チャンピオンズリーグの真髄BACK NUMBER

布陣が選手を育てる。
――バルサにおける“卵か鶏か?”論 

text by

杉山茂樹

杉山茂樹Shigeki Sugiyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2009/04/20 07:02

布陣が選手を育てる。――バルサにおける“卵か鶏か?”論<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

日本にストライカーが育たない原因のひとつ。

 日本に3FWの文化が失われて何年になるだろうか。ウイングというポジションがなくなって何年経つだろうか。ドリブルで縦に抜いていく突破力を備えたストライカーがいない理由は、サッカーゲームの進め方と深い関係がある。

 以前、3FWを採用しない理由を訊ねられたある指導者が、良いウインガーがいないからと答えていた。卵が先か鶏が先かではないが、布陣が選手を育てるという考え方を無視するわけにはいかない。バルサのサッカーを見ているとつくづくそう思う。

 ドリブル&シュートが期待できるストライカー兼ウイング。そうしたFWを3人揃えたバルサのサッカーと、日本のサッカーとは、まさに水と油。対極の関係にある。似ているのはパスを繋ぐという現象面だけ。本質には決定的な違いがある。

 僕は、バルサスタイルのほうがはるかに好きだ。

■関連コラム► バルサ2冠のMVPは彼しかいない。~名将グアルディオラの誕生~
► 欧州トッププレーヤーのサッカーを観る力。~中村俊輔、異能の戦術眼~

BACK 1 2
フランク・ライカールト
ジョゼップ・グアルディオラ
ティエリ・アンリ
リオネル・メッシ
サミュエル・エトー
バルセロナ

ページトップ