リーガ・エスパニョーラの愉楽BACK NUMBER

降格寸前だったヘタフェが見事復活!
救世主・ミチェル新監督の手腕。 

text by

中嶋亨

中嶋亨Toru Nakajima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2009/10/13 11:30

降格寸前だったヘタフェが見事復活!救世主・ミチェル新監督の手腕。<Number Web> photograph by AFLO

今季6試合が終わった時点で3勝3敗、順位を8位としているヘタフェ。ミチェル監督は今季の降格争いから逃れられるか?

 リーガ開幕から6節が終了した時点で8位につけるヘタフェ。ソルダード、ガビラン、マヌ・デルモラル、ペドロ・レオン、ウスタリといった他クラブも欲しがる若手と、豊富な経験と確かな技術を兼ね備えているコントラ、カスケロ、セレスティーニといったベテランが揃うチームはその力を発揮し始めている。

ヘタフェを崩壊に追い込んだムニョス前監督。

 だが、このチームは昨季最終節まで降格ゾーンで苦しんだ。降格したベティスとは勝ち点では同数という、文字通り首の皮一枚で1部残留を果たしたチームだった。現在とほとんど変わらない陣容を揃えながらもここまでチームが追い込まれたのは、前監督ビクトル・ムニョスの責任が大きい。

 ビクトル・ムニョスが監督になってから間もなく、シュスター、ラウドルップ時代に築かれたそれまでのコンパクトなサッカーは消え去った。

 選手の特長を組み合わせることに長けた前任者たちが発見した布陣を変えたムニョスの采配は前線、中盤、最終ラインのバランスを崩壊させることとなった。また、結果が出ないにもかかわらず続く不可解な選手起用によって、ロッカールーム内の雰囲気は険悪になり、選手達がそれを公言するまでにチームは壊れていた。もしも、ムニョスが最終節まで監督を続けていたら、間違いなくヘタフェは2部に降格していただろう。

新監督ミチェルは降格寸前のチームの救世主となった。

 だが、ヘタフェ会長トーレスと強化部長トニー・ムニョスは残り5節の時点で監督を交代させた。そして迎えられたのが、現監督のミチェルだった。

 選手時代にレアル・マドリー、スペイン代表でプレーと容姿の両面でファンを魅了し、スペインサッカー史にその名を刻んだミチェルは、不満が充満していたロッカールームの空気を変えることに成功した。

 ミチェルが監督に就任した初日に彼がロッカールームで選手達を前にして語った言葉をルーマニア代表コントラは、今でも覚えている。

「ミチェルは俺たちの目を見て、こう言ったんだ。『もう俺たちにはどんな言い訳も許されない。1部に残留するか、降格して全てを失うか、どちらかだ。誰もが残留するためにはどうすれば良いか知っているはずだ。チームが一つにならなくちゃいけない。私はヘタフェには良い選手が揃っていることを知っている。そして、君たちがその気になれば目標は絶対に達成される。だから、どんな状況になろうとも最後まで戦い抜こう』ってね。

 それからの練習は以前とは全く違うものになった。チームはやばいところまで追い込まれていたけど、ロッカールームは目が覚めたように一つにまとまった。それまでの暗い雰囲気はなくなり、不思議と皆がポジティブになっていったんだ。そうなったのはミチェルがグアッポ(美男子)だからじゃない(笑)。彼はその行いによって周囲に影響を与えるんだ」

 ミチェルが就任した直後の試合ではマジョルカホームで2対1と惜敗し、ヘタフェはさらなる苦境に立たされた。しかし、それまでのような攻守のバランスが崩壊しての敗戦ではなく、プレー内容は多くのチャンスを作り出すものに変わっていた。そして、その後の4試合で2勝2引き分けという成績を残してヘタフェは残留に成功したのだった。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  過去の苦い経験を糧に名監督への道を歩む。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ビクトル・ムニョス
ミチェル
ヘタフェ

ページトップ