北京五輪的日報BACK NUMBER

マラドーナに会えた! 

text by

竹田直弘

竹田直弘Naohiro Takeda

PROFILE

posted2008/08/20 00:00

マラドーナに会えた!<Number Web>

 昨夜は男子サッカーのブラジルvs.アルゼンチンへ。郭晶晶に続き、日本人は出ないけどどうしても見たかったもの第2弾。

 メディアの数が半端じゃない。そりゃそうだ。ロナウジーニョもメッシもリケルメも、ほんとに出てましたから。ワオ!

 ちなみにメッシの中国語表記は「梅西」。パッと見は「梅酒」。気持ちはわかる。「滅私」や「飯」とかじゃなくてとりあえずよかった。人ごとながら。

 それにしても南米同士の試合はいいですね。お互いに中盤でガチガチにプレッシャーをかけることはせず、そこそこ自由にボールを持たせるので、見ていて楽しい(と、たまにはNumber編集者らしいことも書いてみる)。

 結果は3−0でアルゼンチンの勝利。終盤にブラジルが2人の退場者を出すというダルダルの結末も、この対戦らしくてよかった。

 でも、本当のクライマックスは試合後。マラドーナが来てたのだ。薬物使用で日本の入国は拒否されたのに、中国は大丈夫なんだな、などと考えつつ、VIP出口でひたすら待つ。

 そしたら本当にやってきました、マラドーナ。あっという間に車に乗り込んでしまったが、一瞬だけ見ました、生ディエゴ! 一瞬だけ目が合いました、生ドーナ!

 目が合ったのはおそらく気のせいだが、だいぶ気持ちがあがった。明日からまたがんばれそうです。

北京五輪
オリンピック

ページトップ