどだ。当時、16万6901票という投票数は投手、野手を含めた全部門のナンバーワンであった。その時の打率.191を考えれば、震災後の毅然とした態度や発言が支持された結果としか思えない。

勝利のための方法論を確立できない楽天の迷いと苦しみ。

 しかし、一時の勢いだけで試合に勝つことはできない。勝つためには方法論がいる。現在の楽天はそこに迷いがある。まず、6月24、25日に行われた西武戦のスターティングメンバーを見てみよう。

(9) 鉄平
(8) 聖澤諒
(6) 松井稼頭央
(D) ルイーズ
(5) 草野大輔
(4) 高須洋介
(3) ガルシア
(7) 牧田明久→25日は中村真人がスタメン
(2) 嶋基宏

 この中で目を引くのは2番を打つ聖澤の25盗塁だ(6月26日現在)。

 これはリーグ1位の数字で、後に続く2、3位が昨年の盗塁王、本多雄一(ソフトバンク)の19個と片岡易之(西武)の15個。これだけで、聖澤のすごさがクローズアップされるだろう。

【次ページ】 聖澤1番、鉄平3番、松井稼4番と打順を変えるべき。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
嶋基宏
内村賢介
田中将大
銀仁朗
聖澤諒
東北楽天ゴールデンイーグルス

ページトップ