EURO2004 速報レポートBACK NUMBER

ガムシャラに頑張るオランダ。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byPICS UNITED/AFLO

posted2004/06/27 00:00

ガムシャラに頑張るオランダ。<Number Web> photograph by PICS UNITED/AFLO

 ダービッツに代わってDFのハイティンガの投入がアナウンスされると、スタンドからはまずどよめきが、続いて大きなブーイングが起こった。

 この時点でオランダは1点リードしているわけでもなく、一方的に攻められているわけでもなかった。後半16分を過ぎて0対0。それなのにアドフォカート監督は、中盤の選手をひとり減らして、DFを投入したのである。

 弱気な采配、と取られてもおかしくない決断だった。

 アドフォカート監督は、グループリーグのチェコ戦、ウィングのロッベンに代わって守備的MFのボスフェルトを投入して、国中から大きな批判を受けた。交代の結果、オランダはチェコに逆転されて2対3で負けてしまったからである。それなのにまたしても、守備的な交代。オランダ人のサポーターが怒るのも無理はない。

 だが、オランダのTVに出演していたクライフは、この交代を全く問題視していなかった。「FWのファンニステルローイと、中盤の間にスペースができてしまったが、全般的に機能していた。何より選手が頑張っていた」

 確かにDFがひとり増えたとはいえ、オランダの攻撃が衰えることはなかった。4−3−3のシステムから3−4−3に変更し、延長3分のロッベンのポストに当たったシュートなど何度も惜しいチャンスを演出した。

 前線に人数を増やせば、攻撃に専念できる選手が増えることは間違いない。だがそれは、時に前線のスペースを消して、負の効果を引き起こしてしまうこともある。「退場者を出して10人になった方が、攻撃がスムーズになることがあるのは、その逆の例だ」とクライフは説明する。今回の采配は、オランダ的に言えば単純な守備的交代ではないのである(もちろん守備も考慮してのものだが)。

 結局、試合はPK戦までもつれてしまったが、オランダはスウェーデンに競り勝った。オランダは4大会連続でPK戦負けという不名誉な記録を回避して、準決勝進出を果たした。

 アドフォカートの采配は質実剛健で、オランダのイメージと合うような華やかなものではない。おそらくオランダが今大会で優勝しても、チェコのブルックナー監督やポルトガルのフェリペ監督とは違って“名監督”と呼ばれることはないだろう。でも、タレント揃いのオランダでは、監督は目立たない方がいい。今回のオランダの選手からは、クライフが言うようにガムシャラな“頑張り”が伝わってくる。

 今大会のオランダは勝負強いし、何より粘りがある。イタリア的でドイツ的な香りを持つオレンジ。1988年以来のタイトルはもう目の前だ。

関連キーワード
EURO2004

ページトップ